« 東京新聞杯&きさらぎ賞2013サイン攻略2 | トップページ | 共同通信杯&京都記念2013サイン攻略1 »

2013年2月 5日 (火)

東京新聞杯&きさらぎ賞2013サイン攻略3

先週の報告

先週予告したサインが発動しました!

【2013きさらぎ賞】
1着 3番 タマモベストプレイ(6人気)
3着 7番 アドマイヤドバイ(3人気)

【2013東京新聞杯】
2着1番 ダイワマッジョーレ(5人気)


東西両重賞でサイン発動です!

東京新聞杯は2着馬のみとなってしまったのが残念ですが・・・

ではさっそく「先週のサイン解読のタネ明かし」と行きましょう。

「きさらぎ賞」の方にします。

面白さという意味では「東京新聞杯」のサイン解読のほうが上ですが、結果から考えれば「きさらぎ賞」の解読をお見せするべきでしょう。

それに「東京新聞杯」のサインは「安田記念」で使用されると考えられるので、ここで明かさないほうがいいでしょう。

今回ダイワマッジョーレだけしか馬券に絡まなかったことこそが伏線となると見ています。

詳細は「日本サイン競馬会」の会員専用サイトで安田記念の週に公開する予定です。

(公開する予定ですが、他のサインとの兼ね合いもありますので、変更する場合もありえます。ご了承ください)

では「先週のサイン解読」のタネ明かしです。

Thisweek20130203kisaragisho 

【きさらぎ賞】
春のクラシックにつながる如月の決戦!

キャッチコピーの中に同じものが隠されていると言いました。

答えはこれです。

春のクラシック につながる如月 の決戦!
 ↓
【に】【つ】【が】【如月】
 ↓
【にがつ】=【2月】
【如月】=【2月】

キャッチコピーは【2月】を強調しているのです。

「きさらぎ賞」の出馬表には【2月】が埋め込まれています。

それも2箇所です。

Dm20130203kisaragishonigatsu

【2013きさらぎ賞】
3番 和田竜
4番 幸英
 ↓
【二】【日】【月】
 ↓
【二月】

【2013きさらぎ賞】
6番 母キーヤ
7番 父アドマイヤムーン
 ↓
【ニ】【ムーン】
 ↓
【二月】


【明】を偏と旁に分けて【日】【月】とするところが第一のポイントです。

まあこれはサイン解読でよく見かけるシステムなので違和感を持たれた方は少ないでしょう。

カタカナの【ニ】を漢数字の【二】に読み換えるシステムはあまり馴染みがないので「強引だな」と感じた方も多いかもしれません。

しかしこれが有効であることは過去の事例が証明しています。


【過去の事例】
 ↓

菊花賞2012サイン攻略3

有馬記念2012サイン攻略3

菊花賞では漢字の【夕(ゆう)】をカタカナの【タ】と読むことが証明されています。

有馬記念では長音記号【ー】を漢数字の【一】と読むことが証明されています。

当会のサイン解読においてこのシステムはもはや常識となっています。

ということで上記4頭(3・4・6・7番)を指名しました。

【2013きさらぎ賞結果】
1着 3番 タマモベストプレイ 和田竜
3着 7番 アドマイヤドバイ 父アドマイヤ

サイン発動です!

先週「ある1頭に期待している」と書きました。

これについてもお話ししておきましょう。

Dm20130203kisaragishomkgate7

【2013きさらぎ賞】
7番 アドマイヤドバイ 父アドマイヤムーン
 ↓
【バイ(bi)】+【ムーン】
 ↓
【2つ】【月】

ドバイの綴りは【Dubai】ですがカタカナでは単純に【ドバイ】。

これを【bi】と読めば上記のようになります。

【bi】=【2つ】

ということで、単独で【2】【月】を持つアドマイヤムーンを軸に考えていました。

後ろから行った馬が軒並み沈むというスローペースの競馬で、上がり最速を記録して馬券圏内に突っ込んだのですから【軸】という意味での役目は充分に果たしたと判断しています。

が・・・

やはり2着馬が指名しきれていない点がマイナスですね。

正解は単純でした。

ご覧ください。

Dm20130203kisaragishonigatsuseikai

【2013きさらぎ賞】
2番 誕生日 2月22日
3番 誕生日 2月28日

出走9頭(うち1頭取り消し)の中に【2月】の生まれは2頭しかいませんでした。

これがワンツーを決めたわけです。

【2013きさらぎ賞】
1着 3番 タマモベストプレイ(竜二)+(2月生まれ)
2着 2番 マズルファイヤー(2月生まれ)
3着 7番 アドマイヤドバイ(バイ・ムーン)

3頭すべてを読みきれなかったことは残念ですが【2月】がサインの正解であることは証明されたと思います。

また解読に使用した【カタカナ】⇒【漢字】の正当性も同時に立証されました。

こういったことの積み重ねG1レースのサイン解読に役立ちます。


2週後にはG1「フェブラリーS」が行われますね!

ぜひ「日本サイン競馬会」にご入会ください!


日本サイン競馬会

新規会員募集中!

会費は1200円/月です!

当会は「サイン予想サイト」ではありませんが、あなたのサイン競馬ライフに新しい楽しみを与えられると自負しています。

サイン予想サイトではない?

初めておいでになられた方は意味が分りませんよね?

当会はかなり特殊な運営をしております。

一般の有料サイン予想サイトのつもりで入会されますと、絶対に後悔することになります。

入会は、コンテンツの特徴に納得していただけた方のみ受け付けております。

以下の文章を必ず最後までお読みになってから、申し込むかどうかを決めてください。


私は何でもお見通しのサイン予想家ではありません。

当たることもあれば、ハズレることもあります。

NHKマイルC(2009)天皇賞(春)のページをご覧ください。

100万馬券を当てることもあれば、天皇賞馬を無印ということもあるのです。

当会は「サイン予想」を販売する業者ではありません。

私は、サイン予想はいたしません。


サイン解読を提示するだけです。

「サイン予想?サイン解読?・・・同じことだろう?」と思われたことでしょう。

同じではないのです。

私はサイン解読とサイン予想の分離を提唱しています。

今まで、このふたつは同じものとして扱われてきました。

しかし私は、まったくの別物と定義しています。

有名なタカモト式の格言を例にとって説明します。

「マイルチャンピオンシップは船(シップ)レース。船・海に関係する馬を狙え」

とても有名ですね。

実際にそういった結果が出ていますから、故高本氏は偉大な人物でした。

サインの黎明期に出現した唯一無二の存在だと思っています。

現代に生きるすべてのサイン解読家は、その流儀や解読法の如何を問わず、彼の弟子みたいなものです。

話がそれましたね。

ここで考えてみてください。

マイルCSに、船や海に関係する馬が何頭エントリーしているでしょうか?

1頭だけ・・・

というケースは稀ですね。

常に複数の候補が浮上します。

それに、3連単が主流の現代では、「1・2・3着すべてが海に関係する馬で占められる」と考えるのは無理があります。

たぶん「海の馬」は来ても1頭。

運がよければ2頭。

3連単を当てるなら、違うサインからも候補を選ばなければなりません。

当然、そのサインから浮上する候補も複数になります。

その候補は全部で何頭でしょうか?

3頭だけならいいですが、5頭・6頭・7頭・・・と予想の前段階での候補はたくさんいるはずです。

これはタカモト式解読法の宿命のようなもの。

この解読法は数学とは異なり、たったひとつの答えは出ません。

常に候補は複数になります。

たとえば5頭が候補にあがったとしましょう。

この時点で、最低でも2頭は不要な馬ですね。

どれが不要なのか?

ここから先が馬券的中のために最も重要な作業になります。

候補にあがった馬を篩いにかけて、本当にサインが示している馬だけを残す。

どの解読を重視し、どの解読を軽視するのか序列をつける。

最終的に優先順位の高いものを軸に馬券を組んでゆく。

こういったプロセスを経て、最後に出される予想結果が、購入すべき馬券ですね。


私は、このプロセスをサイン予想と定義しています。


つまり


サイン解読⇒隠されたサインを見つけ解読すること


サイン予想⇒サイン解読により浮上した馬を選別し馬券という形に組み上げること


これが私の提唱する「サイン解読とサイン予想の分離」です。


ここからが重要なので、よく聞いてください。


私はサイン予想は提供しておりません。


公開しているのはサイン解読のみです。


そして公開するサイン解読は複数あります。


「さまざまな切り口で、異なる解読を記事にして読ませる」


これが当会で提供する「プレゼン(サイン解読の提示)」です。


候補となる馬は多頭数になります。


サイン予想は会員様ご自身で行っていただく必要があるということです。


当会は、馬券的中を保証するという運営を行っておりません。


「さまざまなサイン解読を並列に提示するだけ」です。


当会に入会しただけでは【馬券的中のためのサイン予想】は手に入らないのです


あなたが得られるのは、単なるサイン解読の提示だけです。


だからといって、価値がないということではありません。

毎週行っている【予告】【結果】を読まれて、どう思われましたか?

もし「面白い」とか「自分とは違う発想と展開だ」と思われたのなら、単なるサイン解読の羅列も無駄ではないということです。


あなたのサイン競馬ライフの一部として、きっとお役に立てます。


繰り返します。


当会では、サイン予想や買い目提供しません


提供しているのは以下の3つ。


☆プレゼン☆
基本的に日曜重賞のみ
(G1週は、G1のみ)

会員専用のサイトに掲載
(過去のプレゼンは、当たったものもハズレたものも、すべて当時のまま保存してあるので、PCであれば、いつでも閲覧可能)



☆各種画像☆
カラーレープロ土曜主要ページ・ポスター・非売品カレンダー2種類・その他競馬関連の画像です
(レープロは2012年度よりJRAサイト提供のデジタルデータを使用しています)




☆会員専用掲示板☆
会員様が、それぞれの理論で解読を公開しあっています
(ぜひ参加してください)



会費は、月額1200円です。


あなたが「最終的な解読&予想は自分でやる」というタイプのサイン派なら、当会に入会することをおすすめします!

あなたが「他人に買い目や最終結論などを指示される必要がない」とお考えなら、当会を自信を持っておすすめします!

ただのサイン解読の提示に1200円出す価値があるかどうか。

それは、あなたが決めてください。

あなたが欲しいのは「結論&買い目」ですか?

それとも「あなたの解読を刺激する、解読記事」ですか?


入会受付けは、下記ページにて行っております。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
日本サイン競馬会告知サイト

ユーザー名とパスワードの入力を求められますので、下記を入力してください。

ユーザー名 : adg
パスワード  :
123

(半角小文字&半角英数字です。全角や大文字だと入れません)

Jrssample4

JRAサイン競馬暗号完全攻略トップページはこちら

|

« 東京新聞杯&きさらぎ賞2013サイン攻略2 | トップページ | 共同通信杯&京都記念2013サイン攻略1 »

G2・G3-2013前期」カテゴリの記事

ギャンブル」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212819/56699171

この記事へのトラックバック一覧です: 東京新聞杯&きさらぎ賞2013サイン攻略3:

« 東京新聞杯&きさらぎ賞2013サイン攻略2 | トップページ | 共同通信杯&京都記念2013サイン攻略1 »