« 中山記念&阪急杯2011サイン攻略2 | トップページ | 弥生賞2011サイン攻略1 »

2011年2月28日 (月)

中山記念&阪急杯2011サイン攻略3

先週の報告

先週予告したサインが発動しました!

Bt20110227hankyuhai

携帯の方はこちら
  ↓
Bt20110227hankyuhaimob

【2011阪急杯】
1着15番 サンカルロ(4人気)
2着2番 ガルボ(1人気)
3着4番 フラガラッハ(5人気)

3連複 3,500円

4点購入のワンツースリーで、3万5千円の払い戻しでした。

この馬券は先週予告しておいた「JRA公式サイト今週の注目レース」のサイン解読から浮上した4頭をBOXで買ったものです。

サイン完全発動での馬券的中となりました。


拡大すると分かると思いますが、馬券の端を折ってあります。
これは、私が掲載した馬券画像を自分のものと偽ってUPしているブログを発見したからです。
今後、馬券の画像を掲載するときは端っこを折ることで私の馬券であることが分かるようにします。


では、サイン解読のタネ明かしをしましょう。

ヒントとして書き込んでおいた共同通信杯&京都記念の優勝馬を示していた「せん」が2つ並んだ場所=今年行われたレースの1枠】とはこれのことです。

【2011京成杯】
1枠1番 ユウセン
1枠2番 フェイトフルウォー

ユウ【セン】は簡単ですね?

フェイトフルウォーには【セン】が無いように見えますが・・・

Fatefulwar20110116

Fatefulwar20110116mob

フェイトフルウォー ⇒ 調教ゼッケン1000
(京成杯時)

特徴的なゼッケンですし、この馬は人気していたので、新聞やグリーンチャンネルで追い切りの写真や映像をご覧になられた方は多いはずです。

で、

この【1000】の並びによってフェイトフルウォーは京成杯を勝ちます。

【2011京成杯】
1着2番 フェイトフルウォー

なぜ1000が並ぶと勝てるのか?

申し訳ありませんがこれは秘密です。

今週の弥生賞とチューリップ賞のどちらかで、このサインが発動する予定なので言えません。

弥生賞で2番が勝つという意味ではありませんよ。

ここにはもっと深いサインが隠されているのです。

「日本サイン競馬会」にご入会いただければ、当時のサイン解読記事が読めますので、ぜひ入会して、ご自身で確認してみてください。

「こんなところにサインがあるのか!」と驚かれるはずです。

話を元に戻しましょう。

「今週の注目レース」のキャッチコピーに「1000=一戦」が2つ並んだ共同通信杯&京都記念

Thisweek20110213kyodonewsserviceh_2

Thisweek20110213kyotokinen 

Thisweek20110213kyodonewsserviceh_3 Thisweek20110213kyotokinenmob

「京成杯」の優勝馬番【2】がそのまま連動しました。

【2011共同通信杯】
1着2番 ナカヤマナイト

【2011京都記念】
1着2番 トゥザグローリー

いかがでしょうか。

単純なサインですね。

「せん」が並んだから、前回「せん」に指名されて勝った【2】が連動する。

簡単すぎます。

しかし本家本元の重要なサイン「1000の並び」が京成杯で発動した事実を知らなければ、絶対に解き明かせない仕組みです。

単純ですが、誰にでも分かるサインではなかったということです。

このサインが今週の弥生賞もしくはチューリップ賞を教えてくれるはずです。

興味のある方は「日本サイン競馬会(有料会員制:月額1200円)」にご入会ください。

おっと、肝心の阪急杯のことをまだお話ししていませんでしたね。

先週、下記のように予告しておきました。



ここから導かれる答えは2つです。

共同通信杯&京都記念を示したサインが再び発動する

共同通信杯&京都記念の優勝馬の属性が連動する

どちらでしょうか?



答えは・・・

両方です。

「結果が出てから“両方”とか言ってるのでは?」と思われたかもしれません。

しかし、馬券の買い目をご覧いただければ、最初から両方だと考えていたことが分かるはずです。

両方を買わないとあの4頭になりませんから

ご覧ください。


【共同通信杯】
1着2番 ナカヤマナイト 柴田善臣 二ノ宮敬宇 和泉信一 沖田牧場


【京都記念】
1着2番 トゥザグローリー U.リスポリ 池江泰郎 キャロットF ノーザンF

【京成杯】
1着2番 フェイトフルウォー 田中勝春 伊藤伸一 
社台RH 白老F


阪急杯出走馬から上記属性を保有している馬をすべて書き出します。


【2011阪急杯】
ガルボ ⇒ 2番
フラガラッハ ⇒ キャロットF白老F
サンカルロ ⇒ 社台RH白老F
ビービーガルダン ⇒ U.リスポリ



お手元の競馬新聞などで確認してみてください。

上記の4頭だけのはずです。

馬券の買い目は購入者の考えをストレートに表現するものです。

最初から“両方”と考えていたことがご理解いただけると思います。

もうお分かりでしょうが、中山記念では不発でした。

2番も柴田善臣も池江泰郎も来なかったので

阪急杯で完璧に発動したのですから、「同じサインで中山もイタダキ!」と考えるのは虫がよすぎでしょう。

サインは完全発動!

馬券も的中!

これで充分です。

それから例のシリーズサインですが、12週20レース目にして初の不発となりました。

阪急杯 ⇒ 不発

中山記念 ⇒ 1・3着

中山では結果が出ていますが・・・

弥生賞の結果を見て、「終了」か「継続」かを判断したいと考えています。

それでは宣伝です。


日本サイン競馬会

新規会員募集中!

会費は1200円/月です!


当会は「サイン予想サイト」ではありませんが、あなたのサイン競馬ライフに新しい楽しみを与えられると自負しています。

サイン予想サイトではない?

初めておいでになられた方は意味が分りませんよね?

当会はかなり特殊な運営をしております。

一般の有料サイン予想サイトのつもりで入会されますと、絶対に後悔することになります。

入会は、コンテンツの特徴に納得していただけた方のみ受け付けております。

以下の文章を必ず最後までお読みになってから、申し込むかどうかを決めてください。


私は何でもお見通しのサイン予想家ではありません。

当たることもあれば、ハズレることもあります。

NHKマイルC天皇賞(春)のページをご覧ください。

100万馬券を当てることもあれば、天皇賞馬ジャガーメイル無印ということもあるのです。

当会は「サイン予想」を販売する業者ではありません。

私は、サイン予想はいたしません。


サイン解読を提示するだけです。

「サイン予想?サイン解読?・・・同じことだろう?」と思われたことでしょう。

同じではないのです。

私はサイン解読とサイン予想の分離を提唱しています。

今まで、このふたつは同じものとして扱われてきました。

しかし私は、まったくの別物と定義しています。

有名なタカモト式の格言を例にとって説明します。

「マイルチャンピオンシップは船(シップ)レース。船・海に関係する馬を狙え」

とても有名ですね。

実際にそういった結果が出ていますから、故高本氏は偉大な人物でした。

サインの黎明期に出現した唯一無二の存在だと思っています。

現代に生きるすべてのサイン解読家は、その流儀や解読法の如何を問わず、彼の弟子みたいなものです。

話がそれましたね。

ここで考えてみてください。

マイルCSに、船や海に関係する馬が何頭エントリーしているでしょうか?

1頭だけ・・・

というケースは稀ですね。

常に複数の候補が浮上します。

それに、3連単が主流の現代では、「1・2・3着すべてが海に関係する馬で占められる」と考えるのは無理があります。

たぶん「海の馬」は来ても1頭。

運がよければ2頭。

3連単を当てるなら、違うサインからも候補を選ばなければなりません。

当然、そのサインから浮上する候補も複数になります。

その候補は全部で何頭でしょうか?

3頭だけならいいですが、5頭・6頭・7頭・・・と予想の前段階での候補はたくさんいるはずです。

これはタカモト式解読法の宿命のようなもの。

この解読法は数学とは異なり、たったひとつの答えは出ません。

常に候補は複数になります。

たとえば5頭が候補にあがったとしましょう。

この時点で、最低でも2頭は不要な馬ですね。

どれが不要なのか?

ここから先が馬券的中のために最も重要な作業になります。

候補にあがった馬を篩いにかけて、本当にサインが示している馬だけを残す。

どの解読を重視し、どの解読を軽視するのか序列をつける。

最終的に優先順位の高いものを軸に馬券を組んでゆく。

こういったプロセスを経て、最後に出される予想結果が、購入すべき馬券ですね。


私は、このプロセスをサイン予想と定義しています。


つまり


サイン解読⇒隠されたサインを見つけ解読すること


サイン予想⇒サイン解読により浮上した馬を選別し馬券という形に組み上げること


これが私の提唱する「サイン解読とサイン予想の分離」です。


ここからが重要なので、よく聞いてください。


私はサイン予想は提供しておりません。


公開しているのはサイン解読のみです。


そして公開するサイン解読は複数あります。


「さまざまな切り口で、異なる解読を記事にして読ませる」


これが当会で提供する「プレゼン(サイン解読の提示)」です。


候補となる馬は多頭数になります。


サイン予想は会員様ご自身で行っていただく必要があるということです。


当会は、馬券的中を保証するという運営を行っておりません。


「さまざまなサイン解読を並列に提示するだけ」です。


当会に入会しただけでは【馬券的中のためのサイン予想】は手に入らないのです


あなたが得られるのは、単なるサイン解読の提示だけです。


だからといって、価値がないということではありません。

毎週行っている【予告】【結果】を読まれて、どう思われましたか?

もし「面白い」とか「自分とは違う発想と展開だ」と思われたのなら、単なるサイン解読の羅列も無駄ではないということです。


あなたのサイン競馬ライフの一部として、きっとお役に立てます。


繰り返します。


当会では、サイン予想や買い目提供しません


提供しているのは以下の3つ。


☆プレゼン☆
基本的に日曜重賞のみ
(G1週は、G1のみ)

会員専用のサイトに掲載
(過去のプレゼンは、当たったものもハズレたものも、すべて当時のまま保存してあるので、PCであれば、いつでも閲覧可能)



☆各種画像☆
カラーレープロ土曜主要ページ・ポスター・非売品カレンダー2種類・その他競馬関連の画像です
(今年からカラーレープロはG1週のみの配布となりました)




☆会員専用掲示板☆
会員様が、それぞれの理論で解読を公開しあっています
(ぜひ参加してください)



会費は、月額1200円です。


あなたが「最終的な解読&予想は自分でやる」というタイプのサイン派なら、当会に入会することをおすすめします!

あなたが「他人に買い目や最終結論などを指示される必要がない」とお考えなら、当会を自信を持っておすすめします!

ただのサイン解読の提示に1200円出す価値があるかどうか。

それは、あなたが決めてください。

あなたが欲しいのは「結論&買い目」ですか?

それとも「あなたの解読を刺激する、解読記事」ですか?


入会受付けは、下記ページにて行っております。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
日本サイン競馬会告知サイト

ユーザー名とパスワードの入力を求められますので、下記を入力してください。

ユーザー名 : adg
パスワード  :
123

(半角小文字&半角英数字です。全角や大文字だと入れません)

Jrssample4

JRAサイン競馬暗号完全攻略トップページはこちら

|

« 中山記念&阪急杯2011サイン攻略2 | トップページ | 弥生賞2011サイン攻略1 »

ギャンブル」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

G2・G3-2011前期」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中山記念&阪急杯2011サイン攻略3:

« 中山記念&阪急杯2011サイン攻略2 | トップページ | 弥生賞2011サイン攻略1 »