« アルゼンチン共和国杯&みやこS2010サイン攻略2 | トップページ | アルゼンチン共和国杯&みやこS2010サイン攻略4(PC用) »

2010年11月10日 (水)

アルゼンチン共和国杯&みやこS2010サイン攻略3(携帯用)

このページは携帯電話で閲覧されている方専用です。

PC(パソコン)の方は、次のページ「アルゼンチン共和国杯&みやこS2010サイン攻略4(PC用)」をお読みください。

以下は「日本サイン競馬会(有料会員制:月額1200円)」のメンバーサイト(携帯用)に掲載した記事そのままのの転載です。

※携帯用サイトはレイアウト上の制約があるため、PC用サイトとは一部の文章表現が異なる場合があります。しかし、解読の内容は100%同じです

※一部画像を省略してあります

※最下段にある「今回のプレゼン馬」では、「馬券圏内を確保した馬名」を、レース後に赤文字表記にしてあります。

※注釈を挿入しました(1箇)


記事ここから
↓↓↓↓↓

プレゼン3【御神本訓史】
公開日時 2010/11/07 06:00



【レープロ画像を省略】


重賞ファイル082
レース史上最高単勝払戻金
不屈の精神で再び勝利を
エルウェーウィン


「不屈の精神」。
なんだか違和感があります。

不屈の闘志で再び勝利を

これならしっくりきますね。

なぜ「精神」だと気持ち悪いのか。
それは馬に対して使っているからです。

例を示しましょう。

浅田真央は不屈の精神で甦った

この表現に違和感はないはずです。
「精神」は人間に対する言葉なのですから当然ですね。

馬を擬人化した表現に、どんな言葉を使おうと勝手です。
しかし、「読む相手にわざわざ違和感を抱かせる表現をする必要があるのか?」という根本的な問題がありますね。

「ライターのこだわり」と言われてしまえばそれまでですが、私にはどうしても引っかかるのです。

不自然なところにサインあり。

「精神という言葉を使う必要があったのではないか」と考えました。

精神

【神】という文字が入っていますね。

これを解読キーにしたとき、あるジョッキーが姿を現します。

Norifumimikamotomob

本訓史
公営・大井競馬所属

名前に【神】を持つこのジョッキー。
勝負服をご覧ください。

赤胴・白星ちらし、袖青・白星ちらし

重賞ファイルのエルウェーウィンの勝負服と100%同じですね。

Rp2010110602up6mob

それもそのはず。
「エルウェーウィンのファン」という理由で、御神本が希望した服色なのです。
(公営競馬では、騎手ひとりひとりに服色が割り当てられる。したがって騎乗馬が変わっても、常に自分の勝負服は同じ)

御神本訓史は、天才と呼ばれる類のジョッキーです。
1999年、益田競馬でデビューし、翌年にはリーディング奪取。
イケメンであることも味方して、とても人気のある騎手でした。
2002年の益田競馬閉鎖に伴い大井競馬に移籍。
2003年に落馬事故により瀕死の重傷を負うも、1年のリハビリを経て復活。
2007年には、史上初となる地方馬によるJBC制覇を成し遂げるなどの活躍をみせています。

こう書くと「イケメンで天才で大怪我を克服して凄いんだな」と思われたでしょうが、彼にはもうひとつの顔があります。

いわゆる問題児なのです。

無断で調整ルームを抜け出したり、その他決められた規則を守らなかったりするために、何度も騎乗停止処分を受けています。
その結果、自身の1000勝記念表彰式までもが取りやめになってしまいました。
レース中の進路妨害以外でこういう処分を受ける騎手はJRAにはいませんね。
(後藤騎手の木刀事件は別格として)

問題をおこした責任をとって、昨年9月から騎乗を自粛していましたが、今年の2月に高知競馬で活動を再開、3ヵ月間の騎乗の後、5月には大井に帰ってきました。

「不屈の精神」かどうかはわかりませんが、天才が再び勝利をものにするために帰ってきたことは事実です。

重賞ファイルの示す裏の意味は、御神本訓史なのではないかと思います。

根拠はタイミングです。

今週の水曜日(2010/11/03)、公営・船橋競馬場でJBC(Japan Breeding farms Cup)が行われています。
年に1度の公営競馬の祭典であり、JRAも参加するダートG1競走です。

JBCには2つのカテゴリーがあります。

JBCクラシック
JBCスプリント(JBCマイル)


開催場所が公営の競馬場で持ち回りのため、競走距離が都度異なりますが、クラシックは中距離、スプリント(マイル)は短距離競走です。

今年で10回を数えるこの祭典。
JRAの馬が圧倒的に強く、公営の馬の優勝は、たった1回だけです。
その1回こそ、御神本訓史の騎乗馬フジノウェーブによるものなのです。

【2007JBCスプリント】
1着6番 フジノウェーブ 御神本訓史 7人気


単勝3,810円は、JBC史上最高単勝払戻金額です。

まとめます。

●重賞ファイル「レース史上最高単勝払戻金」
●重賞ファイル「不屈の精で再び勝利を」
●勝負服「赤胴・白星ちらし、袖青・白星ちらし」
  ↑
今週の水曜日にJBC開催
  ↓
●JBC「レース史上最高単勝払戻金」=御神本訓史フジノウェーブ
●御本は騎乗自粛を解き、「再び勝利を」目指して復活
●御神本の勝負服「赤胴・白星ちらし、袖青・白星ちらし」


JBCが行われた今週だからこそ結びつくサインですね。

それに、JBCではJRAからのサインが発動しています。
週末のJRA重賞で、JBCからのサインが発動しても不思議ではありません。

※JBC馬券圏内馬6頭(2レース)すべてをJRAのレース属性サインで独占しています
詳細は次週「エリザベス女王杯プレゼン」で行いますが、興味のある方は【掲示板】でご確認ください
【AR共和国杯&みやこSスレッド】⇒コメントナンバー【12】【24】【25】【32】です



※(注釈)
掲示板の件は、この記事のオリジナルを、当時リアルタイムで読んでいた会員様に向けてのものです。
会員限定の掲示板に上記解読が掲載されているという意味です。
今お読みになられている「ブログJRAサイン」の掲示板を探しても何も書いてありませんので、ご注意ください


御神本の勝った2007JBCスプリントをサイン発信源と認定します。


【2007JBCスプリント】

1着6番 フジノウェーブ 御神本訓史 高橋三郎 大志総合企画 笹島政信

2着9番 プリサイスマシーン 安藤勝己 萩原清 池谷誠一 白老F

3着2番 アグネスジェダイ 小牧太 森秀行 渡辺孝男 社台F


上記属性に合致する馬をマークします。


【AR共和国杯出馬表の画像を省略】


【アルゼンチン共和国杯】
シグナリオ (6番)+(白老F)
ジャミール (9番)+(安藤勝己)
トーセンジョーダン (2番)
トリビュートソング (社台F)

今回は該当馬が1頭なので、サインとして有効に機能する下地ありと判断し、生産牧場のみの合致を採用しました。

安藤勝己は病気のため乗り替わりになりますが、枠順確定の段階では安藤の名前が刻まれていますから、そのまま属性合致と考えます。


【みやこS出馬表の画像を省略】


【みやこS】
ドリームライナー (6番)
パワーストラグル (9番)
トランセンド (2番)
ワンダースピード (小牧太)


生産牧場のみの一致が2頭発生していますが、頭数の関係で候補から外しました。
(ロールオブザダイス・フサイチピージェイ=社台F生産)

今回のプレゼン馬

【アルゼンチン共和国杯】
シグナリオ
ジャミール
トーセンジョーダン

トリビュートソング

【みやこS】
ドリームライナー
パワーストラグル
トランセンド
ワンダースピード


↑↑↑↑↑↑
記事ここまで

この続きは、(携帯で閲覧中の方も)次のページ「アルゼンチン共和国杯&みやこS2010サイン攻略4(PC用)」をお読みください。

スクリーンショットの画像は表示できませんが、それに続く文字部分は読めますので。

JRAサイン競馬暗号完全攻略トップページはこちら

|

« アルゼンチン共和国杯&みやこS2010サイン攻略2 | トップページ | アルゼンチン共和国杯&みやこS2010サイン攻略4(PC用) »

G2・G3-2010後期」カテゴリの記事

ギャンブル」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212819/49984578

この記事へのトラックバック一覧です: アルゼンチン共和国杯&みやこS2010サイン攻略3(携帯用):

« アルゼンチン共和国杯&みやこS2010サイン攻略2 | トップページ | アルゼンチン共和国杯&みやこS2010サイン攻略4(PC用) »