« エリザベス女王杯2008サイン攻略3 | トップページ | ポスター2008エリザベス女王杯~JCダート »

2008年11月11日 (火)

エリザベス女王杯2008サイン攻略4

エリザベス女王杯 CLUB KEIBAルールのサイン読み

エリザベス女王杯の始まりは?

またまた出現しました。
CLUB KEIBAルール解読でおなじみの『間違いサイン』が!

Ckr47up_3

誤 ⇒ 始めて

正 ⇒ 初めて

「こんなのがサイン?」と思われた方もいらっしゃるでしょう。
しかし、これまでにも同種の間違いがサインとして発動した実績がありますし、そもそも頭脳集団であるJRAがこのようなミスを犯すはずがありません。
正解にせよ罠にせよ意図的であることだけは間違いないと考えます。
ルール制作担当者は洒落の通じる面白い人物なのではないかと私は思っています。

過去の『間違いサイン』
2008スプリンターズS

誤『そうゆうこと』 ⇒ 正『そういうこと』
  ↓
(有)馬主の1・3着
詳細はこちら→スプリンターズS2008サイン攻略3

2008菊花賞
誤『見逃さす』 ⇒ 正『見逃す』
  ↓
逃げて差すと武豊が評した馬=サイレンススズカ=ゼッケン1
  ↓
1番(14人気)の激走2着
詳細はこちら→菊花賞2008サイン攻略13

始め
物事の始まり
例)勉強を始める、書き始める、
英語でいうと ⇒ start , begin

初め
最初であること
例)初めての経験、こんなことは初めてだ、
英語でいうと ⇒ first(ファースト)

ここでエリザベス女王杯のポスターをご覧ください。
ポスターはこちら→エリザベス女王杯2008サイン攻略1

大泉洋の手にしている新聞には『ナルハヤ』と書いてありますね。

ナルハヤ
『なるべく早く』という意味です。
はやく ⇒ 英語でいうと ⇒ fast(ファースト)

どうやらこのあたりに答えがありそうです。
その歴史の始まり(start)であるところの、第1回(first)エリザベス女王杯を調べてみました。

実はエリザベス女王杯には3つの始まりが存在します。

第1回(1970年)ビクトリアカップ(現エリザベス女王杯)
4歳(現表記3歳)牝馬限定 2400M
優勝4枠 4番 クニノハナ注1 目野哲也
2着 8枠12番 エリモローズ 福永洋一
3着 7枠 9番 ジョセツ    岡部幸雄


第1回(1976年)エリザベス女王杯
4歳(現表記3歳)牝馬限定 2400M
優勝7枠13番 ディアマンテ    松田幸春
2着 2
枠 2番 ニッショウダイヤ 岡部幸雄
3着 3枠 5番 フジエクスプレス 中島啓之

第21回(1996年)エリザベス女王杯
4歳以上(現表記3歳以上)牝馬限定 2200M

優勝8枠15番 ダンスパートナー 四位洋文
2着 2枠 4番 フェアダンス    藤田伸二
3着 5枠10番 シーズグレイス   福永祐一

4歳(現3歳)牝馬クラシック第3弾注2という位置づけで創設されたのがビクトリアカップでした。

その後、1975年にエリザベス女王が来日したことを記念して、名称がエリザベス女王杯と改められました。
競走条件の変更はないので、単なる名称変更なのですが、形式的には『第1回エリザベス女王杯』として1976年に仕切りなおしという形になっています。

そして1996年、秋華賞が新設されました。
秋華賞は4歳(現3歳)牝馬クラシック第3弾。
ということは、事実上エリザベス女王杯の名称変更です。
しかし同時期に新設された古馬牝馬G1に、あろうことかJRAはエリザベス女王杯という名称を付けたのです。

ややこしいですね。

つまり4歳(現3歳)牝馬限定のエリザベス女王杯を古馬にも開放して、新しく4歳(現3歳)牝馬限定G1秋華賞を設置したとJRAは言いたいわけです。

こういった経緯があるため、サイン派の流儀によって『最初のエリザベス女王杯はどれか?』に対する答えは違ってくるでしょう。

私は『3つともすべて最初だ』と思っていますので、各回の優勝馬番をピックアップします。

4・13・15

もう一歩踏み込んでみましょう。
『3つめの始まり』である1996年エリザベス女王杯には降着があったのですが、この状況が面白いのです。

1996年エリザベス女王杯
7着 ヒシアマゾン(2位入線 ⇒ 降着)
  ↓

2年前
  ↓
1994年エリザベス女王杯
優勝 ヒシアマゾン

今回出走するカワカミプリンセスも、2年前(2006年)のエリザベス女王杯で降着になっています。
ヒシアマゾンを【逆】にした形ですね。
今回カワカミが勝てば美しい符合の完成ということになりますが、はたしてそう上手くゆくかどうか・・・?
優勝馬であるダンスパートナーの属性を押さえておきたいと思います。

ダンスパートナー
騎手   四位洋文
調教師 白井寿昭
馬主   吉田勝己
生産   社台F
弟    ダンスインザダーク
戦歴   オークス優勝

今回のサイン指名候補
4・13・15
トウカイルナ(四位洋文)
ベッラレイア(吉田勝己)
アスクデピュテイ(社台F)
レインダンス(社台F&ダンスインザダーク産駒)
ムードインディゴ(ダンスインザダーク産駒)

トールポピー(オークス優勝)鼻出血のため出走回避

注1
クニノハナはダイユウサクの母母です。
もし今回、1970年がサインに使われたなら、有馬記念は大荒れになるかもしれません。
ダイユウサクは1991年の有馬記念において断然1人気メジロマックイーン(1.7倍)を14人気(137.9倍)で差し切った馬ですから。

注2
正式には牝馬クラシックは桜花賞と優駿牝馬(オークス)のみです。
現在の秋華賞および過去のエリザベス女王杯はクラシックではありません。

にほんブログ村 競馬ブログへ

エリザベス女王杯2008サイン攻略5

JRAサイン競馬暗号完全攻略トップページはこちら

|

« エリザベス女王杯2008サイン攻略3 | トップページ | ポスター2008エリザベス女王杯~JCダート »

G1-2008後期」カテゴリの記事

ギャンブル」カテゴリの記事

コメント

携帯閲覧用記事
エリザベス女王杯2008サイン攻略4
【エリザベス女王杯の始まりは?】

ルール47に【間違いサイン】が出現しました。

こんなにむずかしいエリザベス女王杯は始めてだ。

誤⇒【始めて】
正⇒【初めて】

【始め】
物事の始まり
例)勉強を始める、書き始める
英語で⇒start

【初め】
最初であること
例)初めての経験、こんなことは初めてだ
英語で⇒first【ファースト】

ここでエリザベス女王杯のポスターをご覧ください。
大泉洋の新聞には【ナルハヤ】と書いてありますね。

【ナルハヤ】
なるべく早くという意味です。
はやく⇒英語で⇒fast【ファースト】

その歴史の始まり(start)であるところの、第1回(first)エリザベス女王杯を調べてみました。

実はエリザベス女王杯には【3つの始まり】が存在します。

第1回(1970年)ビクトリアカップ(現エリザベス女王杯)
優勝4枠4番クニノハナ
2着8枠12番エリモローズ
3着7枠9番ジョセツ

第1回(1976年)エリザベス女王杯
優勝7枠13番ディアマンテ
2着2枠2番ニッショウダイヤ
3着3枠5番フジエクスプレス

第21回(1996年)エリザベス女王杯
優勝8枠15番ダンスパートナー
2着2枠4番フェアダンス
3着5枠10番シーズグレイス

説明します。
4歳(現3歳)牝馬クラシック第3弾という位置づけで創設されたのがビクトリアカップでした。

その後、1975年にエリザベス女王が来日したことを記念して、名称がエリザベス女王杯と改められました。
競走条件の変更はないので、単なる名称変更なのですが、形式的には『第1回エリザベス女王杯』として1976年に仕切りなおしという形になっています。

そして1996年、秋華賞が新設されました。
秋華賞は4歳(現3歳)牝馬クラシック第3弾。
ということは事実上はエリザベス女王杯の名称変更です。
しかし同時期に新設された古馬牝馬G1に、あろうことかJRAはエリザベス女王杯という名称を付けたのです。

ややこしいですね。

つまり4歳(現3歳)牝馬限定のエリザベス女王杯を古馬にも開放して、新しく4歳(現3歳)牝馬限定G1秋華賞を設置したとJRAは言いたいわけです。

こういった経緯があるため、サイン派の流儀によって【最初のエリザベス女王杯はどれか?】に対する答えは違ってくるでしょう。

私は【3つともすべて最初だ】と思っていますので、各回の優勝馬番をピックアップします。

4・13・15

もう一歩踏み込んでみましょう。
1996年には【降着】があったのですが、この状況が面白いのです。

1996年エリザベス女王杯
7着ヒシアマゾン(2位入線⇒降着)

【2年前】

1994年エリザベス女王杯
優勝ヒシアマゾン

今回出走するカワカミプリンセスも、【2年前】のエリザベス女王杯で降着になっています。
ヒシアマゾンを【逆】にした形ですね。
今回カワカミが勝てば美しい符合の完成ということになりますが、はたしてそう上手くゆくかどうか・・・?
優勝馬であるダンスパートナーの属性を押さえておきたいと思います。

ダンスパートナー
騎手【四位洋文】
馬主【吉田勝己】
生産【社台F】
弟【ダンスインザダーク】
戦歴【オークス優勝】

今回のサイン指名候補
4・13・15
トウカイルナ(四位洋文)
ベッラレイア(吉田勝己)
アスクデピュテイ(社台F)
レインダンス(社台F&ダンスインザダーク産駒)
ムードインディゴ(ダンスインザダーク産駒)
トールポピー(オークス優勝)

投稿: ドラゴン | 2008年11月11日 (火) 05時07分

エリザベス女王杯…

< カワ【カミ】プリンセス > 母の父/シアトル【スルー】  馬主、生産者/三【石】川上牧場

ポスターのコピー
『悩んだぶんだけ 
喜べる。
なに【かみ】たいだ。』 

CMの中で佐藤さんが箸で料理を取ろうとするのに、料理は佐藤さんの前を【スルー】してしまいます。

当日ゲストは【石】田純一さん。

< ムードインディゴ > 騎手/【福】永祐一  母の母/ハンブル 【パイ】

CMは中華レストランでのワンシーンですが、中華レストランでよく目にする商売に縁起のよい文字、【福】。

ポスターにある大泉さんの身体の周りを競走馬がグルグル回る描写と、CMに出てくる中華料理の回転式テーブルから【円】、【円周】 ⇒ 【円周率(【パイ】)

< 【コスモ】プラチナ > 騎手/【石】橋脩 母/【グレース】マリヤ

ポスターにある大泉さんの身体の周りを競走馬がグルグル回る描写から惑星や【宇宙(コスモ)】

ハリウッドのスターからモナコ公国レーニエ大公妃に華麗に転身した【グレース】・ケリー

当日ゲストは【石】田純一さん。

注: 投稿内容が他者の書かれたものと重複、類似している可能性があります。 ご容赦下さい。

投稿: ヒクモト | 2008年11月11日 (火) 07時18分


(始)まり
たしかに意味ありげですね。
という事で調べてみました。

○始=女+(社)台
で社台の馬

○女偏(へん)にカタカナの(ム)と(口)
名前に(ム)(ロ)を含む調教師
鹿戸雄一(エフティマイヤ)
宮徹(コスモプラチナ)(レインダンス)
松田博資(ピサノジュバン)
ピサノジュバンは前走 浜中俊騎手で
やはり(ム)(ロ)を含みます。
よく見ると石田純一さんも
(ム)と(ロ)がありますね。

○または(ム)(口=くち)で無口かも・・
無口な女?

投稿: 焼きそばマン | 2008年11月11日 (火) 10時42分

  ドラゴンさん、皆さん、こんにちは。
 今度は、先ほど病院から戻りました。3時間待ちの治療5分。この国はどうなってるんだ…。
 漠然としていないのに書くな、と言われそうですが、どうしても気になるので。
 多くの方が発見した「始めて」。それともう一つの「女」偏「好」。合わせて、私はどうしても「社台の女の子」という意味かな?と思いました。すると、
「アスクデュピテ」「レインダンス」の2頭。
 それに「レーダイ」の「舞」とも繋がり、「舞台」で、NHK朝ドラ「だんだん」にもヒントあり?今、主役の1人、芸妓の「のぞみ」が習っているのは「黒髪」。ここからは、何かと話題を集める「ポルトフィーノ」。
 私は今年の秋が「始まって」から、一連の流れからエアグルーブ産駒、クロフネを父に持つ「ポルト」に、何か「J様」の思惑が隠されている気がします。ちなみに現段階では、「好」の入っている「11番目」。「始」の入った「最後」の「14番目」。を気にしてます。

投稿: kinmaru | 2008年11月11日 (火) 14時33分

ドラゴンさん皆さんこんにちは、
日曜日のマスターズジョッキー西浦調教師(カワカミプリンセス)がスターターでした、杉本清さんのアナウンスで隣にゲストに後藤Jが写ってました、これは関係無いでしょうか?

投稿: はっちゃん | 2008年11月11日 (火) 15時15分

エリザベス女王杯… 

カワカミプリンセス、ムードインディゴ、コスモプラチナに続く第2弾は?

< ベッラレイア >  騎手/【秋】山【真】一郎  調教師/平田【修】  生産者/【ノー】ザンファーム

ジャパン・【オータム】インターナショナル初戦。

レーシングダイヤリーの冒頭、『【真】の女王・・・』。

クラブケイバルールの挿絵は大泉さんが滝に打たれて【修】行中です。

ポスターのコピーの冒頭、『【悩】んだ・・・』。

今年は『女心と【秋】の空』というフレーズがよく使われますが、その言葉の通り【秋】山真一郎は来るのか来ないのか当てになりませんが!?


投稿: ヒクモト | 2008年11月11日 (火) 16時00分


こんばんは、連投(投稿)ですみません。

JRA HP内 ジャパン・オータムインターナショナルの
JAI スペシャルクイズで
新馬級をクリアすると (eliza)
というパスワードが貰えます。

で、ポルトフィーノの父クロフネの母母 
(Eliza) Blue

それから自分の投稿でピサノジュバンを押しましたが、
後押しするように
エリザベス女王のかつての所有馬Aureole
(オリオール)の血を引いていました。

あとCMで小池君が着ている服の色はカワカミの
メンコの色と同じですね。

今のところこの3頭(あるいは同枠の馬)中心に考えています。

しかしピサノジュバンは買いづらいなー(笑)

投稿: 焼き | 2008年11月11日 (火) 16時54分

【ナルハヤ】

『トウカイルナ』の【ルナ】→(逆さから読んで)【ナル】
外国馬『トレラピッド』の【ラピッド】→(Tre-Rapidですか?)凄く【ハヤ】い・・・

という事で『トウカイルナ』『トレラピッド』のワイドからお願いします。

投稿: けんぱぱ | 2008年11月11日 (火) 17時01分

皆さんこんばんは☆ヒデキャップです。
ルール47の中から【ナージャ】を検索してみました。
【明日のナージャ】って言うアニメが出てきます。
家なき子みたいなストーリーで、旅芸人として形見をもとに生き別れした母を捜して世界中を旅するストーリーです。
気になったのは【明日のナージャ】の後に放映された番組が【プリキュア】だったとありました。
先週のドラゴンさんのプリキュアだった事で興味を持ちました。
まだ繋がりはわかりませんケド。
ナージャで母親捜しの旅ならば【最終寄港地→ポルトフィーノ】でしょうか?

投稿: ヒデキャップ | 2008年11月11日 (火) 20時00分

連続で失礼します。
ポスターのグルグル周っている様子が世界一周の旅に見えて来ました。
ゴールは最終寄港地、イタリア語だっけ?【ポルトフィーノ】。また、ナルハヤも【なるべく早く帰って来て!】と最終寄港地【ポルトフィーノ】に思えて来ました。

投稿: ヒデキャップ | 2008年11月11日 (火) 20時49分

ドラゴン様、皆様
こんばんは!

また私的妄想解釈ですが
今週から始まるG1ウィーク
G1とG1の谷間のレースであった
【武蔵野S】
【ファンタジーS】
【アルゼンチン共和国杯】
この3つのレースは
来週から始まるG1の指針的レースではないかと考察します

【エリザベス女王杯】

同じ牝馬レースであった
【ファンタジーS】

暗示馬と思われる馬がいました

【9番セブンシークィーン(女王)】

【4番ワイドサファイア】(母クィーンソネット)


もうひとつ
なぜかG1前に来場した
【オグリキャップ】

この馬の戦歴もヒントを
くれる様な気がします

【オグリキャップ】は
もちろん【エリザベス女王杯】には出走していません
私は【女王】の【女】文字に注目し
【安田記念】のゼッケンを使用するのでは無いかと推測しました

【安田記念】
1着【9番】オグリキャップ

2着【12番】ヤエノムテキ
3着【14番】オサイチジョージ

前回のコメントで私的妄想で浮上している
【チャールズの9番】

やはりここからも気になります

今回のピックアップ
【9番】
【4番】
【12番】
【14番】(またぁ〜)


果たして…

投稿: 犬飼小次郎 | 2008年11月11日 (火) 21時44分

ルールの文章を読んで
私的に浮上する馬

【ビエンナーレ】

ルールの私的キーワード
雑念を入れ【すぎ】ない
ウエ【スギ】さん

【むむむむ。むむむ】

【ううう】

【むず】かしい。こんなに【むず】かしい…

【鼻炎】に苦しむ人に感じます
【杉花粉】に苦しむ人に感じます


【ポスター】の大泉さんの【驚きの表情】は
【ルーキー三浦皇成】の
G1制覇と推測します

ゼッケン9番なら
なおベストですが

果たして…

投稿: 犬飼小次郎 | 2008年11月11日 (火) 22時18分

ウマや玉やです。ドラゴンさん、皆さん今晩は、

前回疲れきっていまいちながら投稿して、冴えない
洒落でコメントしたアスクでピュティですが、

と、その前に話は変わりますが、のど自慢ゲストに森進一ですね。
最近「おふくろさん」騒動終結のニュースがありました。

なので「馬の母名」は注意すべきではと考え、
ここでアスクデピュティの母は(マル)カ(コマ)チ
を再考察して、

レー題から「凛」には(回)が入ってる事、
ポスターの(回転)と円、ナルハヤで「早く回してね」と、
岩田騎手にも(石田)純一が入ってることもポイントに、
マルと独楽という掛け合わせはバカにならないと感じました。

母名から「円・丸い」が入っているもう一頭は、
ベッラレイア、母(マリ)スターⅡ
皆さんのコメントにもあるようにレー題の「真」と
凛→(禾)、、で(秋)山(真)一郎
いろいろと一致してますが、
今回の解読は「おふくろさん」ということで、、、とりあえず、

あと回転・ナルハヤで気になる馬は、

ブルーメンブラット・・(ブーメラン)と回転で、こちらはベタですが、
生産地:早来(早く)ノーザンファーム、、が気になります。

あと回転・ナルハヤから
(早く)戻ってくるのを望んでいるが、どうなんだ?
石田純一は、長谷川理恵からの(回)答をまっている、
(長谷川浩大はどこいった??)
最後でこんな落ちになってすみません。失礼致します。


投稿: ウマや玉や | 2008年11月11日 (火) 22時23分

ドラゴンさん、皆さん、こんばんは。

今日は下ネタで失礼します。
ポスターの円から顔を出す大泉洋、
コピーの【悩んだぶんだけ喜べる。なにかみたいだ。】と、
ドラゴンさんの、ナルハヤ=なるべく早く
から、オトコの筆下ろしを連想しました。

そっち系の馬は、【ポル】トフィー【ノ】
ポルノでしょうか。

投稿: ヘルナルド | 2008年11月11日 (火) 22時50分

ドラゴンさん、皆さんこんばんは。

CLUB KEIBAルール47についてです。

パソコンでイラストを見てもらえば分かると思うのですが、
大泉洋は滝に打たれています。
これは雑念を取り除くための瞑想だと思います。
その【服には色】がついていますが滝行は一般的に【白装束】を着用します。
これがポイントではないかと思います。

予想には雑念を入れすぎない。と有りますが、瞑想に入る前は雑念が取り除かれ心の中は【真っ白】な状態になります。

ここからまずは【白】の1枠が良いと思います。

【川上】から水が流れ落ちることを表現しているのなら【カワカミ】プリンセスも良いと思います。
【女の人は甘いものがすき】からカワカミ【プリン】セスの【プリン】も有りですね。

CLUB KEIBAルール47からは【1枠】と【カワカミプリンセス】を挙げておきます。

投稿: にし | 2008年11月11日 (火) 22時50分

ドラゴン氏指摘の【始】の間違いは…女+台で社台の牝馬を示唆しているものと考えます。

投稿: ユーキ | 2008年11月11日 (火) 23時00分

ドラゴンさん皆さんこんばんは。
ドラゴンさんの解読、とても参考になりました。【始め】から96年のエリ女は思いつきませんでしたsweat01それとヒシアマゾンの降着とカワカミプリンセスの降着との関連を考えた時、共に勝利したのは【白井寿昭調教師】所属の馬だった事と【8枠】だった事も自分には見逃す事ができないです。そうすると【ヒシアマゾン】が勝利した【3枠】には今回どんな馬が入るのか?少し興味が出てきましたhappy01

投稿: ジャーニー | 2008年11月11日 (火) 23時11分

ドラゴンさん、みなさん、こんばんは。

仮眠をとって、ちょっと復活です! ここで一句。
【有馬まで 体と財布 もってくれ!】

さあて、いきます。 私もポスターコピー解読に挑戦してみます。 私的には、バナ吉くんの解読【大食い路線】がいいように思われますが、ひとネタで【複数の答え】が隠されてても驚けませんから。

まず、みなさん注目の【ナルハヤ】から、隠れてる【ヤ】を除いて反転、【ハルナ】から

【貼る、《な》】 と読みます。

つまり、【本文に余計な《な》を貼ってあるよ】と教えてくれてます。せっかくですから、はがしましょう!

な【やんだぶんだけ よろこべる。】な【にかみたいだ。】

【止んだぶんだけ喜べる。】【日課みたいだ】

【レイン】【ダンス】

私事で恐縮ですが、競馬の負けが続くとウワゴトのように言い聞かせています。「止まない雨はない・・(泣)」  
知人でフラダンスを習ってる女性がいますが、毎日家事もそこそこに、音楽かけて練習するんだそうです。ちなみに密かにタイプです(照れ)。


投稿: グリーンベルト | 2008年11月12日 (水) 01時47分

エリザベス女王杯…

攻略4のドラゴンさんのコメントをはじめ、多くの方が指摘されてる『・・・【始めて】だ』という誤った件が私にも重要なサインかと思われてなりません。 とはいえこの【始めて】という件が指すものの見解はドラゴンさんの仰る、【エリザベス女王杯の三つの始まり】の他いろいろ考えられることが出来るでしょう!? 私はこの(今年のエリザベス女王杯に関係がある)【始めて】がどの【始めて】を指すのか?、と違った仮説を立てていますが、内容は枠順確定後もその気配が感じられるようでしたら書き込みます。

投稿: ヒクモト | 2008年11月12日 (水) 07時22分

ドラゴンさん、皆さん、おはようございます。

先週、ドラゴンさん情報の中山の菊、名馬メモリアルも菊、何故、この時期に菊なのか、考えてみました。
中山にあった菊は、弔いの菊では?
エリザベス女王杯の前哨戦、府中牝馬Sで勝ったのは、ブルーメンブラッド=アドマイヤベガ=吉田豊。

アドマイヤベガは、2005年10月に亡くなっています。同じ年の11月7日、同い年のナリタトップロードも亡くなっています。なんと、菊花賞を自らが勝った日でもありました。

今週の名馬メモリアルは、メジロドーベル=吉田豊。
今年から、ジャパン・オータム・インターナショナル、素直に、秋山でもいいかもしれません。

ベッラレイア=ナリタトップロードで、行きたいです。(私的好みも、多分にあります。)


PS 赤ペンさんへ。
ありがとうございました。私は、競馬をやめていた時期も多く、資料不足なので、データ確認の意味でも、ドラゴンさんや皆さんの記事は有り難く思っています。

投稿: 菊シャワー | 2008年11月12日 (水) 07時53分

ドラゴン様、皆様
おはようございます!

エリザベス女王杯
施行回数【33回】
【3のゾロ目】

【三浦皇成】
【3とゾロ目】の関係

名前【3】浦皇成

【3】月1日デビュー戦
【3】番人気

【3】戦目初勝利
決まり目【5ー5】

エリザベス女王杯で
G1騎乗【3】戦目


どなたかのコメントで
【滝に打たれてるシーン】があるとの情報で
妄想しました

【未熟者】【半人前】
【ヤング(古っ!)】

【三浦皇成】は
まだまだぺーぺーのヤングである
(略してペヤングである)


【3】のミステリー

果たして…

投稿: 犬飼小次郎 | 2008年11月12日 (水) 08時16分

追加

【ポスター】の
【なにかみたいだ】

【鼻かみたい】(鼻炎だから)

に似てるなぁー

【ビエンナーレ】
いいな…

投稿: 犬飼小次郎 | 2008年11月12日 (水) 08時57分

【始】→【社台の女】=「焼きそばマン 」さんの解読に乗らせていただきました。

で、【社台の女】といえば・・・

【吉田和子】さん=「ウマや玉や 」さんの【おふくろさん】サインに乗らせていただきました

で、吉田和子さんの所有馬をウィキペディアで早速調べてみました。

【ベガ】

ベガ血統の特別登録馬を(またまた)検索してみました・・・

【ブルーメンブラット】=「アドマイヤベガ」の娘、すなわち【ベガ】の孫娘。

投稿: けんぱぱ | 2008年11月12日 (水) 09時33分


馬名から
トレラピッド(仏)=VERY FAST=とても早く=ナルハヤ
レジネッタ=若い女王(伊)=カミラ夫人?=真の女王に?
今年のフランスにおける3歳牝馬は、近年でも最も質の高い世代と言われている。・・・、重賞戦線で堅実な成績を残しているのがトレラピッドである。・・遠征には強いタイプ。  JRA HP より
今年の日本馬はそれほど抜けた馬がいないので
トレラピッド案外侮れない気がします。

投稿: 焼きそばマン | 2008年11月12日 (水) 09時47分

  ドラゴンさん、皆さん、こんにちは。
 多くの方が「ナルハヤ」を気にしているようですが、その下にももう一つ文字があると思いますが、どなたか解読出来ますでしょうか?私は、ドラゴンさんのこの欄で見られるのですが、大きくしても限界がありまして、最後の一文字が分からず、気になって…。
 ちなみに「ナルハヤ」だけでしたら、そのままYahooブログ内に「番組」の様な物がありまして、最終回、第6回のゲストは、
「雨坪春菜」「椎名ゆか」「田中いちえ」の3人です。これもサインとしてはインパクトが小さいかな?雑念を捨てないとね。
 さて、これも今のところ解読中ですが、「ルール47」の中には「女」に纏わる「単語」が出てきます。
・女の子1回
・女子 1回
・女心 3回
・女性 2回
・女王杯2回
・女史 2回
・女の人1回
・好  1回
・始  1回
 合計14回。ただし「好」と「始」の解釈はどうするかですが、私的に第14回を「始めて」とすると、ここにも
1着8-⑱キョウエイタップ
2着7-⑮トウショウアイ
3着5-⑩ウィナーズゴールド
「7」枠が出現します。ドラゴンさん、の調べでも2,200㍍に変わった第21回以外の節目にも出現してますので、注意したいと思います。
 済みませんが、回数とか間違えてましたら教えて下さいね。

投稿: kinmaru | 2008年11月12日 (水) 12時05分

ドラゴンさん、皆さんこんにちは。水曜日になったのでやってきましたサインコサインです。

『名馬メモリアル』
【メジロドーベル】〜渡さなかった女王の座

【画像1】1996年阪神3歳牝馬S
【画像2】1997年秋華賞
【画像3】1999年エリザベス女王杯


補足ですがブルーメンブラットとヤマニンエマイユは回避する予定だそうです。

投稿: サインコサイン | 2008年11月12日 (水) 12時14分

赤い円卓に中華の揚げ物(が、あったかどうかはわかりませんが)

レッドアゲート

が買いたいです。

投稿: 弾丸 | 2008年11月12日 (水) 12時33分

 大変失礼すました。
やはり間違いがありました。(サイト内で回数が違ってました)
 ※第14回は、『始めて』エリザベス史上初?かどうかは分かりませんが、20頭立て、20番人気1着で決まった年でした。そして1番人気8-⑳シャダイカグラ・武豊で20着。名前に「社台」が付いていますが…社台の馬では無いと思いますが?でも『始めて』の意味はここにありそうな気がしますね。
1着3-⑥サンドピアリス
2着7-⑰ヤマフルリアル
3着4-⑧シンビクトリー
4着6-⑭ホウヨウファイナル
5着3-⑤シンエイロータス
でした。ちなみにサンドはハイセイコーの仔です。

投稿: kinmaru | 2008年11月12日 (水) 13時31分

『名馬メモリアル』解析1

また秋華賞の時と同じ過ちを繰り返してました。

×重賞→○受賞

秋華賞はそれからピサノジュバンを導き出し、同馬は沈んだものの同枠馬(ムードインディゴ)を機能させました。
今回ピサノジュバンは除外対象のため出走出来るか微妙ですが、もし出走出来たなら同馬ならびに同枠馬に注意したいところです。


それから

【4年連続G1制覇】
【4年連続JRA賞受賞】

【4】もキーワード?


また、面白いことを発見したので解析2にて紹介します(現在制作中)。もしかしたら私にとってこれが決定打になるかもしれません。

投稿: サインコサイン | 2008年11月12日 (水) 13時37分

 追伸。連続で済みません。
凄いことが分かりました。
同馬は、第14回エリザベス女王杯に出走するも、途中で故障を発生し20着(20頭立て)に終わり、引退。繁殖に入ったが「2005年4月4日」、動脈瘤のため死亡…。あらら、「ピサノジュバン」の誕生日。1着か、ドンベ(けっぱ=最後尾)か。何れにしても私的には、急浮上です。

投稿: kinmaru | 2008年11月12日 (水) 13時54分

2008年第33回エリザベス女王杯。
ゾロ目開催なのでゾロ目決着?

2006年第31回エリザベス女王杯。
1位入線も降着したカワカミプリンセス。
繰り上がり1着はフサイチパンドラ。
どちらも8枠でした。

カワカミプリンセスが8枠に配置されれば…
2年越しの8枠ゾロ目決着か?

…というようなシナリオに期待していますが…
いかがでしょうか?

投稿: 帝王の主戦 | 2008年11月12日 (水) 16時06分

  今晩は。
 最近は「若年性痴呆症」の疑いがあり、近々「脳ドック」に行く予定なので、気がついたら一気に行きます。
 サインコサインさんの「ピサノジュバン」が除外対象。から、秋華賞の「ポルトフィーノ」を思い出し、もしや?と思い確認すると、
 「ピサノ」ちゃんは、次のレース「ドンカスターS」にも登録。よもやと思い調べると、このレースは1989年から『始まった』。そう、「第14回エリザベス女王杯」と同じ年。そして今年『始めて』1800㍍ダートに変更。
 どちらに出走しても、面白い馬券になると思います。枠決め前の予想は、「エ杯」
・7-⑭5回連続使用。
・4-⑧前レースのポルトフィーノ枠。
・1-①秋華賞枠。
・2-④同。
・7-⑮同。
当然、「ピサノ」の出走があれば「ドンS」もこの買い方で行きます。

投稿: kinmaru | 2008年11月12日 (水) 17時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212819/43076543

この記事へのトラックバック一覧です: エリザベス女王杯2008サイン攻略4:

« エリザベス女王杯2008サイン攻略3 | トップページ | ポスター2008エリザベス女王杯~JCダート »