« 新潟2歳S&小倉2歳S2008サイン攻略3 | トップページ | 新潟2歳S&小倉2歳S2008サイン攻略5 »

2008年9月 5日 (金)

新潟2歳S&小倉2歳S2008サイン攻略4

新潟2歳S&小倉2歳S CLUB KEIBAのサイン読み2

3連複連動サイン

CLUB KEIBA ルール37
ウインズに行くときは、
周辺グルメも要チェック

(JRA公式HP CLUB KEIBAルール37から引用)

新潟2歳S&小倉2歳S2008サイン攻略3で注目した『ヴィクトリアマイル&安田記念』は、ともに1600MのG1という共通点がありました。
今回行われる新潟2歳Sも1600Mの重賞です。
この部分をもう少し掘り下げてみましょう。

今年行われた1600MのG1は全部で5戦。

フェブラリーS
桜花賞
NHKマイルカップ
ヴィクトリアマイル
安田記念

上記5戦がサインの発信源となる可能性があります。

フェブラリーS当日の東京競馬場ゲストは岡部幸雄氏でした。
なぜタレントではなく岡部氏だったのでしょうか?
それは同氏がG1昇格後初めてのフェブラリーSを勝った騎手だからだと思われます。
JRAのHPにもそのような記述があります。
興味深いのは同じ紹介文の中に『グルメフロンティアで連覇』とも書かれている点です。
詳細はこちら→JRA公式HP フェブラリーS・岡部幸雄さん来場

今週のCLUB KEIBAルールのタイトルにはグルメと書かれていますね。
ヴィクトリアM・安田記念の他にフェブラリーSも重要だという可能性が出てきました。
では桜花賞とNHKマイルカップは?

桜花賞ゲストは眞鍋かをり
眞鍋さんは、今週の小倉競馬場ゲストを務めます。
詳細はこちら→JRA公式HP 桜花賞レース展望・回顧 ゲスト眞鍋かをり
   〃   →JRA公式HP 小倉競馬場・眞鍋かをりトークショー

NHKマイルカップのゲストは榮倉奈々(なな)
今週のルールナンバーは
詳細はこちら→JRA公式HP NHKマイルC・榮倉奈々さん来場

ヴィクトリアマイルのゲストもななでした。
片瀬那奈です。
詳細はこちら→JRA公式HP ヴィクトリアマイル・片瀬那奈さん来場

安田記念の木下優樹菜については、新潟2歳S&小倉2歳S2008サイン攻略3で既に紹介済みですが、記事リンクを貼っておきます。
詳細はこちら→JRA公式HP 安田記念回顧&トーク・特別ゲスト木下優樹菜
   〃   →JRA公式HP 安田記念・駒沢大学吹奏楽部ファンファーレ演奏
   〃   →JRA公式HP 新潟2歳S・木下優樹菜トークショー

今年行われた1600MのG1のすべてが、今週のゲストやCLUB KEIBAルールに関連していることが分りました。

本年度1600M・G1がサインになると判断します。

具体的にはどのようなサインとなるのか?

枠の連動と読みます。
各レースの1・2・3着の枠番を書き出してみましょう。

8-5-8 フェブラリーS
7-8-7 桜花賞
5-3-7 NHKマイルカップ
3-5-1 ヴィクトリアマイル
3-8-2 安田記念

次に安田記念後に行われた1600M重賞を調べます。
該当するレースはひとつしかありませんでした。
関屋記念です。
同じく1・2・3着を書き出します。

8-8-5 関屋記念

フェブラリーSの決まり目を使っていますね。
1600M重賞というキーワードを介しての連動とみてよいと思います。

先ほど私は『1600Mという距離を介して』と言いましたが、連動するレースは必ずしも1600Mである必要はないようです。
『1600M重賞のある日に行われるメインR』であれば連動の対象となる可能性があります。

関屋記念同日の小倉メインR
8-7-7 KBC杯

桜花賞の決まり目を使っています。

今週も、1600M戦である新潟2歳Sだけでなく、他場のメインレースで出現するということも考えておく必要があります。

時系列どおりならば、今回は7-7-8か3-5-7が出現することになりますが、はたしてJRAがそこまでストレートに来るかどうか・・・?
4戦すべてを候補としておきます。

今回のサイン指名候補
枠 7-7-8
枠 3-5-7
枠 1-3-5
枠 2-3-8

にほんブログ村 競馬ブログへ

新潟2歳S&小倉2歳S2008サイン攻略5

JRAサイン競馬暗号完全攻略トップページはこちら

|

« 新潟2歳S&小倉2歳S2008サイン攻略3 | トップページ | 新潟2歳S&小倉2歳S2008サイン攻略5 »

G2・G3-2008」カテゴリの記事

ギャンブル」カテゴリの記事

コメント

携帯閲覧用記事
新潟2歳S&小倉2歳S2008サイン攻略4
【3連複連動サイン】

CLUB KEIBA ルール37
ウインズに行くときは、
周辺グルメも要チェック
(JRA公式HP CLUB KEIBAルール37から引用)

『攻略3』で注目した【ヴィクトリアマイル&安田記念】は、ともに【1600MのG1】という共通点がありました。
今回行われる新潟2歳Sも1600Mの重賞です。
この部分をもう少し掘り下げてみましょう。

今年行われた1600MのG1は全部で5戦。

フェブラリーS
桜花賞
NHKマイルカップ
ヴィクトリアマイル
安田記念

上記5戦がサインの発信源となる可能性があります。

フェブラリーS当日の東京競馬場ゲストは岡部幸雄氏でした。
なぜタレントではなく岡部氏だったのでしょうか?
それは同氏がG1昇格後初めてのフェブラリーSを勝った騎手だからだと思われます。
JRAのHPにもそのような記述があります。
興味深いのは同じ紹介文の中に【グルメフロンティアで連覇】とも書かれている点です。

今週のCLUB KEIBAルールのタイトルには【グルメ】と書かれていますね。
ヴィクトリアM・安田記念の他にフェブラリーSも重要だという可能性が出てきました。
では桜花賞とNHKマイルカップは?

桜花賞ゲストは【眞鍋かをり】
眞鍋さんは【今週の小倉競馬場ゲスト】を務めます。  

NHKマイルカップのゲストは【榮倉奈々(なな)】
今週のルールナンバーは37(なな)。

ヴィクトリアマイルのゲストも【なな】でした。
【片瀬那奈】です。

安田記念の木下優樹菜については『攻略3』で既に紹介済みですね。

今年行われた1600MのG1のすべてが、今週のゲストやCLUB KEIBAルールに関連していることが分りました。

【本年度1600M・G1がサインになると判断します】

具体的にはどのようなサインとなるのか?

枠の連動と読みます。
各レースの1.2.3着の枠番を書き出してみましょう。

8-5-8フェブラリーS
7-8-7桜花賞
5-3-7NHKマイルカップ
3-5-1ヴィクトリアマイル
3-8-2安田記念

次に安田記念後に行われた1600M重賞を調べます。
該当するレースはひとつしかありませんでした。
関屋記念です。
同じく1.2.3着を書き出します。

8-8-5関屋記念

順番を入れ替えていますが【フェブラリーSと100%同じ】ですね。
1600M重賞というキーワードを介しての連動とみてよいと思います。

先ほど私は【1600Mという距離を介して】と言いましたが、連動するレースは必ずしも1600Mである必要はないようです。
【1600M重賞のある日に行われるメインR】であれば連動の対象となる可能性があります。

関屋記念同日の小倉メインR
8-7-7KBC杯

こちらも順番を入れ替えていますが【桜花賞と100%同じ】ですね。
1600M戦である新潟2歳S以外の日曜メインレースで出現するという線も押さえておく必要がありそうです。

時系列どおりならば、今回は7-7-8か3-5-7が出現することになりますが、はたしてJRAがそこまでストレートに来るかどうか・・・?
4戦すべてを候補としておきます。

【今回のサイン指名候補】
枠7-7-8
枠3-5-7
枠1-3-5
枠2-3-8

投稿: ドラゴン | 2008年9月 5日 (金) 23時44分

ドラゴンさん、みなさんこんばんは。
新潟2歳S&小倉2歳S サイン攻略4

新潟2歳Sは安田記念と繋がりがあると考えた理由について

新潟競馬場ゲストが木下優樹菜です。と言ってしまえばもうそれで終わってしまいますが、ここでは別な理由についてお話します。

まずはCLUB KEIBA ルール37についてです。

【ウインズに行くときは、周辺グルメも要チェック】

ウインズの周辺を要チェックと言って置きながら何故、上海なのでしょうか?
横浜、銀座、浅草、渋谷、札幌、広島はウインズが有るから判ります。
なんだかもはや、ウインズの話じゃなくなってきました。と言っていますが
横浜、銀座、浅草、渋谷、札幌、広島についてはウインズの話なのです。
その中で唯一上海だけが異質です。

私はこれについてこう解釈しました。
【上海(中国)の周辺グルメを要チェック】
この繋がりは恐らく上海⇒香港です。
そして香港馬⇒安田記念となります。
CLUB KEIBA ルール37では国という単位で考えている訳ですから私は絶対に有りだと思います。

これ以外にも重要なのが今月の優駿9月号サラブレッド・ヒロイン列伝がダイイチルビーであるという事。
ダイイチルビーといえば今年の安田記念の名勝負・名場面に登場した馬ですね。
サインとして使う可能性は非常に高いと思います。
まずウオッカやダイイチルビーに共通する【牝馬】は押えます。
そして安田記念のダイイチルビーの枠であり今年の安田記念の2枠にも河内厩舎がいた2枠は買います。

最後に今年の安田記念とCLUB KEIBA ルール37から何か共通する箇所はないかどうかを調べてみました。

①文中に出て来る【上海蟹】ですが、これは安田記念の馬名にもしっかりと刻みこまれています。
1枠 1番 【ハイ】アーゲーム 内田博幸
2枠 4番 【ニ】シノマナムスメ 吉田隼人 厩舎河内洋
3枠 5番ウオッ【カ】  岩田康成
6番オー【シャン】エイプス 吉田豊

②グルメを探します。
ここでは最初が【グ】、2文字目が【ル】、最後が【メ】の馬に的を絞ります。
4枠 7番 【グ】ッドババ 香港馬
8枠 18番ア【ル】マダ 香港馬 
2枠 4番ニシノマナムス【メ】 吉田隼人  厩舎河内洋
長くなって見づらかったと思いますが以上です。

新潟2歳S&小倉2歳S サイン攻略4

新潟2歳S⇒安田記念からのサイン注目枠、馬、騎手
○注目枠【2枠】、【4枠】、【8枠】 ※特に2枠、8枠
2枠はダイイチルビー、4枠8枠は【グ】【ル】メ+香港馬、
8枠はアルマダの父タウケイから安田記念ポスターアイテム【時計】の入っていた枠

○注目馬1.ガンズオブナバロン
無敵艦隊アルマダと難攻不落ナバロンの要塞の類似性

○注目馬2.ダイワバーガンディ 
父がブライアンズ【タイム】

○注目騎手 吉田隼人
【牝馬】ダイワバーガンディ騎乗と安田記念ニシノマナムスメ騎乗、厩舎【河内洋】から

投稿: にし | 2008年9月 6日 (土) 01時41分

どうも、まだいまひとつスッキリしません。

5枠9番の松岡正海です。

さかのぼれば、2007年、ヴィクトリーの勝った皐月賞の、
5枠9番サンツェッペリン 2着

あたりから、始まっています。

その理由を解かないかぎり、すんなりと松岡の5枠9番とは、いけないですね。

何方か、見解をお願いします。何でも結構です。

投稿: 菊シャワー | 2008年9月 6日 (土) 02時27分

  ドラゴンさん、皆さん、おはようございます。
 「穴」を探す方が難しいと感じる今日、この頃です。なので、止めました。でもおかげで良いものを見つけましたのでお知らせします。
「横浜」で私の知識の中で分かるのは、「山下公園」と「赤い靴はーいてた、女の子」この2点。
ドラゴンさんの攻略4の後押しで、3枠2着内の確率が高いと見ました。
「新潟」
3-④「ツ」クバホ「ク」トオー
「小倉」
3枠2頭。
ストーンとカラットなので…。
ここが「穴」と判断。
それにしても今回の「枠」決めは「J様」の気まぐれ?
人気で「来る」か「来ない」かはっきり分かれます。馬券は「本命」「穴」に分けて買います。
「新潟」
◎ガンズオブナバロン
○マッハヴェロシティ
▲セイウンワンダー
△エイシンタイガー
△ドリームゼウス
△タニノベルーナ
×ツクバホクトオー
「小倉」
◎ツルマルジャパン
○デグラーティア
▲3枠2頭
△コウエイハート
△シルクナデシコ
△メイクデュース
×ヒットヒットヒット
今回も3連で「穴」、枠で「保険」です。
それでは買われる方のご幸運を祈ります。
 こちらは昨日から「秋のイベント」中。今日は「三尺玉」一発ありの「花火大会」。楽しんできます!

投稿: kinmaru | 2008年9月 6日 (土) 09時32分

 追。
セイウンワンダー、被ってたら済みません。

投稿: kinmaru | 2008年9月 6日 (土) 09時33分

 追伸。
☆気になってしょうがない「ゴールド・メダリスト」も買っておきます。

投稿: kinmaru | 2008年9月 6日 (土) 09時40分

菊シャワーさん こんにちは。
松岡正海の【5枠9番】について 自分の見解です。ポイントは【札幌記念】の【マイネルチャールズ】にあると思います。皐月賞·ダービーと【5枠9番】だった【マイネルチャールズ】がダービー馬【ディープスカイ】の【1枠1番】に配置され負けました。【1枠1番】の対角に配置されたのは【四位洋文】です。そして札幌記念を勝ったのは【5枠】の【タスカータソルテ】です。その【タスカータソルテ】は昨年のダービーで【1枠1番】でした。以上から【松岡正海】の【5枠9番】は勝てると思っています。
もう一つの考え方は【松岡正海】の【5枠9番】ではなく【NHKマイルC】での【ディープスカイ】が勝った【5枠9番】とも受け取れます。【NHKマイルC】で2着だった【後藤浩輝】が同じ【3枠5番】に配置されています。

投稿: ティエリア | 2008年9月 6日 (土) 10時31分

ティエリアさんへ

ありがとうございました!その通りだと思います。
ゴールドスパークルの新馬は、【8,17】ですしね。

くどいようですが、先週二開催共、【16】番人気、サインは、ウオッカ…。
昨年の有馬、16番ウオッカからの連続ドラマ。
きっと、暮れに関係する結果になると考えています。

投稿: 菊シャワー | 2008年9月 6日 (土) 10時48分

既出ならごめんなさい。


エリモプリンセス

【佐】々【木】晶厩舎
【エクセル】マネジメント生産

エクセル伊勢佐木ですね。

投稿: サインコサイン | 2008年9月 6日 (土) 11時48分

 再。
急で、ヒントにも何もならないかもしれませんが、
 家に「へぎそば」の元祖がありました。今年のお中元として新潟の先輩から送られてきたものです。
『皇室献上・老舗の味 布乃利小嶋屋そば』です。盛る器と独特な盛り方が「へぎそば」と呼ばれているそうですね。
 一週遅れの「ネタ」ですが、テーマは「グルメ」なので、新潟ではありませんが小倉の「パレスシュガー」(小島厩舎)。買い足します。

投稿: kinmaru | 2008年9月 6日 (土) 13時04分

これまで新潟2歳ステークスについて書き込んできた内容で唯一スッキリしない点と、攻略4のドラゴンさんのコメント内容がダブってるので少し考え直してみました… 
前述の通り私が注目してる枠は3-4-7。 3-4枠はルール37の【ウインズ】から【ウイン】の複数形、【勝】の複数形。 つまり田中【勝】春と【勝】浦正樹の二人が該当すると判断。 残った7枠は先週の新潟記念の7枠の【ヤスキ】から【安木節】を連想し、これもまたルール37の【どぜう】を暗示したものと判断しました。 そしてこれらの3-4-7枠には共通のテーマとして【グルメ】に関わりの深い【松】【竹】【梅】が隠されていることを発見したはずだったのですが…
3枠の【マツ】と7枠の【竹】は問題ないものの、4枠の【梅】は夏の季語の【青梅】!と書きましたが、これが少し強引かな?と想いが残ったのと、【梅】ならば5枠の【松岡正海】の名前の一番左の部首【木へん】と一番右の部首【毎】を合わせるとハッキリと【梅】になる!?という一抹の不安が残りました。 ただ、【ウインズ】からやはり二人の【勝】は大切にしたいあまり、5枠を直ぐに受け入れることは出来ずにいました。 そんな時、攻略4でドラゴンさんが書かれた内容はとても興味深いもので、連動データからの推理の一つに3-5-7枠も挙げられてました。 これはどういうことでしょう? 仮に5枠が【梅】だとして3-5-7枠が正しいとすれば【ウインズ】はどう解釈すればよいのでしょう? ずっと考えた挙句に閃いたのは…
今回のルール37の『なんだかもはや、ウインズの話じゃなくなってきました。』や『ウインズに行くときは、周辺グルメも要チェック。』から、今回は【ウインズ】そのものではなく【ウインズ周辺】ではないかと… 出馬表で二人の【勝】の周辺とは、つまり二人の【勝】の隣を暗示しているのでは!? この条件を満たすと的中馬券を構成するであろう当該馬は4頭まで絞られます。 まずは3枠の田中勝治の隣のマイネルウェイヴ/後藤浩輝。 続いては5枠で勝浦正樹の隣、セイウンワンダー/岩田康誠。 残る1頭は7枠のどちらか。 7枠の1頭も絞ることが出来るか、推理を続けます。 

投稿: ヒクモト | 2008年9月 6日 (土) 15時16分

みなさん こんにちは。
最終結論を前にここまでをまとめます。
【新潟2歳S】
枠順から考えられるのはおそらく【NHKマイルC】の再現です。
5番 ブラックシェル【後藤浩輝】→マイネルウェイヴ【後藤浩輝】
8番 サダムイダテン【岩田康誠】→セイウンワンダー【岩田康誠】
9番 ディープスカイ
10番 アポロフェニックス【柴田善臣】→マッハヴェロシティ【柴田善臣】
NHKマイルC1着【ディープスカイ】の【5枠9番】の両サイドは新潟2歳Sと同じ【岩田康誠】【柴田善臣】です。このことから1着候補は【ゴールドスパークル】と考えられます。NHKマイルCで【松岡正海】がいた【6番】に【ディープスカイ】と同じ【アグネスタキオン産駒】の【バンガロール】が配置されていることも強調できると思います。NHKマイルC2着【ブラックシェル】の【3枠5番】は今回の【マイネルウェイヴ】と共に【後藤浩輝】です。そして3着【ダノンゴーゴー】は【14番】に配置された【14番人気】でした。今回は【桜花賞馬ダイワスカーレット】の姪【ダイワバーガンディ】が配置されています。鞍上【吉田隼人】は今年の【桜花賞】で【14番】【14番人気】【14着】の【ルルパンブルー】に騎乗しています。
何故【NHKマイルC】なのか? 自分が思うに先週のキーンランドCで【ウオッカ】【ダイワスカーレット】を表現しました。秋競馬の主役候補のうちの2頭です。そうなると今週は主役候補の1頭【ディープスカイ】を表現する可能性はあると思います。同じマイルということでダービーではなく【NHKマイルC】の使用と考えます。
【小倉2歳S】
こちらはルール37から【ウインズ】→【エイジアンウインズ】と【グルメ】→【グルメフロンティア】から考えます。ここにきて【コウエイハート】から【ワンカラット】上位と見方を変更していました。しかし 再び【コウエイハート】上位とします。何故【1枠2番】なのかが分かりました。菊シャワーさんも言われていました【グルメフロンティア】の【中山金杯】【フェブラリーS】の結果。
中山金杯
1着 8枠15番 グルメフロンティア
2着 1枠2番 セイリューオー
フェブラリーS
1着 3枠6番 グルメフロンティア
2着 1枠2番 メイショウモトナリ
【グルメフロンティア】自身の【6番】【15番】より 共に2着に使われた【1枠2番】のが強いと思います。そして【ウインズ周辺】→【エイジアンウインズ周辺】から
3枠5番 ピンクカメオ 内田博幸 父フレンチデピュティ
3枠6番 エイジアンウインズ
4枠7番 タニノハイクレア
【タニノハイクレア】と同馬主・同厩舎の【タニノベローナ】が新潟2歳Sで【2番】に配置されています。さらに2頭しかいない【全走 新潟出走馬】にサンドされていることもいいですね。もちろん週中に強調しました【コウエイロマン】も当然 加味します。
もう2頭はどちらを上位にするか決めかねていますが【ワンカラット】【マルカゼウス】です。【ワンカラット】は【グルメフロンティア】の【6番】であり【エイジアンウインズ】の【6番】でもあることからです。【マルカゼウス】は【グルメフロンティア】の【15番】であること。そして【ピンクカメオ】と同じ【フレンチデピュティ産駒】であり 新潟2歳Sで同じ【15番】に【ピンクカメオ】の鞍上【内田博幸】が配置されていることからです。
両レース共になんとなく綺麗にまとまってきた気がします。これから最後の煮詰める作業に入りたいと思います。 

投稿: ティエリア | 2008年9月 6日 (土) 17時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212819/42387052

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟2歳S&小倉2歳S2008サイン攻略4:

» 競馬予想-JRA牝馬限定戦☆ヒロの記録-桜花支店 2008年9月6日 [競馬予想-JRA牝馬限定戦☆ヒロの記録-桜花支店]
土曜日の競馬予想は2レースです。先週は2勝1敗。今週も5割以上の結果を残すぞ、オー!小倉1R 2歳未勝利戦 芝1200m新馬戦を見る限りテンのスピードはこのメンバーでは先ず楽にハナをきれる。すでに内外の差はなくなっている直線、加えて1Rでローラー...... [続きを読む]

受信: 2008年9月 6日 (土) 05時23分

« 新潟2歳S&小倉2歳S2008サイン攻略3 | トップページ | 新潟2歳S&小倉2歳S2008サイン攻略5 »