« アイビスサマーダッシュ2008サイン攻略6 | トップページ | アイビスサマーダッシュ2008サイン攻略8 »

2008年7月20日 (日)

アイビスサマーダッシュ2008サイン攻略7

アイビスサマーダッシュ 松本零士のサイン読み

999を継ぐもの

先週は『松本零士・銀河鉄道999』サインが完璧に発動しました。

詳細はこちら→
七夕賞&プロキオンS2008サイン攻略2
七夕賞&プロキオンS2008サイン攻略3
七夕賞&プロキオンS2008サイン攻略6

七夕賞
優勝 ミヤビランベリ 9番=正999番(15頭立て)

プロキオンS
優勝 ヴァンクルタテヤマ 11番=正999番(13頭立て)

今週がJRA唯一の芝1000M重賞アイビスSDであるというタイミングからいっても、1週前に『999』がサインになったのは自然なことでした。

『美しいサインでしたね』
普通ならこの言葉で終了です。

しかしこのサイン、まだ続きがあるかもしれません。

松本零士氏は『1000年女王』という作品を書いているからです。

同じ1000なら、小池徹平の相棒ウエンツ主演の『ゲゲゲの鬼太郎・千年呪い歌』や、話題作『崖の上のポニョ』のジブリつながりで『千と千尋の神隠し』という解読の方が自然だとは思います。
しかしここは騙されたと思って私の話を聞いてください。

1000年女王
原作    松本零士
連載    サンケイ新聞朝刊(1980/1/28~1983/5/11)
アニメ版  『銀河鉄道999』の後番組としてフジTVで放映
主人公  雪野 弥生 (ゆきの やよい)
       雨始  (あまもり はじめ)

まずは大前提として、『999』の後を継いだという事実。
これなら今週サインとして使われても問題なしと考えます。

次に、雨森始の『雨』
今週のCLUB KEIBAルール30には『まさかの大雨』とあります。
詳細はこちら→JRA公式ホームページ(CLUB KEIBA)

そして次に(ここからが本題です)、『弥生賞』の1枠をご覧ください。

雪野弥生 弥生賞 ということです。

2007(本年)弥生賞枠順
1枠1番 ミッキージェット 森きゅう舎
1枠2番 タケミカヅチ   大江原きゅう舎

弥生賞の枠のはじめ=1枠1番にきゅう舎。

いい感じになってきたと思いませんか?

さて、これまでにお話ししたことが、どのようにアイビスSDに繋がるのか?
隣に配置された大江原きゅう舎が重要な役割を果たします。

これです。
  ↓
アイビスサマーダッシュ枠順
7枠13番 ステキシンスケクン 森きゅう舎
7枠14番 レヴリ         大江原きゅう舎

この接触状態をもって、『先週の999に続き、1000年女王をサインに使う』という宣言がなされたと私は解釈しました。

では具体的にどのような形でサインは発動するのでしょうか?

最初に考えるべきは13番・14番の接触状態そのものですね。
有力なのは14番レヴリのほうです。
なぜならレヴリは牝馬。
『1000年女王』であれば、やはり主役は牝馬(女)のほうがより相応しいでしょう。

女王・・・そう、女王です!

女王!なのです!!

分りました。
『女王』という言葉が重要なのです。

今回は『2007有馬記念』がひとつのキーとなっていますね。
あのレースにはJRAの女王と呼ぶべき牝馬が2頭出走していたではありませんか!

2007有馬記念出走牝馬
4枠 7番 ダイワスカーレット
8枠16番 ウオッカ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
5枠10番 フサイチパンドラ (出走取り消し)

ダイワスカーレット&ウオッカ。
女王の称号に最も相応しい女馬たちです。
(念のため、エリザベス女王杯馬フサイチパンドラも含め3頭を候補とします)

上記3頭に騎乗した騎手はアイビスSDに騎乗していません。
きゅう舎・調教師・馬主・生産牧場も出走がありません。
ならばサインとして使われるのは、馬番そのものでしょう。

7・10・16番

上記馬番をアイビスSDの出馬表に当てはめると答えが見えてきます。

4枠 7番 エイムアットビップ  ⇒ 牝馬
5枠10番 タマモホットプレイ  ⇒ 牡馬
8枠16番 サープラスシンガー ⇒ 牡馬

『1000年女王』ですから、求める答えは牝馬でしょう。

エイムアットビップをサイン重要指名馬としてマークしますが、念のためもう1頭だけ追加しておきます。

8枠18番 カノヤザクラ ⇒ 牝馬

有馬記念は16頭立て。
アイビスSDは18頭立て。
おのずとズレが生じます。
そこで『8枠大外ウオッカ』を念のためマークしておくということです。

今回のサイン指名馬候補
 7番 エイムアットビップ
14番 レヴリ
18番 カノヤザクラ

これで私のサイン解読は出揃いました。
次回は『最終結論』です。

にほんブログ村 競馬ブログへ

アイビスサマーダッシュ2008サイン攻略8

JRAサイン競馬暗号完全攻略トップページはこちら

|

« アイビスサマーダッシュ2008サイン攻略6 | トップページ | アイビスサマーダッシュ2008サイン攻略8 »

G2・G3-2008」カテゴリの記事

ギャンブル」カテゴリの記事

コメント

携帯閲覧用記事
アイビスサマーダッシュ2008サイン攻略7
【999を継ぐもの】

先週は【松本零士・銀河鉄道999】サインが完璧に発動しました。

七夕賞
優勝ミヤビランベリ9番=正999番(15頭立て)
プロキオンS
優勝ヴァンクルタテヤマ11番=正999番(13頭立て)

今週が1000M重賞アイビスSDというタイミングからいっても、1週前に『999』がサインになったのは自然なことでした。

しかしこのサイン、まだ続きがあるかもしれません。

松本零士氏は【1000年女王】という作品を書いているからです。

【1000年女王】
アニメ版:【銀河鉄道999の後番組】としてフジTVで放映
主人公:雪野 弥生(ゆきのやよい):雨森 始(あまもりはじめ)

まずは大前提として、【999の後を継いだ】という事実。
次に、雨森始の【雨】
今週のCLUB KEIBAルール30には【まさかの大雨】とありますね。

そして次に、雪野【弥生】⇒【弥生賞】ということで【弥生賞】の1枠をご覧ください。

2007弥生賞
1番ミッキージェット【森きゅう舎】
2番タケミカヅチ【大江原きゅう舎】

【弥生】賞の枠の【はじめ】=1枠1番に【森】きゅう舎。

いい感じになってきました。

さて、これまでにお話ししたことが、どのようにアイビスSDに繋がるのか?
隣に配置された大江原きゅう舎が重要な役割を果たします。

アイビスサマーダッシュ
7枠13番ステキシンスケクン【森きゅう舎】
7枠14番レヴリ【大江原きゅう舎】

この接触状態をもって【先週の999に続き、1000年女王をサインに使う】という宣言がなされたと私は解釈しました。

では具体的にどのような形でサインは発動するのでしょうか?

最初に考えるべきは13番・14番の接触状態そのものですね。
有力なのは14番牝馬のレヴリ。
『1000年女王』であれば、やはり主役は牝馬(女)でしょう。

女王…そう、【女王】という言葉が重要なのです!

私の中では、今回は【2007有馬記念】が重要な解読キーとなっています。
あのレースにはJRAの女王と呼ぶべき牝馬が2頭出走していたではありませんか!

2007有馬記念出走牝馬
4枠7番ダイワスカーレット
8枠16番ウオッカ
・・・・・・・・・・・・・
5枠10番 フサイチパンドラ (出走取り消し)

女王の称号に最も相応しい女馬たちです。
(念のため、エリザベス女王杯馬フサイチパンドラも含め3頭を候補とします)

上記3頭に騎乗した騎手はアイビスSDに騎乗していません。
きゅう舎・調教師・馬主・生産牧場も出走がありません。
ならばサインとして使われるのは、馬番そのものでしょう。

7・10・16番

上記馬番をアイビスSDの出馬表に当てはめると答えが見えてきます。

4枠7番エイムアットビップ⇒牝
5枠10番タマモホットプレイ⇒牡
8枠16番サープラスシンガー⇒牡

『1000年女王』ですから、求める答えは【牝馬】でしょう。

エイムアットビップをサイン重要指名馬としてマークしますが、念のためもう1頭だけ追加しておきます。

8枠18番カノヤザクラ⇒牝

有馬記念は16頭立て。
アイビスSDは18頭立て。
おのずとズレが生じます。
そこで【8枠大外ウオッカ】を念のためマークしておくということです。

【今回のサイン指名馬候補】
7番エイムアットビップ
14番レヴリ
18番カノヤザクラ

私のサイン解読は出揃いました。
次回は『最終結論』です。

投稿: ドラゴン | 2008年7月20日 (日) 02時05分

ドラゴンさん皆さんこんばんは。
CLUB kIBAルール30、ディープインパクト応援馬券からの私の解読では
ディープインパクトとヘヴンリーロマンスのGIに共通する4枠と7番とディープ有馬記念敗戦から橋口厩舎の8枠を最重要視しています。

2005年菊花賞4枠7番ディープインパクト 優勝
2005年有馬記念4枠7番ヘヴンリーロマンス 6着
2006年天皇賞(春)4枠7番ディープインパクト 優勝(前回の考察から追加)

どれも4枠ですので4枠は重視、8枠については以前書いた橋口厩舎がいますのでこれも重視します。
今週のCLUB KEIBAルール30の【まさか】の大雨から
8枠の頭文字3頭で【まさか】になっているのも良いです。

17番のマルブツイースターを本命に格上げしたのは2006年天皇賞(春)の17番にブルー【トルネード】が配置されているからです。
以前書いた内容とほぼ同じになりますが

レーダイ前半部
【烈風】の軌【跡】を【追】え⇒【烈風の追跡】⇒【竜巻の追跡】⇒マルブ【ツイースター】⇒ブルー【トルネード】という流れです。

現役を引退すること表明した野茂英雄からトルネード投法という線もあるかと思います。

8番エムオーウイナーを対抗にした理由は去年の4Rで千葉直人の左13番には
村田騎手(2007年アイビスSD1着)が配置されていたのに対して、
今年は4Rの千葉直人の左8番には熊沢騎手が配置されているからです。

千葉直人の左+馬番の一致で考えた場合、今年のアイビスSDではここだけが該当するので重視します。
カノヤザクラ(橋口厩舎)はサイン馬だと感じるので思い切って切る事にしました。


ディープインパクト応援馬券からのアイビスSD最終結論

最重要視枠【8枠、4枠】

◎7番エイムアットビップ、17番マルブツイースター
○8番エムオーウイナー
▲1番アポロドルチェ
△11番ナカヤマパラダイス


枠連4-8
馬単   17-8(高配当狙い)
馬連1  7-17、8、1、11
馬連2  17-8、1、11

3連単フォーメーション
7、17、8-7、17、8-1、11

それでは勝負される皆さん頑張ってください!!

投稿: にし | 2008年7月20日 (日) 02時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212819/41908299

この記事へのトラックバック一覧です: アイビスサマーダッシュ2008サイン攻略7:

« アイビスサマーダッシュ2008サイン攻略6 | トップページ | アイビスサマーダッシュ2008サイン攻略8 »