« ヴィクトリアマイル2008サイン攻略4 | トップページ | ヴィクトリアマイル2008サイン攻略6 »

2008年5月16日 (金)

ヴィクトリアマイル2008サイン攻略5

ヴィクトリアマイル ポスターのサイン読み

サンデー VS 非サンデー

ヴィクトリアマイル。
春の古馬牝馬最強決定戦であるこのレースは、誕生からわずか2回の歴史しかありません。
しかしその浅い歴史の中に、他の牝馬限定G1とは異なる、ある際立った特徴があります。

過去2年の馬券圏内馬6頭すべての父系がサンデーサイレンス(SS)系なのです。

2006第1回ヴィクトリアマイル
優勝 ダンスインザムード 父SS
2着 エアメサイア     父SS
3着 ディアデラノビア   父SS
(4着コスモマーベラス   父フジキセキ)

2007第2回ヴィクトリアマイル
優勝 コイウタ        父フジキセキ
2着 アサヒライジング  父ロイヤルタッチ
3着 デアリングハート  父SS
(4着 キストゥヘヴン    父アドマイヤベガ)

単に『サンデーサイレンス産駒が強いから』という可能性もあります。
他の牝馬限定G1の結果と比べてみましょう。
データは過去10年(1998~2007)です。

エリザベス女王杯
優勝SS系 ⇒ 5
2着 SS系 ⇒ 6
3着 SS系 ⇒ 4

桜花賞
優勝SS系 ⇒ 5
2着 SS系 ⇒ 6
3着 SS系 ⇒ 7

オークス
優勝SS系 ⇒ 3
2着 SS系 ⇒ 7
3着 SS系 ⇒ 2

秋華賞
優勝SS系 ⇒ 3
2着 SS系 ⇒ 4
3着 SS系 ⇒ 1

馬券圏内馬120頭(4つのG1×10年)のうち父SS系は53頭。
率にして44%です。
この数字自体は、さすがSS系といえるものです。
しかし、ヴィクトリアマイルの100%には遠く及びません。
また全40レース(4つのG1×10年)のうち、『1・2・3着、父SS系独占』だったのは2戦のみ。

『2年連続。100%』という状況が普通ではないことが分りますね。

この結果をみて大方の競馬ファンは、『ヴィクトリアマイルに要求される能力が、SS系の適性にピッタリだから』と考えるのではないかと思います。
しかし、サイン派としての答えは別にあります。
それは、ヴィクトリアマイルというレース名そのものに関わる符合です。

ヴィクトリアとは『ヴィクトリア女王』を指しています。
女王は競走馬の生産をしていました。
そして彼女が生産した馬の中に、極めて優秀な牝馬が1頭存在しました。

La Fleche (ラフレッシュ)
イギリス牝馬クラシック三冠馬

ラフレッシュは牝系を伸ばし、その末裔は現代日本競馬に大きな影響を与えています。
その末裔とは・・・

サンデーサイレンス

ヴィクトリア女王がラフレッシュを作らなければ、サンデーサイレンスはこの世に生を受けることはなかったのです。

だからこそヴィクトリアマイルはSS系が独占しているのだと考えます。
別の角度から考えると、『SS系に合致するレース条件だからこそヴィクトリアマイルというレース名が与えられた』ということなのかもしれません。

そうだとすると、未来永劫ヴィクトリアマイルはSS系が独占するのでしょうか?
常識的に考えて、さすがにそれはありえないと思います。
いつかこの流れは途絶えるはず。
ならば、『JRAはそれをサインとして教えてくれるのではないか』と考えました。

解読キーは『女王』という文字であると判断しました。

2006年第1回ヴィクトリアマイル・レーシングダイアリー
『憧憬を刻み込む歴史、鮮やかに降臨する初代女王

2007第2回ヴィクトリアマイル・ポスター
女王たちが舞い降りる直線』

過去2回には『女王』という文字が出現していました。
この2文字を入れることにより『ヴィクトリア女王 ⇒ SS系レース』を暗示していたのでしょう。

第1回の『憧憬(どうけい)』 ⇒ 『同系』。
これは『SS系レースの始まり』を宣言していたのかもしれません。
だとすると、この流れが終わる時、JRAは『女王』というサインワードを使わないでしょう。
そうすることにより『父SS系レースの終了』を告げるのだと推測しました。

今回のダイアリー、そしてポスターの中に『女王』は存在しません。
ということは、3回目にして早くも『父SS系』の終焉を迎えるということなのでしょうか?

YESかもしれず、NOかもしれません。
なぜならポスターに『女王』が隠されていることを発見してしまったからです。

心と戦おう。』 ⇒ 『女王

なぜJRAはこんなに面倒な隠し方をしたのでしょうか?
私は『父SS系独占の可能性』と『父非SS系が混じる可能性』が同じくらいにあるとJRAが考えているのではないかと思います。
だからこそ『女王』ではなく、どちらとも取れる『女おう』という暗号にした。

そうだとしても、これだけでは勝ち馬を特定できませんね。
そこで私は以下の作戦をとることにしました。

『父SS系のみの3連単』

『SS系の独占』と『非SS系の混入』
仮に確率が同じなら『1・2番人気(ウオッカ・ベッラレイア)を切れる』ほうが期待値が高いことは言うまでもありません。
結果としてウオッカ&ベッラレイアが馬券になった時は低配当でしょうから、その時は諦めもつくというものです。

今回のサイン指名馬候補
サンデーサイレンス系のみ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ヴィクトリアマイル2008サイン攻略6

JRAサイン競馬暗号完全攻略トップページはこちら

|

« ヴィクトリアマイル2008サイン攻略4 | トップページ | ヴィクトリアマイル2008サイン攻略6 »

G1-2008前期」カテゴリの記事

ギャンブル」カテゴリの記事

コメント

携帯閲覧用記事
ヴィクトリアマイル2008サイン攻略5
【サンデーVS非サンデー】

ヴィクトリアマイルには際立った特徴があります。
過去2年の馬券圏内馬6頭すべての父系がサンデーサイレンス(SS)系なのです。
どれくらい異常なことなのか、他の牝馬G1と比べてみましょう。

以下は【父SS系が1・2・3着に入った数】です。
左から順に1・2・3着
対象期間:過去10年(1998~2007)

エリザベス女王杯5・6・4
桜花賞5・6・7
オークス3・7・2
秋華賞3・4・1

馬券圏内馬120頭(4つのG1×10年)のうち父SS系は53頭。
率にして44%。
この数字自体は、さすがSS系といえるものです。
しかし、ヴィクトリアマイルの100%には遠く及びません。
また全40レース(4つのG1×10年)のうち、【1・2・3着、父SS系独占】だったのは2戦のみ。

【2年連続。100%】という状況が普通ではないことが分りますね。

この結果をみて大方の競馬ファンは、『ヴィクトリアマイルに要求される能力が、SS系の適性にピッタリだから』と考えるのではないかと思います。
しかし、サイン派としての答えは別にあります。
それは、ヴィクトリアマイルというレース名そのものに関わる符合です。

ヴィクトリアとは『ヴィクトリア女王』を指しています。
女王は競走馬の生産をしていました。
そして彼女が生産した馬の中に、極めて優秀な牝馬が1頭存在しました。

La Fleche (ラフレッシュ)
イギリス牝馬クラシック三冠馬

ラフレッシュは牝系を伸ばし、その末裔は現代日本競馬に大きな影響を与えています。
その末裔とは・・・

【サンデーサイレンス】

ヴィクトリア女王がラフレッシュを作らなければ、サンデーサイレンスはこの世に生を受けることはなかったのです。

だからこそヴィクトリアマイルはSS系が独占しているのだと考えます。
別の角度から考えると、『SS系に合致するレース条件だからこそヴィクトリアマイルというレース名が与えられた』ということなのかもしれません。

だとすると、未来永劫ヴィクトリアマイルはSS系が独占するのでしょうか?
常識的に考えて、それはありえないと思います。
いつかこの流れは途絶えるはず。
ならば、『JRAはそれをサインとして教えてくれるのではないか』と考えました。

解読キーは『女王』という文字であると判断しました。

第1回レーシングダイアリー
『憧憬を刻み込む歴史、鮮やかに降臨する初代【女王】』

第2回ポスター
『【女王】たちが舞い降りる直線』

過去2回には『女王』という文字が出現していたのです。
『女王』をプラスすることにより『ヴィクトリア女王⇒SS系レース』を強調していたのではないでしょうか。
第1回の【憧憬(どうけい)】⇒【同系】
これも【SS同系レースの始まり】を示していたのかもしれません。
だとすると、この流れが終わる時、JRAは『女王』というサインワードを使わないでしょう。

今回のダイアリー、そしてポスターを一見すると『女王』は存在しません。
すかし・・・

【女】心と戦【おう】⇒【女王】

この隠し方は、【父SS系独占の可能性】と【父非SS系が混じる可能性】が同じくらいにあるとJRAが考えているからだと判断しました。

しかしこれだけでは勝ち馬を特定できませんね。
そこで私は以下の作戦をとることにしました。

【父SS系のみの3連単】

仮に確率が同じなら『1・2番人気(ウオッカ・ベッラレイア)を切れる』ほうが期待値が高いことは言うまでもありません。
結果として1・2番人気が馬券になった時は低配当でしょうから、その時は諦めもつくというものです。

【今回のサイン指名馬候補】⇒【サンデーサイレンス系のみ】

投稿: ドラゴン | 2008年5月16日 (金) 22時26分

父非SS系と父SSが 交互に勝っている今年のG1 メリーさん 当初は ニシノマナムスメで行く予定でしたが 8番で買います トウカイオスカー気になりますけど… 今回は 父非SSが勝つはずなのですが

投稿: トゥレシャス | 2008年5月17日 (土) 06時17分

おはようございますo(^-^)oステイです。最終結論。第一回、ロ‐ズS.エリザ.VMから河内ニシノマナムスメ◎、今回の第三回、同3レ‐スから全て〔タケ〕のキ‐ワ‐ド、ウォッカ〇、女心の女王対決、安勝ジョリ‐ダンス▲、女王の大好きな金、ステイゴ‐ルド産駒が大穴★4‐8‐9‐10‐13の5頭ボックス3連休単で勝負!GOOD LUCK(*^o^*)

投稿: ステイゴ‐ルド | 2008年5月17日 (土) 07時08分

おはようございます
レーダイの「鮮やかに纏え」ですが
汗取のことかな?と思ってます。
調教でウォッカが緑の汗取付けてますね。horse

投稿: からあげ | 2008年5月17日 (土) 07時27分

皆さんおはよう

土曜 VマイルC 7:13 ウオッカ単勝 1.9

一時間後 単勝1.5

7:13 トウカイオスカー単勝 33.2

一時間後 単勝10.0

投稿: ピピ | 2008年5月17日 (土) 08時36分

ドラゴンさん・・・
うーむ流石です・・・
それならば昨年のG1馬全滅も理解できますねー^^;
私もその作戦で両パターンからでいこうかなと思います

ちなみに
Rのドラゴンさんとは比較にならないほどの見解をどうぞ^^;
女心と戦おう→・おで始りうで終わる反対読みでうおウオッカ
       ・おう反対読みでウオッカ
       ・女心を持つニシノ(愛娘)
       ・女心を持つ兄弟馬(ジョ)イフル(ハート)のブルーメンブラット
       ・女心と秋の空で(秋)山ベッラレイア
       ・戦うの単の部分を持つ後藤浩(輝)ブルーメンブラット
       ・女心と戦おう=6文字馬名、中でもキーワードに配当するベッラレイア、秋の空=ころころ変わる連想から雨レインダンス(多少強引^^;)

あと、女の部分にだけ注目すれば(安)藤(ジョ)リーダンス
ちなみに・・・馬主の小林薫の薫の字は薔薇の薔に少し似ている気が・・・^^;
ポスターの薔薇が香る(薫)?^^;
そして、パーフェクト(ジョ)イ

それからフラッシュの白い羽根は兄弟にタイキ(シャトル)を持つタイキマドレーヌの示唆か?同枠(隼)のニシノマナムスメの示唆ではないかとも感じます・・・

投稿: R | 2008年5月17日 (土) 09時33分

  ドラゴンさん、皆さん、おはようございます。
 ドラゴンさん、の言うとおり「ラフレッシュ」なんですよね。末裔はSSでしたか、調べようとは思いましたが、知ってしまうと多分、予想を転換することになるかと思い、今日に至りました。
 やっぱり「77」の2枠と「666」の呪われた『オーメン』8枠はどうしましょうか?迷いますね。どの位の確率かは分かりませんが(私の記憶では何回かあった気がします)、「GⅠ2週連続同じ決まり目」も買ってみます。
3-⑤、5-⑨といきたい処ですが、やっぱり3-5枠のBOXでしょうね。
 さて、「ローカル新聞」は、
◎2枠④ジョリーダンス
○7枠⑬ニシニマナムスメ
▲5枠⑨ウオッカ
△エイジアンウインズ
△マイネカンナ
△ローブデコルテ
と、大胆な予想をしています。決して私の予想ではありませんので…。また少し考えてみます。

投稿: kinmaru | 2008年5月17日 (土) 09時58分

済みません。
ニシノマナムスメです。

投稿: kinmaru | 2008年5月17日 (土) 10時06分

みなさん こんにちは。
ポスターの薔薇はもしかして…
京王杯SCのスズカフェニックスの母【ローズ】オブスズカを指してたり…

投稿: ティエリア | 2008年5月17日 (土) 11時05分

おはようございます。
!
トゥレシャスさん8番ですか...
実は私もクラブ競馬ルール21...ユニコーンもペガサスも好きから、枠連【3-4】が気になってるんですよ、両方3-4でしたから...

投稿: メリーさん | 2008年5月17日 (土) 11時22分

追記!

女心と戦おう!から...
女心がいつも戦っていること、それはアンチエイジングですね!
【エイジアンウインズ】・・・・浮上!

投稿: メリーさん | 2008年5月17日 (土) 11時48分

今週は アジア風ですからねぇ〜 さすがに枠連1−3 紅白は中国に失礼ですよね 衝撃は続いているかもしれないし… 5枠でも 10番の方を買いました

投稿: トゥレシャス | 2008年5月17日 (土) 12時12分

信じています 佐藤 浩市 カメの名前は… トウカイテイオー さすがにストレートすぎるかな

投稿: トゥレシャス | 2008年5月17日 (土) 12時26分

Rさんが書いていた、ルール21に賛同して、調べてみました。
蒼井優は「ポニーも、シマウマも、ユニコーンも、ペガサスも好き」と言っています。
ポニーがシマウマになり、角生えて、最後に翼が生えます。
ポニーとシマウマが暗示するものは、1枠2枠の小さい馬かな?
角生えてペガサスは、もちろん角居厩舎のウォッカです。ペガサスの意味はペガサスステークスと読み、調べてみると現在のアーリントンカップです。そして、アーリントンカップ勝ち馬であるタニノギムレットを父に持つウォッカを導き出しているんです。
ちなみに、今年のアーリントンカップの勝ち馬は、先日亡くなった橋本師のダンツキッスイ(藤田騎手)なので3枠も警戒です。
というわけでルール21より、
◎9 ウォッカ
〇16マイネカンナ(前走426kg)
〇10アルコセニョーラ(前走428kg)どちらか
▲ 6エイジアンウィンズ
押さえに1枠、2枠少々。
でどうでしょうか??

投稿: ルドルフ3世 | 2008年5月17日 (土) 12時39分

ラフレッシュの牝系調べたら、下記3号系統です。
牡馬ではサンデーサイレンスが有名ですが、牝系のラインとしては、なんと今回のウォッカが該当します。つまり、ウォッカは非サンデーでも、このレースに勝つ資格があるということになります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/3%E5%8F%B7%E6%97%8F

投稿: ルドルフ3世 | 2008年5月18日 (日) 08時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212819/41227210

この記事へのトラックバック一覧です: ヴィクトリアマイル2008サイン攻略5:

« ヴィクトリアマイル2008サイン攻略4 | トップページ | ヴィクトリアマイル2008サイン攻略6 »