« NHKマイルC2008サイン攻略3 | トップページ | NHKマイルC2008サイン攻略5 »

2008年5月 9日 (金)

NHKマイルC2008サイン攻略4

NHKマイルカップ ポスターのサイン読み1

本命は◎とハート

さまざまな解読の寄せられている話題の連作ポスター。
『5週間を貫くシリーズサインが隠されている』という可能性が高いと思います。
しかし、まだどう解釈すればよいのか答の出せない状況です。
そこで今週のポスター解読は、NHKマイルカップ単体として考えることにしました。
とはいうものの、もしこの解釈が正解であったなら、次週以降にも応用できるかもしれません。

NHKマイルC2008サイン攻略1で紹介したように、今回のポスターは『第1回ヴィクトリアマイルのポスター』の構図と酷似しています。

解読キーは第1回ヴィクトリアマイルにあると推理しました。

2008NHKマイルCキャッチコピー
『本命には◎とheartを。』

STEP 1

『◎=1番人気』と解釈。
第1回ヴィクトリアマイルの1番人気はこの馬です。

ラインクラフト 1番人気

同馬の属性がサインになるかもしれません。
戦歴をそっくり再現している馬が、今回のNHKマイル出走馬の中に存在するのです。

ラインクラフト
ファンタジーS → 阪神JF → フィリーズレビュー → 桜花賞 → NHKマイルC(優勝)
   ↓
エイムアットビップ
ファンタジーS → 阪神JF → フィリーズレビュー → 桜花賞 → NHKマイルC

エイムアットビップおよびその同枠馬には注意が必要と考えます。

STEP 2

heart=ハートを持つ馬』と解釈。
第1回ヴィクトリアマイルには、ハートを名前に持つ馬が1頭出走していました。

デアリングハート

そしてこの馬は、ラインクラフトの勝った第10回NHKマイルCの2着馬でもあります。
つまりこういう図式になるのです。

第1回ヴィクトリアマイル出走の『◎とハート』
        

第10回NHKマイルCの1・2着馬

意味深な符合だと思いませんか?
ラインクラフトとデアリングハート。
この2頭がサインを発信すると考えました。
ヴィクトリアマイル・NHKマイルCでの両馬の配置はこれです。

第1回ヴィクトリアマイル
3枠 6番 ラインクラフト   福永祐一 ノーザンF産
7枠15番 デアリングハート 藤田伸二

第10回NHKマイルC
6枠12番 ラインクラフト   福永祐一  優勝
7枠13番 デアリングハート 後藤浩輝  2着

馬番・騎手そして生産牧場をサインに使うのではないでしょうか。
今回の配置に意図的な一致がないか調べてみましょう。
(きゅう舎・馬主の一致はありません)

第13回NHKマイルC
3枠 5番 ブラックシェル    後藤浩輝 ノーザンF産
3枠 6番 エイムアットビップ
6枠12番 リーガルスキーム
7枠13番 セッカチセージ
7枠15番 ファリダット
8枠16番 エーシンフォワード 福永祐一
8枠18番 ダンツキッスイ    藤田伸二

7頭がピックアップされました。
少し多いですが、まだ最初の攻略なので無理に消す必要もないでしょう。
とりあえず全馬ピックアップしておきます。
ただし、序列だけは付けておこうと思います。

『本命には◎とheartを。』というコピーは、ラインクラフト・デアリングハートの2頭とも使うというメッセージなのではないかと考えました。

3枠&8枠&12番を上位に採ります。

3枠
ラインクラフトの再現馬エイムアットビップが優勝馬番6番にズバリ配置。
そして同枠には後藤浩輝。
普段のレースなら複数頭いるノーザンF産はブラックシェルただ1頭。
武豊から乗り替わったのが『後藤』というのも偶然ではないのかもしれませんね。

8枠
福永&藤田の同居。

12番
第10回NHKマイルC優勝馬番であり、配置されたリーガルスキームの馬主は『キャロットファーム』です。
ポスターに描かれた『ニンジン(carrot)』そのものですからマークは外せません。
デアリングからの指名を受けていないので、3・8枠より下位にとどめました。

今回のサイン指名馬候補
ブラックシェル
エイムアットビップ
エーシンフォワード
ダンツキッスイ
リーガルスキーム
セッカチセージ
ファリダット

にほんブログ村 競馬ブログへ

NHKマイルC2008サイン攻略5

JRAサイン競馬暗号完全攻略トップページはこちら

|

« NHKマイルC2008サイン攻略3 | トップページ | NHKマイルC2008サイン攻略5 »

G1-2008前期」カテゴリの記事

ギャンブル」カテゴリの記事

コメント

携帯閲覧用記事
NHKマイルC2008サイン攻略4
【本命は◎とハート】

話題の連作ポスターには【5週間を貫くシリーズサインが隠されている】という可能性が高いと思います。
しかし、まだどう解釈すればよいのか答の出せない状況なので、今週は、NHKマイルカップ単体として考えます。
とはいうものの、もしこの解釈が正解であったなら、次週以降にも応用できるかもしれません。

『サイン攻略1』で紹介したように、今回のポスターは【第1回ヴィクトリアマイルポスターの構図と酷似】しています。
解読キーは第1回ヴィクトリアマイルにあると推理しました。

キャッチコピー『本命には◎とを。』

【STEP1】
『◎=1番人気』と解釈。
第1回ヴィクトリアマイルの1番人気はこの馬です。
【ラインクラフト】

同馬の戦歴をそっくり再現している馬が、今回のNHKマイル出走馬の中に存在します。

【ラインクラフト】⇒ファンタジーS→阪神JF→フィリーズレビュー→桜花賞→NHKマイルC(優勝)

【エイムアットビップ】⇒ファンタジーS→阪神JF→フィリーズレビュー→桜花賞→NHKマイルC

エイムアットビップおよびその同枠馬には注意が必要と考えます。

【STEP2】
『=ハートを持つ馬』と解釈。
第1回ヴィクトリアマイルには、ハートを名前に持つ馬が1頭出走していました。
【デアリングハート】

そしてこの馬は、ラインクラフトの勝った第10回NHKマイルCの2着馬でもあります。
つまりこういう図式になるのです。

【第1回ヴィクトリアマイル出走の◎とハート】

【第10回NHKマイルCの1・2着馬】

意味深な符合だと思いませんか?
ヴィクトリアマイル・NHKマイルCでの両馬の配置はこれです。

第1回ヴィクトリアマイル
3枠6番ラインクラフト「・福永祐一・ノーザンF産
7枠15番デアリングハート・藤田伸二

第10回NHKマイルC
6枠12番ラインクラフト・福永祐一【優勝】
7枠13番デアリングハート・後藤浩輝【2着】

馬番・騎手そして生産牧場を使うのではないでしょうか。
今回の配置に意図的な一致がないか調べてみましょう。
(きゅう舎・馬主の一致はありません)

第13回NHKマイルC
3枠5番ブラックシェル・後藤浩輝・ノーザンF産
3枠6番エイムアットビップ
6枠12番リーガルスキーム
7枠13番セッカチセージ
7枠15番ファリダット
8枠16番エーシンフォワード・福永祐一
8枠18番ダンツキッスイ・藤田伸二

7頭がピックアップされました。
現段階では無理に絞る必要もないでしょう。
全馬ピックアップしておきます。
ただし、序列だけは付けておこうと思います。

『本命には◎とを。』というコピーは、【ラインクラフト・デアリングハートの2頭とも使うというメッセージ】なのではないかと考えました。

3枠&8枠&12番を上位に採ります。

3枠⇒エイムアットビップが優勝馬番6番にズバリ配置。
そして同枠には後藤浩輝。
今回ノーザンF産はブラックシェルただ1頭。
武豊から乗り替わったのが『後藤』というのも偶然ではないのかもしれませんね。

8枠⇒福永&藤田の同居。

12番⇒第10回NHKマイルC優勝馬番であり、配置されたリーガルスキームの馬主は『キャロット(にんじん)ファーム』です。
デアリングからの指名を受けていないので、3・8枠より下位にとどめました。

【今回のサイン指名馬候補】
ブラックシェル・エイムアットビップ・エーシンフォワード・ダンツキッスイ・リーガルスキーム・セッカチセージ・ファリダット

投稿: ドラゴン | 2008年5月 9日 (金) 12時07分

トシさんへ

6枠は私が考えていた構成になりませんでした。
ラインクラフト&デアリングハートの属性を両方入れてくるのを期待していたのですが…。
せっかく待っていただいたのにすみません。
心置きなくトシさんの6枠解読を公開してくださいhappy01

投稿: ドラゴン | 2008年5月 9日 (金) 12時30分

ドラゴンさん13番 セッカチセージは7枠ですね。

投稿: トシ | 2008年5月 9日 (金) 12時30分

トシさん、Rさん、ご指摘ありがとうございます。

速攻で訂正しました。
セッカチ星人になってしまいました。
でも、おふたりのおかげで素早く地球人に戻れたので良かったですbleah

投稿: ドラゴン | 2008年5月 9日 (金) 12時40分

ドラゴンさんこんにちは。
ラインクラフトですか。
福永+エー新は買いですね。状態がいいから狙いに来てるでしょう。
エイム6番も熱いですね。でも馬の出来は100%にはとどかないそうです。
デアリングに乗ってた藤田騎手が春天で目玉ポッパーに乗ってたのも気になります。
あとドリーム軍団が春天に続き7番に!何か引っ張ってるんでしょうか?
配置も意図的ですよね。
前走G1出走4頭が横並び。
マル外馬4頭横並び。

関係者は本当の所は言わないのですが間違いなくディープスカイが1番状態良いと思うんですが。
2006ヴィクトリアの最下位馬番9に入りました。

投稿: タネちん | 2008年5月 9日 (金) 13時58分

ドラゴンさん、みなさん、たまに土足で入って来てすみません。馬真眼と申します。早速ですが私が気になっている事、それは、ルール20(馬を愛するように、会長も愛するべし)の(会長)です。今回、中村均(日本調教師会 会長)、柴田善臣(日本騎手クラブ会長)が、それぞれの立場で参戦しています。4枠8番サダムイダテン、5枠10番アポロフェニックス。ルール16の(桜花賞)の私なりの解釈、桜花賞の、1番人気(◎)、ハート馬名が、配置された場所ですね。間違ってたらすみません、確認はして下さい。その辺からも少し考えて見ます。パソコンに慣れていないもので、読みずらい部分は、お許し下さい。失礼します。

投稿: 馬真眼 | 2008年5月 9日 (金) 14時07分

追伸・・・・桜花賞(5枠10番)、青葉賞(4枠8番)共に、1番人気(キャロットファーム)で、敗退しています。今回は、4-8-12かな?そんなに簡単ではないですよね・・。

投稿: 馬真眼 | 2008年5月 9日 (金) 14時26分

4-8-12じゃなくて8-10-12でした。訂正とお詫びを申し上げます。

投稿: 馬真眼 | 2008年5月 9日 (金) 14時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212819/41137716

この記事へのトラックバック一覧です: NHKマイルC2008サイン攻略4:

« NHKマイルC2008サイン攻略3 | トップページ | NHKマイルC2008サイン攻略5 »