« ダービー卿CT&大阪杯2008サイン攻略5 | トップページ | ダービー卿CT&大阪杯2008サイン攻略7 »

2008年4月 5日 (土)

ダービー卿CT&大阪杯2008サイン攻略6

ダービー卿CT&大阪杯 レーシングプログラムのサイン読み3

サインは三冠馬!

今回は『名勝負』からダービー卿CTについて解読します。

最初に考えたのは『名勝負』勝ち馬・サクラユタカオーです。
今回のダービー卿CTにはサクラユタカオーの血を引く馬が3頭出走しています。
出馬表のどこに配置されているのかをこれからご覧にいれますが、同時に別の馬の属性も併せて考えたいと思います。
それは、『名勝負』冒頭に登場する馬シンボリルドルフそしてシンザンです。
言うまでもありませんが、どちらも三冠馬ですね。

『サクラユタカオーの血脈』『三冠馬という属性』を考えた時、JRAの作意が見えてきます。

1枠1番 リザーブカード  父父サクラユタカオー
1枠2番 ピンクカメオ   金子真人HD(三冠馬ディープインパクトの馬主)
2枠3番 ナスノストローク 父父サクラユタカオー
2枠4番 カンファーベスト 母父シンザン
4枠8番 キングストレイル 藤沢和雄(三冠馬シンボリルドルフの調教助手)
5枠9番 シンボリグラン  T.ワダ(三冠馬シンボリルドルフの馬主・和田共弘の息子)
8枠15番 ショウワモダン 父父サクラユタカオー

この中に勝ち馬(馬券圏内確保馬)がいると判断しました。
どの馬でしょうか?
いろいろな考え方があると思うのですが、私は上記に登場した三冠馬3頭の戦歴にその答えを求めました。

1.三冠馬3頭の中山重賞出走時における枠・馬番

シンザン
1965有馬記念     4枠 4番 優勝
(シンザンの皐月賞は東京競馬場で行われました)

シンボリルドルフ
1984弥生賞       7枠12番 優勝
1984皐月賞       5枠10番 優勝
1984セントライト記念 5枠 5番 優勝
1984有馬記念     4枠 4番 優勝
1985日経賞       6枠 6番 優勝
1985有馬記念     6枠 6番 優勝

ディープインパクト
2005弥生賞      8枠10番 優勝
2005皐月賞      7枠14番 優勝
2005有馬記念     3枠 6番  2着
2006有馬記念     3枠 4番 優勝

3頭すべてに共通するのは『馬番4』です。

2.三冠馬3頭のダービー優勝時における枠・馬番
(レース名ダービー卿CTからの連想です)

シンザン
1965ダービー 4枠10番 優勝

シンボリルドルフ
1984ダービー 4枠10番 優勝

ディープインパクト
2005ダービー 3枠 5番 優勝

3頭に共通する枠・馬番はありません。
しかし、『名勝負』文中に登場する2頭(シンザン・ルドルフ)だけを考えた場合、ある事実が浮かび上がります。

『中山重賞』『ダービー』の両方に共通する枠が存在するのです。

『4枠』です。

以上のことから、次の2頭をサイン指名馬としてピックアップします。

2枠4番 カンファーベスト
4枠8番 キングストレイル

にほんブログ村 競馬ブログへ

ダービー卿CT&大阪杯2008サイン攻略7

JRAサイン競馬暗号完全攻略トップページはこちら

|

« ダービー卿CT&大阪杯2008サイン攻略5 | トップページ | ダービー卿CT&大阪杯2008サイン攻略7 »

G2・G3-2008」カテゴリの記事

ギャンブル」カテゴリの記事

コメント

携帯閲覧用記事
ダービー卿CT&大阪杯2008サイン攻略6
【サインは三冠馬!】

今回は『名勝負』からダービー卿CTについて解読します。

最初に考えたのは『名勝負』勝ち馬・サクラユタカオーです。
今回のダービー卿CTにはサクラユタカオーの血を引く馬が3頭出走しています。
出馬表のどこに配置されているのかをこれからご覧にいれますが、同時に別の馬の属性も併せて考えたいと思います。
それは、『名勝負』冒頭に登場する馬シンボリルドルフそしてシンザンです。
言うまでもありませんが、どちらも三冠馬ですね。

【サクラユタカオーの血脈】と【三冠馬という属性】を考えた時、JRAの作意が見えてきます。

1枠1番リザーブカード→父父サクラユタカオー
1枠2番ピンクカメオ→馬主・金子真人HD(三冠馬ディープインパクトの馬主)
2枠3番ナスノストローク→父父サクラユタカオー
2枠4番カンファーベスト→母父シンザン
4枠8番キングストレイル→調教師・藤沢和雄(三冠馬シンボリルドルフの調教助手)
5枠9番シンボリグラン→馬主・T.ワダ(三冠馬シンボリルドルフの馬主・和田共弘の息子)
8枠15番ショウワモダン→父父サクラユタカオー


この中に勝ち馬(馬券圏内確保馬)がいると判断しました。
どの馬でしょうか?
いろいろな考え方があると思うのですが、私は上記に登場した三冠馬3頭の戦歴にその答えを求めました。

【1.三冠馬3頭の中山重賞出走時における枠・馬番】

シンザン
1965有馬記念【4枠】【4番】
(シンザンの皐月賞は東京競馬場で行われました)

シンボリルドルフ
1984弥生賞7枠12番
1984皐月賞5枠10番
1984セントライト記念5枠5番
1984有馬記念【4枠】【4番】
1985日経賞6枠6番
1985有馬記念6枠6番

ディープインパクト
2005弥生賞8枠10番
2005皐月賞7枠14番
2005有馬記念3枠6番
2006有馬記念3枠【4番】

【3頭すべてに共通する】のは【馬番4】です。

【2.三冠馬3頭のダービー優勝時における枠・馬番】(レース名ダービー卿CTからの連想です)

シンザン
1965ダービー【4枠】10番

シンボリルドルフ
1984ダービー【4枠】10番

ディープインパクト
2005ダービー3枠5番

3頭に共通する枠・馬番はありません。
しかし、『名勝負』文中に登場する2頭(シンザン・ルドルフ)だけを考えた場合、ある事実が浮かび上がります。

【中山重賞&ダービー】の【両方に共通する枠】が存在するのです。

【4枠】です。

以上のことから、次の2頭をサイン指名馬としてピックアップします。

2枠4番カンファーベスト
4枠8番キングストレイル

投稿: ドラゴン | 2008年4月 5日 (土) 23時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212819/40779393

この記事へのトラックバック一覧です: ダービー卿CT&大阪杯2008サイン攻略6:

« ダービー卿CT&大阪杯2008サイン攻略5 | トップページ | ダービー卿CT&大阪杯2008サイン攻略7 »