« 弥生賞&中京記念2008サイン攻略5 | トップページ | 弥生賞&中京記念2008サイン攻略7 »

2008年3月 9日 (日)

弥生賞&中京記念2008サイン攻略6

弥生賞&中京記念 レーシングプログラムのサイン読み2

弥生賞 もう1頭のシンボリ

今週の『名勝負』に登場したシンボリルドルフは、競馬ファンにその名を知らぬ者がないほどの名馬ですね。
弥生賞は2番人気とはいえ、後の実績から考えても勝つべくして勝ったレースであったといえますし、少なくとも陣営はレース前から『当然、勝つ』と思っていたと言われています。
ところが、ルドルフの馬主である和田共弘氏(シンボリ牧場)は、弥生賞にもう1頭もち馬を出走させていました。

5枠8番 コンラートシンボリ 結果7着

ひとつのレースで優勝できるのは1頭のみです。
ルドルフが楽勝できると考えていたのなら、なぜ他の馬を出す必要があるのでしょうか?
おそらく皐月賞の権利取りのためなのでしょうが、なにもルドルフと同じレースに出さなくても・・・と考えてしまいます。
関係者にしか分らない事情があるのでしょうが、いずれにせよ『ルドルフの弥生賞は2頭出し馬主が勝ったレース』という歴史が刻まれたわけです。

今回の弥生賞にも2頭出し馬主が存在します。

1枠 2番 タケミカヅチ     社台RH
8枠15番 キャプテントゥーレ 社台RH


1・8枠という端枠に配置しているところが、いかにもという感じですね。
しかも1枠同枠には、シンボリクリスエス産駒・ミッキージェットを配置。
おまけにミッキージェットを管理する森きゅう舎は、キャプテントゥーレとの2頭出しです。
1or8枠のどちらかが馬券圏内を確保すると解釈しました。
どちらでしょうか?
私は8枠を採ります。
理由は『名勝負』の口取り写真キャプションにこうあるからです。

『~皇帝がヴェールを脱いだ一戦だった。』

『ヴェール』と書かれていますね。
昨日の中山で、このヴェールが8枠15番に配置されていました。

3月8日(土)中山10R
8枠15番 ユウターヴェール 吉田隼人


弥生賞&中京記念2008サイン攻略5に書きましたが、このユウターヴェールは既に土曜メインレースへのサインとして使用済みですね。
使用済みサインはもう機能しないと考えるのが一般的ですが、私はもう一度使用されると思います。
吉田隼人が日曜メインレースでも『15番』を強調しているからです。

3月9日(日)阪神11R
5枠9番 フィフティーワナー 吉田隼人 安田隆行きゅう舎

馬名に『15』が隠されています。

フィフティーワナー ⇒ Fifty Oner ⇒ 51

正確には『51』ですが、ひっくりかえして『15』と(都合よく)考えます。
管理する安田隆行調教師は、現役時代
トウカイテイオーの主戦騎手
前出の『8枠15番ユウターヴェール』の父はトウカイテイオーですから、サインであるとみてよいでしょう。

8枠15番 キャプテントゥーレをサイン指名馬としてピックアップします。

おまけ
吉田隼人は、日曜阪神出走馬中ただ1頭のトウカイテイオー産駒に騎乗しています。

3月9日(日)阪神7R
6枠9番 トウカイブレイズ 吉田隼人 父トウカイテイオー 馬主・内村正則

フィフティーワナーと同じ9番。
そしてトウカイテイオーと同じ馬主。

9番に『馬主・主戦騎手・テイオー』が勢ぞろいしたということになります。
9番は3場のどこかで使われる可能性がありそうですね。

にほんブログ村 競馬ブログへ

弥生賞&中京記念2008サイン攻略7

JRAサイン競馬暗号完全攻略トップページはこちら

|

« 弥生賞&中京記念2008サイン攻略5 | トップページ | 弥生賞&中京記念2008サイン攻略7 »

G2・G3-2008」カテゴリの記事

ギャンブル」カテゴリの記事

コメント

携帯閲覧用記事
弥生賞&中京記念2008サイン攻略6
【弥生賞・もう1頭のシンボリ】

今週の『名勝負』に登場したシンボリルドルフは、競馬ファンにその名を知らぬ者がないほどの名馬ですね。
弥生賞は2番人気とはいえ、後の実績から考えても勝つべくして勝ったレースであったといえますし、少なくとも陣営はレース前から『当然、勝つ』と思っていたと言われています。
ところが、ルドルフの馬主である和田共弘氏(シンボリ牧場)は、弥生賞にもう1頭出走させていました。

5枠8番コンラートシンボリ→結果7着

ひとつのレースで優勝できるのは1頭のみです。
ルドルフが楽勝できると考えていたのなら、なぜ他の馬を出す必要があるのでしょうか?
おそらく皐月賞の権利取りのためなのでしょうが、なにもルドルフと同じレースに出さなくても・・・と考えてしまいます。
関係者にしか分らない事情があるのでしょうが、いずれにせよ【ルドルフの弥生賞は2頭出し馬主が勝ったレース】という歴史が刻まれたわけです。

今回の弥生賞にも2頭出し馬主が存在します。

1枠2番タケミカヅチ【社台RH】
8枠15番キャプテントゥーレ【社台RH】

1・8枠という端枠に配置しているところが、いかにもという感じですね。
しかも1枠同枠には、シンボリクリスエス産駒・ミッキージェットを配置。
おまけにミッキージェットを管理する森きゅう舎は、キャプテントゥーレとの2頭出しです。
1or8枠のどちらかが馬券圏内を確保すると解釈しました。
どちらでしょうか?
私は8枠を採ります。
理由は『名勝負』の口取り写真キャプションにこうあるからです。

〈~皇帝がヴェールを脱いだ一戦だった。〉

【ヴェール】と書かれていますね。
昨日の中山で、このヴェールが8枠15番に配置されていました。

土曜中山10R
8枠15番ユウター【ヴェール】【吉田隼人】

『サイン攻略5』に書きましたが、このユウターヴェールは既に土曜メインレースへのサインとして使用済みですね。
使用済みサインはもう機能しないと考えるのが一般的ですが、私はもう一度使用されると思います。
吉田隼人が日曜メインレースでも『15番』を強調しているからです。

3月9日(日)阪神11R
5枠9番フィフティーワナー【吉田隼人】【安田隆行きゅう舎】

馬名に『15』が隠されています。

フィフティーワナー⇒Fifty Oner⇒51

正確には『51』ですが、ひっくりかえして『15』と(都合よく)考えます。
調教師である【安田隆行氏は、現役時代トウカイテイオーの主戦騎手】
前出の【8枠15番ユウターヴェール】の【父はトウカイテイオー】ですから、サインであるとみてよいでしょう。

8枠15番 キャプテントゥーレをサイン指名馬としてピックアップします。

【おまけ】
吉田隼人は、日曜阪神出走馬中ただ1頭のトウカイテイオー産駒に騎乗しています。

3月9日(日)阪神7R
6枠【9番】トウカイブレイズ【吉田隼人】【父トウカイテイオー】【馬主内村正則】

フィフティーワナーと同じ9番。
そしてトウカイテイオーと同じ馬主。

9番に【馬主・主戦騎手・テイオー】が勢ぞろいしたということになります。
9番は3場のどこかで使われる可能性がありそうですね。

投稿: ドラゴン | 2008年3月 9日 (日) 04時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212819/40433014

この記事へのトラックバック一覧です: 弥生賞&中京記念2008サイン攻略6:

« 弥生賞&中京記念2008サイン攻略5 | トップページ | 弥生賞&中京記念2008サイン攻略7 »