« 根岸S&京都牝馬S2008サイン攻略3 | トップページ | 根岸S&京都牝馬S2008サイン攻略5 »

2008年2月 2日 (土)

根岸S&京都牝馬S2008サイン攻略4

根岸S&京都牝馬S レーシングプログラムのサイン読み1

砂上に刻んだ名前は?

『心に残る名勝負・名場面』
メイショウボーラーVSハードクリスタル
『砂上に刻む、新たなる伝説』

『名勝負』文中にあるように、メイショウボーラーは自身にとって初のダート戦であるガーネットSを勝ち、この根岸Sに挑んできました。
これに酷似した戦歴を持つ馬が、今回のエントリー中に1頭だけいます。
マイネルスケルツィです。
この馬もデビュー以来ずっと芝重賞路線を歩んできており、前走のギャラクシーSが初めてのダート戦でした。
この馬には、枠順からもサポートがあります。

2008根岸S枠順
4枠7番 マイネルスケルツィ
4枠8番 カフェオリンポス

同枠に配置されたカフェオリンポスは『名勝負』の2005根岸Sにも出走していました。

2005根岸S枠順
4枠7番 カフェオリンポス
4枠8番 メイショウボーラー

優勝馬の同枠に配置されていたのです。
しかも今回と同じ4枠。
『砂上に刻む』は、2005年に同じ4枠に刻んだ『オリンポスの隣』を指しているのかもしれませんね。
これが正解ならば、メイショウボーラーと同じ属性を持つマイネルスケルツィが、2005年を再現することになるでしょう。

次はキャッチコピーの解読です。
『伝説』をわざわざ『サーガ』と読ませていますね。
こういった不自然な箇所にはサインが隠されている可能性が高いと思われます。

『サーガ』 ⇒ 『SAGA』と書きます。
私は『佐賀』のことだと解釈しました。
エントリー馬の中に1頭だけ、公営・佐賀競馬の重賞勝ち馬がいます。
メイショウバトラーです。
しかもそのレースの2着馬はなんと『名勝負』優勝馬でした。

2006サマーチャンピオンG3 佐賀競馬場
優勝4枠 4番 メイショウバトラー
2着 8枠11番 メイショウボーラー

こちらの線も充分ありそうですね。
現状では、上記2頭のどちらかに本命印を打ちたいと考えています。

にほんブログ村 競馬ブログへ

根岸S&京都牝馬S2008サイン攻略5

JRAサイン競馬暗号完全攻略トップページはこちら

|

« 根岸S&京都牝馬S2008サイン攻略3 | トップページ | 根岸S&京都牝馬S2008サイン攻略5 »

G2・G3-2008」カテゴリの記事

ギャンブル」カテゴリの記事

コメント

携帯閲覧用記事
根岸S&京都牝馬S2008サイン攻略4
【砂上に刻んだ名前は?】

『心に残る名勝負・名場面』
メイショウボーラーVSハードクリスタル
『砂上に刻む、新たなる伝説』

『名勝負』文中にあるように、メイショウボーラーは自身にとって初のダート戦であるガーネットSを勝ち、この根岸Sに挑んできました。
これに酷似した戦歴を持つ馬が、今回のエントリー中に1頭だけいます。
【マイネルスケルツィ】です。
この馬もデビュー以来ずっと芝重賞路線を歩んできており、前走のギャラクシーSが初めてのダート戦でした。
この馬には、枠順からもサポートがあります。

2008根岸S枠順
4枠7番マイネルスケルツィ
4枠8番カフェオリンポス

同枠に配置されたカフェオリンポスは『名勝負』の2005根岸Sにも出走していました。

2005根岸S枠順
4枠7番カフェオリンポス
4枠8番メイショウボーラー

優勝馬の同枠に配置されていたのです。
しかも今回と同じ4枠。
『砂上に刻む』は、2005年に同じ4枠に刻んだ『オリンポスの隣』を指しているのかもしれませんね。
これが正解ならば、メイショウボーラーと同じ属性を持つマイネルスケルツィが、2005年を再現することになるでしょう。

次はキャッチコピーの解読です。
『伝説』をわざわざ『サーガ』と読ませていますね。
こういった不自然な箇所にはサインが隠されている可能性が高いと思われます。

『サーガ』⇒『SAGA』と書きます。
私は『佐賀』のことだと解釈しました。
エントリー馬の中に1頭だけ、公営・佐賀競馬の重賞勝ち馬がいます。
【メイショウバトラー】です。
しかもそのレースの2着馬はなんと『名勝負』優勝馬でした。

2006年サマーチャンピオンG3 佐賀競馬場
優勝4枠 4番 メイショウバトラー
2着 8枠11番 メイショウボーラー

こちらの線も充分ありそうですね。
現状では、上記2頭のどちらかに本命印を打ちたいと考えています。

投稿: ドラゴン | 2008年2月 2日 (土) 20時06分

こんばんは
タイセイアトムって変ですね。
前々走、貴船ステークスと前走のガーネットステークスは いずれも16頭立ての16番ゲート、さらに人気も どちらも3番人気で、あげくに馬体重までが同じ536kgで、どちらも1着とは…

そしてまたもや16番ゲートに入ったんですから、これは奇妙奇天烈と言うほか無い。
前走は それで軸に出来たんですが、今回は 何だか囮臭くて、何だかなあ。

そこで、全く意味不明の出走の ノボトゥルー(牡12歳)が、12番ゲートに入ったことに注目しました。
さらに5枠に、2頭しかいない[地]馬が2頭とも入った(そういう決まりがあるのかどうかは知りませんが)から、ここらがJ様の仕掛けと読んで、その間に挟まれた、
6枠11番【レオエンペラー】を中心視したいと思います。

投稿: 公太郎 | 2008年2月 2日 (土) 22時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212819/17930672

この記事へのトラックバック一覧です: 根岸S&京都牝馬S2008サイン攻略4:

« 根岸S&京都牝馬S2008サイン攻略3 | トップページ | 根岸S&京都牝馬S2008サイン攻略5 »