« 根岸S&京都牝馬S2008サイン攻略4 | トップページ | 根岸S&京都牝馬S2008サイン攻略6 »

2008年2月 2日 (土)

根岸S&京都牝馬S2008サイン攻略5

根岸S&京都牝馬S レーシングダイアリーのサイン読み1

サインは第10レースにあり!

関東レーシングダイアリー
『早春の野望を叫べ、挑むべき舞台へ勇気が試される。』

根岸Sのひとつ前に行なわれる第10レースに早春Sというレースが組まれています。
ここからサインが発信されているのではないかと考えました。

解読に入る前に、本日(2月2日土曜日)に使われたサインをお話しします。
本日の第10レースも、名前に『春』のつくレースでした。
春望Sです。

レーシングダイアリーをご覧ください。
春望という文字が織り込まれていますね。
『早の野~』
『春』と『望』の間に 『の野』という文字が挟まっています。
野は音読みでは
『の』と読み、訓読みで『や』と読みますね。
これがサインになりました。

春望S枠順
1枠1番 ウイストラム 大(おおたく

ウイストラムの配置された1枠1番が、メインレースで馬券になり(タマモサポート12番人気3着)3連単254万馬券の一翼を担いました。
(『の』と『の』または『の』と『や』を併せ持つのは、1枠1番だけでした)

これと同じことが根岸Sでも起こるかもしれません。
『早春S』の出馬表の中に、『早春』に続く文字である『の野』が配置されているからです。

早春S枠順
7枠13番 ユースフルデイズ 二宮敬宇きゅう舎
7枠14番 トウキュウトップ  矢照正きゅう舎

これに該当する根岸Sの7枠を要注意枠として指名します。

にほんブログ村 競馬ブログへ

根岸S&京都牝馬S2008サイン攻略6

JRAサイン競馬暗号完全攻略トップページはこちら

|

« 根岸S&京都牝馬S2008サイン攻略4 | トップページ | 根岸S&京都牝馬S2008サイン攻略6 »

G2・G3-2008」カテゴリの記事

ギャンブル」カテゴリの記事

コメント

携帯閲覧用記事
根岸S&京都牝馬S2008サイン攻略5
【サインは第10レースにあり!】

関東レーシングダイアリー
『早春の野望を叫べ、挑むべき舞台へ勇気が試される。』

根岸Sのひとつ前に行なわれる第10レースに【早春S】というレースが組まれています。
ここからサインが発信されているのではないかと考えました。

解読に入る前に、本日(2月2日土曜日)に使われたサインをお話しします。
本日の第10レースも、名前に『春』のつくレースでした。
【春望S】です。

レーシングダイアリーをご覧ください。
春望という文字が織り込まれていますね。
『早春の野望~』
『春』と『望』の間に『の野』という文字が挟まっています。
野は音読みでは【の】と読み、訓読みで【や】と読みますね。
これがサインになりました。

春望S枠順
1枠1番 ウイストラム大野拓弥(おお【の】たく【や】)

ウイストラムの配置された1枠1番が、メインレースで馬券になり(タマモサポート12番人気3着)3連単254万馬券の一翼を担いました。
(『の』と『の』または『の』と『や』を併せ持つのは、1枠1番だけでした)

これと同じことが根岸Sでも起こるかもしれません。
『早春S』の出馬表の中に、『早春』に続く文字である【の野】が配置されているからです。

早春S枠順
7枠13番ユースフルデイズ・二【ノ】宮敬宇きゅう舎
7枠14番トウキュウトップ・矢【野】照正きゅう舎

これに該当する【根岸Sの7枠】を要注意枠として指名します。

投稿: ドラゴン | 2008年2月 2日 (土) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212819/17933329

この記事へのトラックバック一覧です: 根岸S&京都牝馬S2008サイン攻略5:

« 根岸S&京都牝馬S2008サイン攻略4 | トップページ | 根岸S&京都牝馬S2008サイン攻略6 »