« ダイヤモンドS&きさらぎ賞2008サイン攻略4 | トップページ | ダイヤモンドS&きさらぎ賞2008サイン攻略6 »

2008年2月17日 (日)

ダイヤモンドS&きさらぎ賞2008サイン攻略5

ダイヤモンドS&きさらぎ賞 レーシングプログラムのサイン読み1

夢はダービー制覇!

ダイヤモンドS&きさらぎ賞2008サイン攻略2でお話ししたように、今週は『同じものの並び』に注目したいと思います。
いくつかの候補があると思いますが、私が選択したのはこれです。

ダイヤモンドS枠順
2枠2番 ブリットレーン     田面木博公(ひろまさ)

3枠3番 ゴーウィズウィンド 北村宏司(ひろし)
3枠4番 トウカイワイルド   内田博幸(ひろゆき)
4枠5番 チェストウイング   田中博康(ひろやす)
4枠6番 ミストラルクルーズ 横山典弘(のりひろ

名前に『ひろ』を持つ騎手が5人並びました。

『同じものの並び』から『ひろ』を重要視すると決めたのには理由があります。
『心に残る名勝負・名場面』に解読キーを見出したからです。

カルイマイ VS ングワン

一文字目を並べると『ヒロ』になるのです。

次は、5人の中から本命を選ばなくてはなりません。
これも『名勝負』のヒントから読み解きましょう。
文章の書き出しにはこうあります。

『青雲の志を胸に「ダービーを勝つのが夢」と語ったジョッキーは、過去何人いただろう。』

騎手という職業を生業とする者であれば、誰もが一度は口にするセリフかもしれません。
ですから、これをサインとして特定の人物を示すことは難しいでしょう。
ただし、
今週でなければ。

今週の木曜日(2月14日)に、JRA新規騎手免許合格者が発表されました。
その新人騎手の中に、このセリフを確実に口にした人物がいます。

内田博幸です。

2008年2月15日(金曜日)付けサンケイスポーツより
内田博幸騎手のコメント
『全国のリーディングを目指したい。夢は(日本)ダービー制覇です』


今週だからこそ使えるピンポイントのサインフレーズだと判断しました。

さらにもう一度『名勝負』をご覧ください。

ヒカルイマVS ロングワ

最後の文字を並べると『イン』になりますね。

イン ⇒ IN ⇒ 中、内

3枠4番トウカイワイルドには、この『IN ⇒ 中、内』が3つ並んでいます。

田博幸(騎手) 村均(調教師) 村正則(馬主)

ダイヤモンドSの本命にはトウカイワイルドを指名します。

追記
蛇足ですが、私は今回の『名勝負』が今週だけのことでは終わらないような予感がします。
『ダービー優勝の史上最年少記録』という文章がどうしても引っかかるのです。
この記録は田島良保氏が保持していますし、今後も破られるかどうかわかりません。

しかし、『JRA騎手免許取得後の最短記録』ならどうでしょう?

この記録を内田博幸が打ち立てるのではないか?
そんな気がします。
もちろん私のサイン解読が正しくて、内田騎手がダイヤモンドSを勝てばという条件付きですが・・・。

騎乗馬がトウカイワイルドであることも不気味です。
馬主の世界では『ダービーを勝つことは、一国の宰相になるよりも難しい』と言われていますが、トウカイワイルドの馬主である内村正則氏は、そのダービー馬主なのです。

ちなみに現在の『JRA騎手免許取得後の最短記録』は安藤勝己騎手の免許取得457日後です。
来年度(2009年)のレース番組はまだ決まっていませんから何ともいえませんが、安藤騎手の記録を破るには今年勝つ必要があるかもしれません。

私の妄想で終わる可能性は高いかもしれませんが、内田博幸というジョッキーは、そんな期待をかけてもおかしくないだけの超一流騎手であることだけは確かですね。
明日は、未来のダービージョッキーの華麗な騎乗を期待します。

にほんブログ村 競馬ブログへ

ダイヤモンドS&きさらぎ賞2008サイン攻略6

JRAサイン競馬暗号完全攻略トップページはこちら

|

« ダイヤモンドS&きさらぎ賞2008サイン攻略4 | トップページ | ダイヤモンドS&きさらぎ賞2008サイン攻略6 »

G2・G3-2008」カテゴリの記事

ギャンブル」カテゴリの記事

コメント

携帯閲覧用記事
ダイヤモンドS&きさらぎ賞2008サイン攻略5
【夢はダービー制覇!】

『サイン攻略2』でお話ししたように、今週は【同じものの並び】に注目したいと思います。
いくつかの候補があると思いますが、私が選択したのはこれです。

ダイヤモンドS枠順
2枠2番 ブリットレーン田面木博公(ひろまさ)
3枠3番 ゴーウィズウィンド北村宏司(ひろし)
3枠4番 トウカイワイルド内田博幸(ひろゆき)
4枠5番 チェストウイング田中博康(ひろやす)
4枠6番 ミストラルクルーズ横山典弘(のりひろ)

名前に【ひろ】を持つ騎手が5人並びました。

『同じものの並び』から『ひろ』を重要視すると決めたのには理由があります。
『心に残る名勝負・名場面』に解読キーを見出したからです。

【ヒ】カルイマイVS【ロ】ングワン

一文字目を並べると【ヒロ】になるのです。

次は、5人の中から本命を選ばなくてはなりません。
これも『名勝負』のヒントから読み解きましょう。
文章の書き出しにはこうあります。

『青雲の志を胸に「ダービーを勝つのが夢」と語ったジョッキーは、過去何人いただろう。』

騎手という職業を生業とする者であれば、誰もが一度は口にするセリフかもしれません。
ですから、これをサインとして特定の人物を示すことは難しいでしょう。
ただし、今週でなければ。

今週の木曜日(2月14日)に、JRA新規騎手免許合格者が発表されました。
その新人騎手の中に、このセリフを確実に口にした人物がいます。

【内田博幸】です。

2008年2月15日(金曜日)付けサンケイスポーツより内田博幸騎手のコメント
〈全国のリーディングを目指したい。夢は(日本)ダービー制覇です〉

今週だからこそ使えるピンポイントのサインフレーズだと判断しました。

さらにもう一度『名勝負』をご覧ください。

ヒカルイマ【イ】VSロングワ【ン】

最後の文字を並べると【イン】になりますね。
【イン⇒IN⇒中、内】

内田博幸騎乗の3枠4番トウカイワイルドには、この『IN ⇒ 中、内』が3つ並んでいます。

【内】田博幸(騎手)・【中】村均(調教師)・【内】村正則(馬主)

ダイヤモンドSの本命には【トウカイワイルド】を指名します。

追記
蛇足ですが、私は今回の『名勝負』が今週だけのことでは終わらないような予感がします。
『ダービー優勝の史上最年少記録』という文章がどうしても引っかかるのです。
この記録は田島良保氏が保持していますし、今後も破られるかどうかわかりません。
しかし、『JRA騎手免許取得後の最短記録』ならどうでしょう?
この記録を内田博幸が打ち立てるのではないか?
そんな気がします。
もちろん私のサイン解読が正しくて、内田騎手がダイヤモンドSを勝てばという条件付きですが・・・。
騎乗馬がトウカイワイルドであることも不気味です。
馬主の世界では『ダービーを勝つことは、一国の宰相になるよりも難しい』と言われていますが、トウカイワイルドの馬主である内村正則氏は、そのダービー馬主なのです。
ちなみに現在の『JRA騎手免許取得後の最短記録』は安藤勝己騎手の免許取得457日後です。
来年度(2009年)のレース番組はまだ決まっていませんから何ともいえませんが、安藤騎手の記録を破るには今年勝つ必要があるかもしれません。

私の妄想で終わる可能性は高いかもしれませんが、内田博幸というジョッキーは、そんな期待をかけてもおかしくないだけの超一流騎手であることだけは確かですね。
明日は、未来のダービージョッキーの華麗な騎乗を期待します。

投稿: ドラゴン | 2008年2月17日 (日) 00時57分

ドラゴンさん、みなさんこんばんわ。

名勝負・名場面の文中の【青雲】の部分で東京12R9番に【セイウン】マルが配置されていて同枠に内田博幸がいます。
これが11Rトウカイワイルドを示唆している可能性はありますね。
トウカイワイルドが勝ったら正にトウカ【祝い】ルドです。(笑)

トウカイワイルドの他に気になる馬は
        
1.【ヒ】カルイマ【イ】VS【ロ】ングワ【ン】から【ヒロイン】も考えられるので唯一牝馬のテイエムプリキュアか隣りのコンラッド。

2.【イロ】で考えると【ブラック】アルタイル

3.非常に単純ですがレース名、ダ【イヤモ】ンドからアドマ【イヤモ】ナーク

今はこんな感じです。


投稿: にし | 2008年2月17日 (日) 01時28分

こんばんは
引退される矢野進調教師が一番の思い出の馬があのシンボリ
ルドルフに勝ったギャロップダイナだそうです。わたしもこのシーンは忘れられません。ルドルフが先頭に立ち勝ったな
やっぱりと思った瞬間大外から矢のごとく飛んできたのが
ギャップダイナでした。矢野=矢まさに字のごとくでした。
その時の枠番が3-8でした。3枠または8枠気になるな
ではまたね

投稿: コス | 2008年2月17日 (日) 02時38分

ドラゴンさん、みなさんおはようございます。
JRAホームページ、ダイヤモンドSの出走馬情報、ブラックアルタイルの欄から普段使わない言葉が使われています。

内容についてはこう書かれています。

今年からせん馬に天皇賞が開放された。吉田隼人騎手と【手が合うようですね】と二ノ宮敬宇調教師も認めるように、人馬の息が合っている。』


上記で【手が合う】書かれていますがこれは相撲業界で使われる隠語であり普通なら気が合う、もしくは息が合うではないでしょうか?
ダイヤモンドSが【ハンデ】キャップ重賞である事から【手】という言葉を選択した様に思います。

それと今年からせん馬に天皇賞が開放された。という部分からJRAはこの馬を今年の天皇賞に出走させたいのではないでしょうか?

以上の点からダイヤモンドSはブラックアルタイル本命で勝負します。

投稿: にし | 2008年2月17日 (日) 07時33分

  ドラゴンさん、皆さん、おはようございます。
 今回はドラゴンさんの読みを見ていたら、自分の読みが「なんか違うなー」と思われてなりません。やはり直前変更で、どうしても気になるのが、『花火と天』から
⑩ブラックアルタイル
⑪マンハッタンスカイ
⑫エフティイカロス
と、ドラゴンさん一押しの④トウカイワイルドこの4頭です。
 このうちマンハッタンとトウカイは今回を含めて5レース、違う騎手が騎乗しています。まだ迷ってますので、買い目は馬券場に行ってから決めます。今回ははっきり書かずに済みません。とりあえず枠で3-7、3-6、6-7は買います。もう少ししたら、きさらぎの変更も。

投稿: kinmaru | 2008年2月17日 (日) 08時25分

  済みません。
京都はやはり苦手どす。見つかったのは先輩曰く、
⑨マッキーバッハ。有名な音楽家が第9に入ったからだそうです。(無理がありますよね!?)
 それとダイヤモンドのワイルドは、
ウィンドとウイングの間に入っているので、こちらも有力だ!とも言ってました。来週の本番に向けて皆さん、頑張りましょう。ではまたね。

投稿: kinmaru | 2008年2月17日 (日) 08時48分

こんにちは。お邪魔します。
14日にJRA新規騎手合格発表が行われましたが、その中でただ一人、名前に数字が入っているのが「三浦皇成」君であります。
この三浦君は特別賞も受賞しました。東京都出身でもあります。

という訳で、東京メーン ダイヤモンドSは3枠が馬券に絡むと予想します。

それでは。

投稿: TSUNA鮪 | 2008年2月17日 (日) 11時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212819/40149905

この記事へのトラックバック一覧です: ダイヤモンドS&きさらぎ賞2008サイン攻略5:

« ダイヤモンドS&きさらぎ賞2008サイン攻略4 | トップページ | ダイヤモンドS&きさらぎ賞2008サイン攻略6 »