« 京成杯&日経新春杯2008サイン攻略3 | トップページ | 京成杯&日経新春杯2008サイン攻略5 »

2008年1月19日 (土)

京成杯&日経新春杯2008サイン攻略4

京成杯&日経新春杯 レーシングプログラムのサイン読み

1978の謎

『心に残る名勝負・名場面』
タケデンVSメジロファントム
『いざ戦国クラシックへ!』

1978年というとんでもなく昔のレースを使ってきました。
私はここに違和感を覚えます。
調べたところ、名勝負史上2番目に古いレースでした。
最も古いのは『テンポイントVSクライムカイザー・1976年東京4歳S』。
しかし、このレースに違和感はありません。
まず2頭とも競馬史に残る名馬であり、多くの競馬ファンが知っていること。
そして、この後ダービーで2頭が織りなすドラマはとても有名であること。
この2点から、『名勝負』に登場するのは自然なことと受け取れます。
対してタケデン&メジロファントムですが、両馬とも名馬と呼ぶには抵抗がありますし、京成杯が歴史に残る名勝負だったとも思えません。
JRAはなぜこの年のレースを選んだのでしょうか?

『このレースでなければ表現できない何か』があるからだと私は判断しました。

サイン解読の最初に考えたいのは、優勝した岡部幸雄騎手です。
同騎手の京成杯優勝歴は、この1回だけです。
つまり岡部騎手をサインに使うのならば、この年しかないということになります。
日経新春杯の出馬表の中に岡部騎手を発見しました。

日経新春杯
4枠7番 トウカイワイルド   生産    岡部牧場
4枠8番 アマノブレイブリー 調教師 湯窪幸雄

日経新春杯の4枠を要注意枠に指名します。

次は優勝馬の名前を変換してみました。
タケデン ⇒ 武殿

日経新春杯
6枠12番 ダークメッセージ 

京成杯
7枠13番 リトルアマポーラ 幸四郎

単純ですが可能性はあると思います。
他のサインがサポートしているからです。

日経新春杯ですが、6枠同枠には池添謙一が配置されています。
池添騎手は2007G1&Jpn1 Winnersに登場していますね。

京成杯のリトルアマポーラはエントリー馬中唯一の牝馬。
2007G1&Jpn1 Winnersのトールポピーは牝馬であり、7枠で優勝しています。

そして(ここが重要なのですが)、武豊・幸四郎ともに京成杯優勝歴はありません

馬名の変換には別の解釈もあります。
タケデン ⇒ 武田

キャッチコピー『戦国』と併せて考えると
『戦国時代の武田』⇒『武田信玄』かもしれません。

武田信玄の家紋は『武田菱』ですね。
菱形(正確にはダイヤモンド)を勝負服に持つ馬が3頭います。

日経新春杯
3枠5番 トウショウパワーズ トウショウ産業(黄ダイヤモンド
5枠9番 ヒラボクロイヤル  平田牧場(紫ダイヤモンド

京成杯
5枠10番 ドットコム 青山洋一(青ダイヤモンド

京成杯&日経新春杯2008サイン攻略1で解読した5枠とも合致しますので、これも重視したいと思います。

まとめます。

日経新春杯
3枠 5番 トウショウパワーズ
4枠 7番 トウカイワイルド
4枠 8番 アマノブレイブリー
5枠 9番 ヒラボクロイヤル
6枠12番 ダークメッセージ

京成杯
5枠10番 ドットコム
7枠13番 リトルアマポーラ

にほんブログ村 競馬ブログへ

京成杯&日経新春杯2008サイン攻略5

JRAサイン競馬暗号完全攻略トップページはこちら

|

« 京成杯&日経新春杯2008サイン攻略3 | トップページ | 京成杯&日経新春杯2008サイン攻略5 »

G2・G3-2008」カテゴリの記事

ギャンブル」カテゴリの記事

コメント

携帯閲覧用記事
京成杯&日経新春杯2008サイン攻略4
【1978の謎】

『心に残る名勝負・名場面』
タケデンVSメジロファントム
『いざ戦国クラシックへ!』

1978年というとんでもなく昔のレースを使ってきました。
私はここに違和感を覚えます。
調べたところ、名勝負史上2番目に古いレースでした。
最も古いのは『テンポイントVSクライムカイザー・1976年東京4歳S』。
しかし、このレースに違和感はありません。
まず2頭とも競馬史に残る名馬であり、多くの競馬ファンが知っていること。
そして、この後ダービーで2頭が織りなすドラマはとても有名であること。
この2点から、『名勝負』に登場するのは自然なことと受け取れます。
対してタケデン&メジロファントムですが、両馬とも名馬と呼ぶには抵抗がありますし、京成杯が歴史に残る名勝負だったとも思えません。
JRAはなぜこの年のレースを選んだのでしょうか?

【このレースでなければ表現できない何か】があるからだと私は判断しました。

サイン解読の最初に考えたいのは、優勝した岡部幸雄騎手です。
同騎手の京成杯優勝歴は、この1回だけです。
つまり岡部騎手をサインに使うのならば、この年しかないということになります。
日経新春杯の出馬表の中に岡部騎手を発見しました。

日経新春杯
4枠7番トウカイワイルド→生産・【岡部】牧場
4枠8番アマノブレイブリー→調教師・湯窪【幸雄】

日経新春杯の【4枠を要注意枠に指名】します。

次は優勝馬の名前を変換してみました。
タケデン⇒武殿

日経新春杯
6枠12番ダークメッセージ【武】豊

京成杯
7枠13番リトルアマポーラ【武】幸四郎

単純ですが可能性はあると思います。
他のサインがサポートしているからです。

日経新春杯ですが、6枠同枠には池添謙一が配置されています。
池添騎手は2007G1&Jpn1 Winnersに登場していますね。

京成杯のリトルアマポーラはエントリー馬中唯一の牝馬。
2007G1&Jpn1 Winnersのトールポピーは牝馬であり、7枠で優勝しています。

そして(ここが重要なのですが)、【武豊・幸四郎ともに京成杯優勝歴はありません】。

馬名の変換には別の解釈もあります。
タケデン⇒武田

キャッチコピー『戦国』と併せて考えると
『戦国時代の武田』⇒『武田信玄』かもしれません。

武田信玄の家紋は『武田菱』ですね。
菱形(正確にはダイヤモンド)を勝負服に持つ馬が3頭います。

日経新春杯
3枠5番トウショウパワーズ→トウショウ産業(黄ダイヤモンド)
5枠9番ヒラボクロイヤル→平田牧場(紫ダイヤモンド)

京成杯
5枠10番ドットコム→青山洋一(青ダイヤモンド)

京成杯&日経新春杯2008サイン攻略1で解読した5枠とも合致しますので、これも重視したいと思います。

まとめます。

日経新春杯
3枠5番トウショウパワーズ
4枠7番トウカイワイルド
4枠8番アマノブレイブリー
5枠9番ヒラボクロイヤル
6枠12番ダークメッセージ

京成杯
5枠10番ドットコム
7枠13番リトルアマポーラ

投稿: ドラゴン | 2008年1月19日 (土) 23時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212819/17755446

この記事へのトラックバック一覧です: 京成杯&日経新春杯2008サイン攻略4:

« 京成杯&日経新春杯2008サイン攻略3 | トップページ | 京成杯&日経新春杯2008サイン攻略5 »