« 金杯2008サイン攻略5 | トップページ | シンザン記念ガーネットS2008サイン攻略2 »

2008年1月 9日 (水)

シンザン記念ガーネットS2008サイン攻略1

シンザン記念&ガーネットS レーシングダイアリーのサイン読み1

『名馬の歴史を紐解け、鍛錬のもとに栄光は築かれる。』

2001年の関東レーシングダイアリー誕生以来、『解』が使われたことは2回しかありません。
しかも初登場は2006年です。
非常に特殊なサインワードといえるでしょう。

2006年9月24日
『勝利という答が大舞台を約束、強さの誇示こそ自信の表明。』

オールカマー 枠3-3-
優勝 バランスオブゲーム 田中勝春

神戸新聞杯 枠7-1-
優勝 ドリームパスポート 高田潤

2007年4月27・28日
『淀の坂に刻まれた歴史をく。最強の真実が継ぐ王位。』

青葉賞 枠-5-1
優勝 ヒラボクロイヤル 武幸四郎

天皇賞(春) 枠3-8-
優勝 メイショウサムソン 石橋守

4戦すべての馬券圏内に6枠が登場していますね。
他のサインとの兼ね合いで6枠を選択するかどうか決めたいと思います。
青葉賞を除く3戦が3着どまりというところが少し弱いですし、別の解読があるからです。
それは『勝ち馬』です。

ドリームパスポート
メイショウサムソン

この組み合わせに見覚えがありませんか?
そうです2006年皐月賞の1・2着コンビです。
この2頭が対戦したレースは全部で11戦あります。
ともにクラシック路線を歩んできた馬なので、11戦という数字自体は取り立てて多いとはいえないでしょう。
その中にワンツーを決めたレースが3戦あります。
これは多いかもしれませんね。
『名馬の歴史を紐解け』というのは、この2頭が絡み合った(1・2着した)歴史の紐を解くということなのではないかと考えました。

2006きさらぎ賞
優勝1枠1番 ドリームパスポート
2着 6枠7番 メイショウサムソン

2006皐月賞
優勝3枠5番 メイショウサムソン
2着 1枠2番 ドリームパスポート

2006神戸新聞杯
優勝7枠13番 ドリームパスポート
2着 1枠 2番 メイショウサムソン

すべてのレースに共通する1枠を重要枠として指名します。
これは昨年末に行なわれた有馬記念の枠順からも充分ありうると考えています。

2007有馬記念
1枠1番 メイショウサムソン
1枠2番 ドリームパスポート

「いまさら有馬記念もないだろう?」という方も多いかと思いますが、有馬記念は今月のレースにもサインを出してくる可能性があると私は考えています。
その理由は、先週の中山金杯で有馬記念サインが使用されたばかりだからです。

2008中山金杯
優勝7枠13番 アドマイヤフジ 川田将雅
  ↓
2007有馬記念
7枠13番 デルタブルース 川田将雅

偶然ではありません。
JRAがきちんと予告をしています。
2008金杯当日、その日唯一の有馬姓馬主が馬を1頭だけ走らせていました。

2008年1月5日 中山4R
7枠13番 ギンザセシボン 馬主・有馬博文

つまり『有馬記念の7枠13番がサインになりますよ』という予告を4Rで行なっていたわけです。
もちろん有馬記念サインは金杯で終了という可能性はあります。
しかし、まだまだ続く可能性も同時にあるといえるでしょう。
私は続く方に賭けます。

にほんブログ村 競馬ブログへ

シンザン記念ガーネットS2008サイン攻略2

JRAサイン競馬暗号完全攻略トップページはこちら

|

« 金杯2008サイン攻略5 | トップページ | シンザン記念ガーネットS2008サイン攻略2 »

ギャンブル」カテゴリの記事

G2・G3-2008」カテゴリの記事

コメント

携帯閲覧用記事
シンザン記念ガーネットS2008サイン攻略1
関東レーシングダイアリー
『名馬の歴史を紐解け、鍛錬のもとに栄光は築かれる。』

2001年の関東レーシングダイアリー誕生以来、『解』が使われたことは2回しかありません。
しかも初登場は2006年です。
非常に特殊なサインワードといえるでしょう。

2006年9月24日
『勝利という解答が大舞台を約束、強さの誇示こそ自信の表明。』
オールカマー枠3-3-6
優勝 バランスオブゲーム田中勝春
神戸新聞杯枠7-1-6
優勝 ドリームパスポート高田潤

2007年4月27・28日
『淀の坂に刻まれた歴史を解く。最強の真実が継ぐ王位。』
青葉賞 枠6-5-1
優勝 ヒラボクロイヤル 武幸四郎
天皇賞(春) 枠3-8-6
優勝 メイショウサムソン 石橋守

4戦すべての馬券圏内に【6枠】が登場していますね。
他のサインとの兼ね合いで6枠を選択するかどうか決めたいと思います。
青葉賞を除く3戦が3着どまりというところが少し弱いですし、別の解読があるからです。
それは『勝ち馬』です。

ドリームパスポート
メイショウサムソン

この組み合わせに見覚えがありませんか?
そうです2006年皐月賞の1・2着コンビです。
この2頭が対戦したレースは全部で11戦あります。
ともにクラシック路線を歩んできた馬なので、11戦という数字自体は取り立てて多いとはいえないでしょう。
その中にワンツーを決めたレースが3戦あります。
これは多いかもしれませんね。
『名馬の歴史を紐解け』というのはこの2頭が絡み合った(1・2着した)歴史の紐を解くということなのではないかと考えました。

2006きさらぎ賞
優勝1枠1番ドリームパスポート
2着6枠7番メイショウサムソン

2006皐月賞
優勝3枠5番メイショウサムソン
2着1枠2番ドリームパスポート

2006神戸新聞杯
優勝7枠13番ドリームパスポート
2着1枠2番メイショウサムソン

すべてのレースに共通する【1枠】を重要枠として指名します。
これは昨年末に行なわれた有馬記念の枠順からも充分ありうると考えています。

2007有馬記念
1枠1番メイショウサムソン
1枠2番ドリームパスポート

「いまさら有馬記念もないだろう?」という方も多いかと思いますが、有馬記念は今月のレースにもサインを出してくる可能性があると私は考えています。
その理由は、先週の中山金杯で有馬記念サインが使用されたばかりだからです。

2008中山金杯
優勝【7枠13番】アドマイヤフジ【川田将雅】
  ↓
2007有馬記念
【7枠13番】デルタブルース【川田将雅】

偶然ではありません。
JRAがきちんと予告をしています。
2008金杯当日、その日唯一の有馬姓馬主が馬を1頭走らせていました。

2008年1月5日 中山4R
【7枠13番 】ギンザセシボン・馬主【有馬】博文

つまり『有馬記念の7枠13番がサインになりますよ』という予告を4Rで行なっていたわけです。
もちろん有馬記念サインは金杯で終了という可能性はあります。
しかし、まだまだ続く可能性も同時にあるといえるでしょう。
私は続く方に賭けます。

投稿: ドラゴン | 2008年1月 9日 (水) 00時10分

ドラゴンさんみんさんおはようございます。
う~んすばらしい読みですね。共感します^^
今のところ僕の考えでは「名馬の歴史を紐解け」の名馬は年度代表馬のアドマイヤムーンのことだと思っています。この馬の歴史を紐解いてみます。

投稿: からあげ | 2008年1月 9日 (水) 10時19分

こんばんわ。
今週のJRAサイト
今週の注目レースのシンザン記念では怪しげな所がけっこう
散見されます。

まずタイトルバックですが、3着のところに
本来掲示板に乗ってない1枠の馬が来ている写真を
使ったこと。

そして歴史プロファイルの欄で
過去の優勝馬の最後でタニノギムレットの
サラブレッドミュージアムを使ったことです。

2枠3番、武豊、1番人気、ブライアンズタイム
同枠山内厩舎のいずれかを使うかなと思ってます。
またダービー馬産駒か?

投稿: AKIRA | 2008年1月 9日 (水) 19時02分

  ドラゴンさん、皆さん今晩は。
 フェブルアリーS?まで一休みと思っていたのですが、ちょっと気になるのでおじゃまします。
 皆さんも気付いていると思いますが、今年のキーワードは『CLUB KEIBA』で、ナビゲーターは『佐藤浩市、大泉洋、小池徹平、蒼井優』の4人。この4人の共通点は色々あると思いますが、ウマインフルエンザ?に引っ掛けた訳ではないと思いますが、私は今年のGⅠ戦線のテーマは『病院か病気(ケガ)』ではないかと推測します。
 この4人共に、映画またはドラマで医師役と看護士役で出演しています。内3人は8チャンネル、フジテレビ?だったと思います。佐藤さんはベテラン医師。小池くんは新米医師。大泉さんは男性ベテラン看護士。蒼井さんは半新米看護士。です。
 今年度のインフルエンザの流行もかなり早かった事もありますので、冬・春GⅠはこの流れでサイン読みしてみます。
 さてF・Sの予想はまたもピンクだったりして…。理由を書いていたら恥ずかしくなってきたので削除して、またお会いしましょう。

投稿: kinmaru | 2008年1月 9日 (水) 19時40分

パートⅡです(笑)
歴史を紐解け・・・後半の栄光で思い出す
グロリアスウイークですね。
1枠1番でした。
ドラゴンさんの見解合わせるとどの馬が入るにせよ
注目です。
また、鍛錬のもとに栄光が築かれる、ですが
このレースには出ていませんが、ミホノブルボンが
想起されます。
サムソンとパスポートが出たスプリングステークス。
この馬が生涯で唯一1番人気ではなかったレース
ブルボンは1枠1番でした。
私は1枠1番にヤマを張ります。

投稿: AKIRA | 2008年1月 9日 (水) 22時52分

シンザン記念

2枠、
ダブル安藤のパターンって無し…?

投稿: | 2008年1月12日 (土) 12時44分

はじめますてm(__)m
毎回たのしく、読ませていただいております。
『名馬の歴史を紐解け、鍛錬のもとに(英子う)は築かれる。』
5枠9番 マヤノベンケイ 福永祐一 梅内忍 田所英子
いかがでしょうか?

投稿: 麦わら帽子 | 2008年1月12日 (土) 19時03分

シンザン記念
さて、どなたかが言われてましたように、安藤騎手兄弟が2枠に同居したのは注目すべきと思います。
それと、枠を跨ぐ形で「ドリーム」馬名馬が隣り合わせに配置されました。
これらから、間に挟まれた、
【ドリームガードナー】を本命視したいと考えています。

投稿: 公太郎 | 2008年1月12日 (土) 23時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シンザン記念ガーネットS2008サイン攻略1:

» シンザン記念展望2 [競馬ASサイン]
シンザン記念の展望2回目です。 今回はレーシングダイアリーの前半部分をもう少し突っ込んで解釈します。 名馬の歴史を紐解け、ですね。 このレースを制した名馬は数々あれど、後にダービーを制したタニノギムレットが 筆頭かと思っていたら、JRAの今週の注目レースのシンザン記念の 歴史・プレイバックの最後尾にそのタニノギムレットのコラムが載っていたので、 やはり、何らかのサインがタニノギムレットから発進されると見ました。 1番人気、武豊、2枠3番、父ブライアンズタイム 父ブライアンズタイムはイイデシ... [続きを読む]

受信: 2008年1月 9日 (水) 18時57分

« 金杯2008サイン攻略5 | トップページ | シンザン記念ガーネットS2008サイン攻略2 »