« サイン競馬ポスター先出し有馬記念 | トップページ | 朝日杯フューチュリティSサイン攻略2 »

2007年12月 6日 (木)

朝日杯フューチュリティSサイン攻略1

2007朝日杯フューチュリティステークス フラッシュのサイン読み1

月と太陽

JRA公式ホームページのフラッシュムービー
朝日杯に相応しく、朝日の昇る様子を表現しています。
しかし、太陽が昇る前の空が、夜空と呼ぶには少々明るすぎるのが気になります。
Fm200712091

何の意図も持たずに『昇る朝日』を表現したのなら、もっと暗い夜空から徐々に明るくなるというシチュエーションになるのが普通です。
暗くできなかった理由があるのではないでしょうか?
よく見ると中央に丸い何かが見えます。
雲ではないようですが、分りづらいので画像を補正してみましょう。
Fm200712094

月です。
しかし単に月を表現するためならば、空を明るくする必要はありません。
むしろ逆ですね。
夜空を暗くすることで、月の光が強く表現できます。
空の明度と月の明度の差が大きいほど、月は明るく光って見えるからです。
ところが実際のフラッシュでは、空は微妙に明るく、月は在るのか無いのか分らないくらいに描かれています。
空と月の明度差を少なくしなければならなかった理由。
それはここに描かれた月が『見えない月』だからではないでしょうか。

見えない月 = 新月

それは次に登場するコピーからもうかがい知れます。
Fm200712092

『才能に満ちた若駒たち』

満ちた = 満月
新月と対極にあるのが、この満月です。
真逆を明記することによる暗示だと考えます。
レーシングダイアリーにはこうあります。
『次代を予感させる出会い。夢を自由に描き始める鋭。』

次の新月は12月10日。
朝日杯の翌日です。
これは、JRAがサインとして使うのに好みそうなタイミングですね。

新月の別名を『朔』といいます。
朔とは『1日(ついたち)』であり『最初・はじまり』という意味を持ちます。

ダイアリーをもう一度ご覧ください。
『~始める~』とありますね。

フラッシュの示すもの。
それは 『 最初・はじまり 』 であると解釈しました。

最初にマークするのは1枠です。
枠の中で朔を表す位置はこの枠しかありません。

次は1番人気。
そして1番目の登録馬。
アグネスクリスタルが抽選から漏れたため、このふたつの要素はアポロドルチェが同時に獲得することになりそうです(人気は当日まで分りませんが)。

最後に『はじめてのG1制覇』という可能性のある騎手を押さえます。

川田将雅 キャプテントゥーレ
吉田隼人 ドリームガードナー
小牧太   ミリオンウェーブ

現状で最も有力と考えられるのはアポロドルチェです。
フラッシュムービーの続きをご覧ください。
Fm200712093

昇った太陽をバックに『勝利』の文字。
太陽が勝利するという暗示なのだと解釈します。

アポロ(アポロン)
ギリシャ神話における太陽神
双子の妹は月の女神アルテミス

アポロ
人類史上初めてにして唯一、月への着陸を果たしたアメリカの宇宙船

太陽にして月。
ふたつのサインを同時に体現するのがこの馬なのです。

アポロドルチェを現時点での本命とします。
(他の馬および枠は次点とします)

にほんブログ村 競馬ブログへ

朝日杯フューチュリティSサイン攻略2

JRAサイン競馬暗号完全攻略トップページはこちら

|

« サイン競馬ポスター先出し有馬記念 | トップページ | 朝日杯フューチュリティSサイン攻略2 »

G1-2007後期」カテゴリの記事

ギャンブル」カテゴリの記事

コメント

携帯閲覧用記事
朝日杯フューチュリティSサイン攻略1
【月と太陽】

JRA公式ホームページのフラッシュムービーが気になります。
朝日杯に相応しく、朝日の昇る様子を表現しているのですが、太陽が昇る前の空が、夜空と呼ぶには少々明るすぎるのです。

何の意図も持たずに『昇る朝日』を表現したのなら、もっと暗い夜空から徐々に明るくなるというシチュエーションになるのが普通です。
暗くできなかった理由があるのではないでしょうか?
よく見ると中央に丸い何かが見えます。
画像を補正してみると『月』であることが分りました。
しかし単に月を表現するためならば、空を明るくする必要はありません。
むしろ逆ですね。
夜空を暗くすることで、月の光が強く表現できます。
空の明度と月の明度の差が大きいほど、月は明るく光って見えるからです。
ところが実際のフラッシュでは、空は微妙に明るく、月は在るのか無いのか分らないくらいに描かれています。
空と月の明度差を少なくしなければならなかった理由。
それはここに描かれた月が『見えない月』だからではないでしょうか。

【見えない月=新月】

それは次に登場するコピーからもうかがい知れます。
『才能に満ちた若駒たち』

【満ちた=満月】
新月と対極にあるのが、この満月です。
真逆を明記することによる暗示だと考えます。
レーシングダイアリーにはこうあります。
『次代を予感させる出会い。夢を自由に描き始める【新】鋭。』

次の新月は12月10日。
朝日杯の翌日です。
これは、JRAがサインとして使うのに好みそうなタイミングですね。

新月の別名を『朔』といいます。
朔とは『1日(ついたち)』であり『最初・はじまり』という意味を持ちます。

ダイアリーをもう一度ご覧ください。
『~【始める】~』とありますね。

フラッシュの示すもの。
それは【最初・はじまり】であると解釈しました。

最初にマークするのは【1枠】です。
枠の中で朔を表す位置はこの枠しかありません。

次は1番人気。
そして1番目の登録馬。
アグネスクリスタルが抽選から漏れたため、このふたつの要素は【アポロドルチェ】が同時に獲得することになりそうです(人気は当日まで分りませんが)。

最後に【はじめてのG1制覇】という可能性のある騎手を押さえます。

川田将雅キャプテントゥーレ
吉田隼人ドリームガードナー
小牧太ミリオンウェーブ

現状で最も有力と考えられるのはアポロドルチェです。
フラッシュムービーの続きはこうです。

【昇った太陽をバックに『勝利』の文字】

太陽が勝利するという暗示なのだと解釈します。

アポロ(アポロン)=ギリシャ神話における太陽神(双子の妹は月の女神アルテミス)

アポロ=人類史上初めてにして唯一、月への着陸を果たしたアメリカの宇宙船

【太陽にして月】
ふたつのサインを同時に体現するのがこの馬なのです。

アポロドルチェを現時点での本命とします。
(他の馬および枠は次点とします)

投稿: ドラゴン | 2007年12月 6日 (木) 23時07分

ドラゴンさん、みなさんこんばんわ。
ドラゴンさんの朝日杯FSフラッシュ解読凄すぎです!!

アポロドルチェの馬券圏内率はかなり高いと感じました。

それと【ス】ターキング【マン】号(森 秀行厩舎)が12月6日付で競走馬登録を抹消しました。

【マンス】が隠されています。別な意味の【月】ですが・・・・・。

ここから森 秀行厩舎キャプテントゥーレに注目するのも有りかも知れませんね。


投稿: にし | 2007年12月 7日 (金) 00時14分

ドラゴンさん、みなさんこんばんは。

朝日杯フューチュリティS
連対枠
     マイルCS枠    朝日杯FS枠
2007  [4]-[4]  →  ????
2006  [4]-【5】  →  [2]-【5】
2005  【3】-[6]  →  【3】-[6]
2004  【4】-[8]  →  【4】-【4】
2003  [6]-【8】  →  [1]-【8】
2002  【3】-[5]  →  [1]-【3】
2001  【5】-[7]  →  [1]-【5】

非連対枠
     エリ女王杯枠    朝日杯FS枠
2007  [5]-[7]  →  ????
2006  [4]-[8]  →  [2]-[5]
2005  [1]-[4]  →  [3]-[6]
2004  [2]-[6]  →  [4]-[4]
2003  [3]-[4]  →  [1]-[8]
2002  [4]-[8]  →  [1]-[3]
2001  [2]-[7]  →  [1]-[5]
2000  [1]-[1]  →  [2]-[4]
1999  [3]-[8]  →  [5]-[5]
1998  [1]-[8]  →  [5]-[5]
1997  [2]-[3]  →  [6]-[6]
1996  [2]-[8]  →  [1]-[7]

なんとエリザベス女王杯の枠が11年間(つまり古馬混合レースとなってから)連対してませんね。今回は[5][7]枠が該当します。
マイルCSの枠が6年間連対しており今回は[4]枠要注意です。
枠順決まってから各予想紙、スポーツ紙でデータが取り上げられますがその前に・・・
以前から1番人気が強いレースとして有名ですが、過去58回のレースでの勝ち馬は、
1番人気・・・41.4%、2番人気・・・17.5%、3番人気・・・5.2%となっています。
逆に6番人気以下が12.1%の勝率なのでそこそこの配当にはなるようです。
確かに1番人気馬の勝率は高いのですが、最近5年間では1頭の勝ち馬もいません。
ですから1番人気馬を買う際は馬単よりも馬連の方が安心感があるかも。
面白いのは最近10年間の枠連のうち4回でゾロ目が発生しているということです。
もし今回も、マイルCSの枠が連対するならば[4]-[4]のゾロ目は一考です。
明日の枠順が待ち遠しいところです。

投稿: トシ | 2007年12月 7日 (金) 01時53分

みなさんおはようございます
ドラゴンさんの朝日杯FSの本命アポロと聞いて心強いです!^^
にしさんの、スターキングマンの件からは、その線も面白いと思うんですが、個人的にはキングでストレートにヤマニン(キング)リーでいいのかな?とも思います^
^あと、ホオキパウエーブ引退からも後藤の後押しを感じますね^^
個人的にドルチェとシグナルは外せないと思います!
シグナルはルメール
この時期に、(クリスト)フは欠かせないと感じます!^^

投稿: R | 2007年12月 7日 (金) 05時34分

追記
トシさんのつた(IVY)の件でありましたが
朝日杯の未来というキーワードが有馬記念でも繋がるんでしょうか・・・
インティ(ライミ)=未来?

今回はナイとは思うんですが・・・
出てくれば個人的にはどうしても気になってしまう馬が1頭います
それはロックはロックでもロックドゥカンブです!
菊花賞馬が強い有馬記念という格言もありますし・・・
その上・・・今回は菊花賞1、2着馬が回避・・・

正直・・・これはひょっとしてひょっとする??
なんて感じたりもします・・・
勿論2、3着候補としてですが^^;
出来れば馬券を絞る意味でも出てきてほしくない1頭でした^^;

それではまた

投稿: R | 2007年12月 7日 (金) 05時50分

ドラゴンさんの言っていた【朔】ですが、たぶんサクラセンチュリーじゃないかな?
ラジオCMから先週の阪神JFの【4枠】に答え。
それと、ラジオCMではなぜか宝塚記念のキャッチを彷彿させてます。『宝物』なんて言葉もつかってますし。
宝塚のポスター【サクラローレル】サクラセンチュリーの逆位置と四位の隣に当て嵌まる馬。
人気決着かな?

投稿: ココが好き | 2007年12月 7日 (金) 13時24分

こんばんは。鳴尾記念の1枠の頭もサクですね!お尻はムンです

投稿: | 2007年12月 7日 (金) 18時14分

鳴尾 【2】【3】【6】のBOX
朝日 【7】【9】【14】のBOX

え~、これにて書き込み終わりにします。
ありがとうございました!

投稿: ココが好き | 2007年12月 7日 (金) 22時01分

こんばんは。

先週はついにジャングルポケット産駒がG1取ってくれました。
まだ2年目だというのにかなり待たされた気分です・・・。
馬券の方は、・・でした・・・。

今週の始まりである土曜中山1Rで1枠1番が取り消してます。
「はじまりは2枠」って取れるかもしれません。

先週第59回阪神JF。
その前に発表された有馬記念の第2回中間発表。
59位はブラックタイド。
先週の阪神でブラックタイドの弟ニュービギニングが7枠で出走しました。
7枠トールポピーとの繋がりはあるのでしょうか!?

今週第59回朝日杯FS。
その前に発表された有馬記念の最終発表。
59位はホオキパウェーブ。
金子真人HDの馬に注目しておきます。

ちなみに今週は阪神でブラックタイドの妹ヴェルザンディが2枠で出走します。

サインとしてはインパクトないですが、
今週は2枠注目します。

投稿: ポッケ | 2007年12月 8日 (土) 00時07分

連続ですみません。

詳しく知りませんが、
12/8(土)は水沢でオンファイア賞というものがあるんですね。

オンファイアもブラックタイドの弟ですね。
サインとしてのインパクトは少しあがりました(笑)。

2008年JRA年間キャンペーンキャラクターの佐藤浩市さん。
当レースの5枠に1字違いですが、同姓同名の調教師さんがいるようです。
サインに繋がるような結果が出ればいいですが。

投稿: ポッケ | 2007年12月 8日 (土) 00時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212819/17290962

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日杯フューチュリティSサイン攻略1:

« サイン競馬ポスター先出し有馬記念 | トップページ | 朝日杯フューチュリティSサイン攻略2 »