« 朝日杯フューチュリティSサイン攻略6 | トップページ | 朝日杯フューチュリティSサイン攻略8 »

2007年12月 8日 (土)

朝日杯フューチュリティSサイン攻略7

2007朝日杯フューチュリティステークス レーシングプログラムのサイン読み1

最初の王者 ミホノブルボン

『心に残る名勝負・名場面』
1991年第43回朝日杯3歳S
ミホノブルボンVSヤマニンミラクル
『鍛錬の最強馬、危機一髪!』

画像はこちら→朝日杯フューチュリティSサイン攻略6

ミホノブルボン
父 マグニチュード
母 カツミエコー
8戦7勝(朝日杯3歳S・皐月賞・ダービー優勝、菊花賞2着)
馬主   ミホノインターナショナル
生産   原口圭二
調教師 戸山為夫
騎手   小島貞博(全戦)

サインに使われそうなブルボンの属性は『逃げ』と『無敗』でしょう。
特に『逃げ』は別のサインも後押ししているので有望かもしれません。

しかしそれ以上に魅力的な要素があるので、私はそれを上位にとりました。

ブルボン現役時に、同馬の所属する戸山きゅう舎で調教助手をしていたのが現調教師の森秀行氏でした。
戸山調教師はブルボンが二冠を制した翌年の1993年にお亡くなりになっています。
その後、森調教師がきゅう舎を引き継ぎました。

今回の朝日杯FSの4枠をご覧ください。

4枠7番 キャプテントゥーレ 森秀行きゅう舎

『名勝負』の写真に写っているブルボンの4枠と合致します。

そして『名勝負』の1991年は朝日杯にとって特別な年です。
この年、番組改正によりレース条件が変更されました。

改正前
朝日杯3歳S ⇒ 東の3歳王者決定戦・牡馬・牝馬混合
阪神3歳S  ⇒ 西の3歳王者決定戦・牡馬・牝馬混合

改正後
朝日杯3歳S  ⇒ 東西の3歳王者決定戦・牡馬・せん馬限定
阪神3歳牝馬S ⇒ 東西の3歳王者決定戦・牝馬限定

つまり、この年から牝馬は牝馬だけの3歳(現表記2歳)G1レースに出走するようになったのです。

そして今年、1991年以降はじめて牝馬が朝日杯にエントリーしてきました。
(2004年に再度の番組改正が行われ、朝日杯出走条件は牡馬・牝馬となり、せん馬の出走はできなくなりました)

4枠8番 フォーチュンワード 出走馬中唯一の牝馬


森調教師の管理馬が配置された『ブルボンの4枠』に、この馬が同居しているのは偶然ではないでしょう。

ブルボンは『最初の東西統一3歳王者』
フォーチュンワードは『改正後最初の牝馬』

今回の朝日杯は、『最初・はじまり』がキーワードだと思っていますので、この属性は重要視したいと思います。

『名勝負』からは4枠を狙います。


次に採り上げたいのは『名勝負2着馬・ヤマニンミラクルの6枠』です。
今回の朝日杯FSの6枠にもヤマニン馬が配置されていますね。

6枠11番 ヤマニンキングリー

単純に『(ブルボンの)枠をそのまま使いますよ』ということなのかもしれませんが、一応馬券の相手には押さえたいと思います。

最後にブルボンの母名カツミエコーからカツミ名をピックアップします。

8枠16番 サブジェクト 安藤勝己

単純な発想ですが、以前ブルボンがレーシングプログラムに登場した際に、このサインが使われたことがあるのです。

京都大賞典 優勝 インティライミ  馬主サンデーR(代表2着吉田勝己
  〃     2着 ポップロック   馬主・吉田勝己
毎日王冠    3着 ダイワメジャー  安藤勝己
画像はこちら→毎日王冠・京都大賞典『私が出会った名馬』

しかも今回は『朝日杯フューチュリティSへの道』のコピーに『己(おのれ)』という文字が登場しています。
画像はこちら→朝日杯フューチュリティSサイン攻略5
安藤勝己の『己』です。
単純なサインですが大事にしたいと思います。

競馬ブログランキング参加中です。
当ブログを応援していただける方は、下のバナーをクリックしてください^^
よろしくお願いします!

にほんブログ村 競馬ブログへ

朝日杯フューチュリティSサイン攻略8

JRAサイン競馬暗号完全攻略トップページはこちら

|

« 朝日杯フューチュリティSサイン攻略6 | トップページ | 朝日杯フューチュリティSサイン攻略8 »

G1-2007後期」カテゴリの記事

ギャンブル」カテゴリの記事

コメント

携帯閲覧用記事
朝日杯フューチュリティSサイン攻略7
【最初の王者ミホノブルボン】

『心に残る名勝負・名場面』
1991年第43回朝日杯3歳S
ミホノブルボンVSヤマニンミラクル

サインに使われそうなブルボンの属性は『逃げ』と『無敗』でしょう。
特に『逃げ』は別のサインも後押ししているので有望かもしれません。

しかしそれ以上に魅力的な要素があるので、私はそれを上位にとりました。

ブルボン現役時に、同馬の所属する戸山きゅう舎で調教助手をしていたのが現調教師の森秀行氏でした。
戸山調教師はブルボンが二冠を制した翌年の1993年にお亡くなりになっています。
その後、森調教師がきゅう舎を引き継ぎました。

今回の朝日杯FSの4枠をご覧ください。

4枠7番キャプテントゥーレ【森秀行】きゅう舎

『名勝負』の写真に写っている【ブルボンの4枠と合致】します。

そして『名勝負』の1991年は朝日杯にとって特別な年です。
この年、番組改正によりレース条件が変更されました。

改正前
朝日杯3歳S⇒東の3歳王者決定戦・牡馬・牝馬混合
阪神3歳S⇒西の3歳王者決定戦・牡馬・牝馬混合

改正後
朝日杯3歳S⇒東西の3歳王者決定戦・牡馬・せん馬限定
阪神3歳牝馬S⇒東西の3歳王者決定戦・牝馬限定

つまり、この年から牝馬は牝馬だけの3歳(現表記2歳)G1レースに出走するようになったのです。

そして今年、1991年以降はじめて牝馬が朝日杯にエントリーしてきました。
(2004年に再度の番組改正が行われ、朝日杯出走条件は牡馬・牝馬となり、せん馬の出走はできなくなりました)

4枠8番フォーチュンワード【牝馬】

【森調教師】の管理馬が配置された【ブルボンの4枠】に、この馬が同居しているのは偶然ではないでしょう。

ブルボンは『【最初の】東西統一3歳王者』
フォーチュンワードは『改正後【最初の】牝馬』

今回の朝日杯は、【最初・はじまり】がキーワードだと思っていますので、この属性は重要視したいと思います。

『名勝負』からは4枠を狙います。

次に採り上げたいのは『名勝負2着馬・ヤマニンミラクルの6枠』です。
今回の朝日杯FSの6枠にもヤマニン馬が配置されていますね。

6枠11番ヤマニンキングリー

単純に『(ブルボンの)枠をそのまま使いますよ』ということなのかもしれませんが、一応馬券の相手には押さえたいと思います。

最後にブルボンの母名カツミエコーからカツミ名をピックアップします。

8枠16番サブジェクト安藤【勝己】

単純な発想ですが、以前ブルボンがレーシングプログラムに登場した際に、このサインが使われたことがあるのです。
京都大賞典・毎日王冠の週のレープロに『私が出会った名馬・ミホノブルボン』が掲載されました。

京都大賞典⇒優勝インティライミ馬主サンデーR(代表・吉田【勝己】)
京都大賞典⇒2着ポップロック馬主・吉田【勝己】
毎日王冠⇒3着 ダイワメジャー騎手・安藤【勝己】

しかも今回は『朝日杯フューチュリティSへの道』のコピーに【己(おのれ)】という文字が登場しています。
画像はこちら→朝日杯フューチュリティSサイン攻略5
安藤勝己の【己】です。
単純なサインですが大事にしたいと思います。

投稿: ドラゴン | 2007年12月 8日 (土) 18時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212819/17310188

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日杯フューチュリティSサイン攻略7:

» 投資競馬サービス『ファイナル』3ヶ月で、150万以上の利益!! [競馬商材と競馬予想無料レポートについて]
5000円キャッシュバック決定!! 定価34800円⇒29800円 「サイン 暗号競馬掲示板永久無料権利」 セットでプレゼント致します!! 競馬商材キャッシュバック... [続きを読む]

受信: 2007年12月 8日 (土) 22時43分

» 朝日杯FS予想〜武ヤマニン遂に戴冠!? [競馬ASサイン]
今日の鳴尾記念は3着同着の結果で、超チョイ勝ちでした。 アドマイヤ2頭を同着にしたのはどういう意図でしょね。 挟まれた14番のアポロドルチェなのか? 頭文字はアドですね。 さて、私の◎はヤマニンキングリーです。 武ついに戴冠か、と書きましたが、もちろん2、3着の結果もあり得ます。 阪神JFで福永、藤岡の朝日杯FSを再現しましたので(2.3着) レープロの名勝負 ミホノブルボンVSヤマニンミラクル 『鍛錬の最強馬 危機一髪』を見て ヤマニンミラクルは6枠6番でした。 6枠11番に武豊・ヤマニンキング... [続きを読む]

受信: 2007年12月 8日 (土) 23時04分

» 朝日杯フューチュリティS [株投資]
朝日杯フューチュリティSサイン攻略7しかも今回は『朝日杯フューチュリティSへの道』のコピーに『己(おのれ)』という文字が登場しています。 画像はこちら→朝日杯フューチュリティSサイン攻略5 安藤勝己の『己』です。 ... [続きを読む]

受信: 2007年12月 9日 (日) 07時57分

» 朝日杯フューチュリティS [湘南波情報]
朝日杯FS前日オッズ、アポロドルチェが1番人気netkeiba.com9日に中山競馬場で行われる朝日杯フューチュリティS(2歳牡牝、GI・芝1600m)の前日オッズ(8日17時30分現在)がJRAより発表された。 単勝オッズは、京王杯2歳S(GII)を勝っ ...(続きを読む) 【コラム】朝日杯フューチュリティs/カギを握るのは各馬の鞍上!ライブドア・スポーツ2歳チャンピオンを決するgi戦とはいえ、関係者の間ではどうも今ひとつ盛り上がらないのが最近の朝日杯フューチュリティs。というのも陣営のほとん... [続きを読む]

受信: 2007年12月 9日 (日) 08時27分

« 朝日杯フューチュリティSサイン攻略6 | トップページ | 朝日杯フューチュリティSサイン攻略8 »