« 朝日杯フューチュリティSサイン結果 | トップページ | 阪神C&フェアリーSサイン攻略2 »

2007年12月15日 (土)

阪神C&フェアリーSサイン攻略1

2007阪神カップ&フェアリーステークス レーシングプログラム1

表紙
第52回有馬記念(G1)

画像をクリックすると拡大できます。
下端が切れてしまう場合、ブラウザの『拡大レベルの変更』等で拡大・縮小してください。

表紙
1985年第2回テレビ東京賞3歳牝馬S
優勝馬 メジロラモーヌ+柏崎正次 5枠7番
2着馬 ダイナフェアリー+増沢末夫 4枠5番
Rp200712162   

裏表紙
有馬記念ポスター
『最強同士がぶつかり合う祭典。』

画像はこちらのものと同じです→サイン競馬ポスター先出し有馬記念

第52回有馬記念(G1)
2007年を締めくくるのは、果たして誰か―
Rp200712163

阪神C&フェアリーSサイン攻略2

JRAサイン競馬暗号完全攻略トップページはこちら

|

« 朝日杯フューチュリティSサイン結果 | トップページ | 阪神C&フェアリーSサイン攻略2 »

G2・G3-2007」カテゴリの記事

ギャンブル」カテゴリの記事

コメント

携帯閲覧用記事
阪神C&フェアリーSサイン攻略1

画像は本生地(阪神C&フェアリーSサイン攻略1)でご覧いただけます。

【表紙】
1985年第2回テレビ東京賞3歳牝馬S
優勝馬メジロラモーヌ+柏崎正次5枠7番
2着馬ダイナフェアリー+増沢末夫4枠5番

【裏表紙】
有馬記念ポスター
『最強同士がぶつかり合う祭典。』
画像は違うページにあります→(サイン競馬ポスター先出し有馬記念)

【第52回有馬記念(G1)2007年を締めくくるのは、果たして誰か―】
『様々なドラマに満ちた2007年の中央競馬も、いよいよ次週がラストウィーク。最終決戦のG1・有馬記念を制するのは、どの馬でしょうか?実力とプライドが激しく火花を散らす大一番に、ぜひご期待ください!』
使用されている写真は5枚。
第51回ディープインパクト(3枠4番)がページの半分を占めています。
他は小さめの写真
第51回ディープインパクト(3枠4番)
第45回テイエムオペラオー(4枠7番)
第39回ナリタブライアン(7枠11番)
第22回テンポイント(3枠3番)

以上

投稿: ドラゴン | 2007年12月15日 (土) 11時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212819/17371690

この記事へのトラックバック一覧です: 阪神C&フェアリーSサイン攻略1:

« 朝日杯フューチュリティSサイン結果 | トップページ | 阪神C&フェアリーSサイン攻略2 »