« 朝日杯フューチュリティSサイン攻略3 | トップページ | 朝日杯フューチュリティSサイン攻略5 »

2007年12月 8日 (土)

朝日杯フューチュリティSサイン攻略4

2007朝日杯フューチュリティステークス 地方競馬のサイン読み2

総の国から

前回の朝日杯フューチュリティSサイン攻略3では、地方・船橋競馬からサインが発信されているらしいというところまでお話ししましたね。
今回はその続きです。

船橋クイーン賞は牝馬限定の重賞です。
そして今年の朝日杯フューチュリティステークス(FS)には、偶然にも(?)牝馬がエントリーしています。

牝馬

これがサインを解く鍵になるのではないかと考えました。

朝日杯FS
4枠8番 フォーチュンワード(牝) 松岡 古賀慎明きゅう舎

この枠と馬名、そして騎手名が突破口となりました。
サインへと繋がるレースはクイーン賞ではなく、後藤が連続騎乗した次のレース・総の国オープンだったのです。

総の国オープン(ダート1600M)の4枠をご覧ください。

4枠5番 ケイイダンシング 部誠  井出上一きゅう舎
4枠6番 タイサファリ    本克之

松岡と(古賀)慎アキが配置されています。

そして、タイキサファリはある有名馬の弟です。
兄は(朝日杯FSと同じ)1600Mの世代限定G1を勝った馬であり、フォーチュンワードという名前を想起させるに充分な馬です。
兄の名は

1996年第1回NHKマイルカップ(3歳限定1600MG1)
優勝4枠7番 
タイキフォーチュン

これらの4枠強調から、朝日杯FSへのサインレースは、総の国オープンで間違いないと思われます。

総の国オープン結果
優勝3枠 3番 ブルーローレンス
2着 6枠10番 シャイニールック
3着 5枠 8番 フォースキック

総の国オープン詳細出馬表および結果→南関東4競馬場・2007年12月5日船橋

出目の連動なら枠3-5-6のどれかです。
この中のひとつは使用されるでしょう。

しかし、優勝馬は別の枠にいると思います。
その根拠は、このレースに朝日杯FS出走歴を持つ馬が配置されていたことにあります。
JRAの重賞であっても、朝日杯FSの出走歴保有馬が含まれる確率はそれほど高くはありません。
ましてや船橋のオープン特別に配置されたとなると、これは偶然ではないでしょう。
ここまで手の込んだサインならば、単なる馬券圏内確保馬ではなく、優勝の可能性を持った馬だと考えます。

総の国オープン枠順
7枠12番 
ディープサマー 船橋・川島きゅう舎

このディープサマーが出走した朝日杯FSは2004年でした。

2004年 朝日杯FS結果
優勝4枠 7番 マイネルレコルト 後藤浩輝 堀井きゅう舎

2着 4枠 8番 ストーミーカフェ
3着 1枠 2番 ペールギュント
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
6着8枠15番 ディープサマー

当ブログが本命視しているアポロドルチェと同じ騎手・同じきゅう舎の馬が勝った年です。

ここからアポロドルチェが最有力だと考えます。
同じくらいに重視したいのは優勝枠である4枠です。
最後にディープサマー自身の配置された場所を相手候補にピックアップします。

まとめます。

船橋サインからのピックアップ馬
第一本命7枠14番 アポロドルチェ
第二本命4枠 7番 キャプテントゥーレ
次位   4枠 8番 フォーチュンワード
連下   8枠15番 ドリームガードナー

枠連動3・5・6枠からは1頭(最大でも2頭)しか来ないと思いますので、今後のサイン解読で絞り込んでからのピックアップとします。

競馬ブログランキングに参加中です。
応援していただける方は、下のバナーをクリックしてください。
よろしくお願いします^^

にほんブログ村 競馬ブログへ

朝日杯フューチュリティSサイン攻略5

JRAサイン競馬暗号完全攻略トップページはこちら

|

« 朝日杯フューチュリティSサイン攻略3 | トップページ | 朝日杯フューチュリティSサイン攻略5 »

G1-2007後期」カテゴリの記事

ギャンブル」カテゴリの記事

コメント

携帯閲覧用記事
朝日杯フューチュリティSサイン攻略4
【総の国からの指名馬】

前回の『サイン攻略3』では、地方・船橋競馬からサインが発信されているらしいというところまでお話ししましたね。
今回はその続きです。

船橋クイーン賞は牝馬限定の重賞です。
そして今年の朝日杯フューチュリティステークス(FS)には、偶然にも(?)牝馬がエントリーしています。

【牝馬】
これがサインを解く鍵になるのではないかと考えました。

朝日杯FS
4枠8番フォーチュンワード(牝)松岡騎手・古賀慎明きゅう舎

この枠と馬名、そして騎手名が突破口となりました。
サインへと繋がるレースはクイーン賞ではなく、後藤が連続騎乗した次のレース・総の国オープンだったのです。

総の国オープン(ダート1600M)の4枠はこうなっています。
4枠5番ケイ【ア】イダンシング【岡】部誠騎手・井出上【慎】一きゅう舎
4枠6番タイ【キ】サファリ【松】本克之騎手

【松岡】と【慎アキ】が配置されています。

そして、タイキサファリはある有名馬の弟です。
兄は(朝日杯FSと同じ)1600Mの世代限定G1を勝った馬であり、フォーチュンワードという名前を想起させるに充分な馬です。
兄の名は
1996年第1回NHKマイルカップ(3歳限定1600MG1)
優勝【4枠7番】タイキ【フォーチュン】

これらの【4枠強調】から、朝日杯FSへのサインレースは、総の国オープンで間違いないと思われます。

総の国オープン結果
優勝3枠3番ブルーローレンス
2着6枠10番シャイニールック
3着5枠8番フォースキック

出目の連動なら【枠3-5-6】のどれかです。
この中のひとつは使用されるでしょう。

しかし、優勝馬は別の枠にいると思います。
その根拠は、このレースに【朝日杯FS出走歴を持つ馬が配置されていた】ことにあります。
JRAの重賞であっても、朝日杯FSの出走歴保有馬が含まれる確率はそれほど高くはありません。
ましてや船橋のオープン特別に配置されたとなると、これは偶然ではないでしょう。
ここまで手の込んだサインならば、単なる馬券圏内確保馬ではなく、優勝の可能性を持った馬だと考えます。

総の国オープン枠順
7枠12番ディープサマー船橋・川島きゅう舎

このディープサマーが出走した朝日杯FSは2004年でした。

2004年 朝日杯FS結果
優勝【4枠7番】マイネルレコルト【後藤浩輝・堀井きゅう舎】
2着4枠8番ストーミーカフェ
3着1枠2番ペールギュント
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
6着8枠15番 ディープサマー

当ブログが本命視している【アポロドルチェと同じ騎手・同じきゅう舎】の馬が勝った年です。

ここからアポロドルチェが最有力だと考えます。
同じくらいに重視したいのは優勝枠である4枠です。
最後にディープサマー自身の配置された場所を相手候補にピックアップします。

まとめます。

船橋サインからのピックアップ馬
第一本命7枠14番アポロドルチェ
第二本命4枠7番キャプテントゥーレ
次位4枠8番フォーチュンワード
連下8枠15番ドリームガードナー

枠連動3・5・6枠からは1頭(最大でも2頭)しか来ないと思いますので、今後のサイン解読で絞り込んでからのピックアップとします。

投稿: ドラゴン | 2007年12月 8日 (土) 00時12分

ドラゴンさん、こんばんは。この朝日FSは私の◎が抽選突破できなかったので、流れ悪しと判断して皆さんの予想を全部まとめて金曜前売りで乗らせて貰います。
皆さんの総合買い目
枠連ボックス①④⑤⑥⑦⑧が抑え
馬連⑭=①③⑧⑨⑫⑬3連単⑧⑨⑭→①③⑦⑧⑨⑪⑫⑬⑭⑯→①③⑦⑧⑨⑪⑫⑬⑭⑯
迷ったら、これも有りですかね…

投稿: 覇者会員 | 2007年12月 8日 (土) 01時22分

ドラゴンさんみなさんこんばんわ。
朝日杯FSではドラゴンさんが素晴らしいサイン解読を披露しています。

その信頼度は非常に高いと感じます^^

私が良いと感じるのは14番アポロドルチェ、7番キャプテントゥーレ、
そして11番ヤマニンキングリーです。
(11番については3番手評価です)

11番が気になる理由についてはフラッシュの玉が11個でサッカーの人数からサイン解読を進めてきましたが、
サッカー⇒ヤタガラス⇒太陽⇒神武天皇⇒新月⇒建国記念日に繋がりがある事が判りました。
少し話が長くなるので興味のある方のみお付き合いをお願いします。

まずヤタガラスからです。

「ヤタガラス」は、3本足の大きな鳥のことで、
【日の神(太陽)のシンボル】であるといわれ、【神武天皇】東征の際の神話に登場します。
 
神武天皇が熊野から大和に入る吉野の山中で道に迷われ、その時に天の神が、 道案内のためにつかわした3本足の大きな鳥が「ヤタガラス」であるといわれています。
 
「道案内の鳥」ということから、日本サッカーの未来を導いていくと考えられ、【日本サッカー協会のエンブレム】マークにも使われています。

三本足の鳥の神話は、世界に広がっており、【太陽と関連付けられている】場合が多いのですが
黒い烏は太陽の黒点を表しているという説もありますし【太陽神アポロンの烏】も3本足です。

それと【2月11日は建国記念日】であるが、大東亜戦争の終戦以前においては紀元節と呼ばれていました。
紀元節とは、神武天皇の即位を我が国の紀元元年として奉祝する日のことです。
『日本書紀』によれば、神武天皇の即位の日付は「辛酉年 春正月 庚辰【朔】です。

神武天皇の即位年の「辛酉年」は、グレゴリオ暦 (太陽暦) の【2月11日】です。
【朔】とは【新月の日】であり、現代の天文学の知識に基づいて神武天皇の即位当時の西暦紀元前660年の月齢を計算すると、
【2月11日は新月に当たり】ます。

理由については以上です。

ドラゴンさんのサイン攻略5~楽しみにしています。

投稿: にし | 2007年12月 8日 (土) 05時01分

みなさんおはようございます
攻略もかなり最高潮に達しているようですね!^^
少しだけ私からも気付いた点だけ書いておきます
朝日杯からは、新聞でも相変わらず賑わっている例の朝青龍ネタから単純に4枠も押さえる必要ありかな?とも感じます^^;
同じ朝繋がりで^^笑
4枠で(フォー)チュンワードもベタですが^^;
案外こういうのがストレートだったり^^;
それに、月の意味の別解釈は・・・
女・・・つまり牝馬とも言えると思いますし
自身か隣を教えるサインか?・・・
それともマヤカシか?^^;
朝日杯と鳴尾記念の関連性を発見しました
まず、どちらも安勝が8枠に配置されていること!
鳴尾記念は2つの解釈ができるかな?と感じます
1、言葉通り尾に注目でラストの8枠
2、朝日杯の2枠にドリームシグ(ナル)配置から→馬名末(尾)が(鳴る)で2枠の示唆
アドマイヤオーラ、エイシンデピュティ共に怪しいですね・・・
オーラは、有馬記念ポスターからも、織田裕二の背後にオーラを感じますし・・・
エイシンにしても今やアドマイヤの主戦岩田ですし・・・
あともう1つ考えられるのは、鳥関連です

いずれにしても・・・安勝の8枠ダブルは異常だと感じます
どちらかは絡むんじゃないでしょうか?・・・
個人的には朝日杯FSの方だと睨んでいるんですが・・・

それではまた

投稿: R | 2007年12月 8日 (土) 09時36分

追記
私がさきほど何故朝日杯FSの方かと言ったかの理由だけ説明しておきます^^;
単純ですが・・・
個人的には安勝は有馬記念では勝てないと感じています
となれば・・・記録更新がかかったこの状況で考え得るストーリーは2つしかありません
1つは、朝日杯FSを勝ってG1年間最多記録を更新という偉業を達成するか!?
・・・はたまた、どちらも負けて記録タイで幕を閉じるか・・・
有馬記念でウオッカが勝って感動の大フィナーレを演出すると仮定すれば・・・
安勝の方もハッピーエンドなら更に話題的には大盛り上がりを見せることは間違いない!とは思うんですが・・・
そんなわけで、サインとは決して言えないレースの展開とも言えない^^笑ドラマの展開予想とでもいいましょうか^^;
可能性が高いのは朝日杯という見解です^^;
まあ当面の強敵はアポロだと思いますが・・・

投稿: R | 2007年12月 8日 (土) 09時51分

ラストです^^;
朝日杯FSですが・・・
この時期ですし、ちょっと早いジングル(ベル)が鳴って(鈴)ジュピターなんかがあっても意外ではありませんね^^

それではまた

投稿: R | 2007年12月 8日 (土) 09時56分

ドラゴンさん、みなさんおはようございます。
ドラゴンさんが『朝日杯フューチュリティSサイン攻略1』
http://jra-sign.air-nifty.com/blog/2007/12/post_eebe.html
で提唱された 新月=朔=1日(ついたち) =最初・はじまり 説、大いにアリと思います。
出走馬で最も有力なのが7枠14番アポロドルチェ。
私の世代ではアポロというとアポロ計画=月着陸を真っ先に思い出します。
もっとも『アポロ』はアポロサラブレッドクラブ所有馬に付けられる冠名ですから他にもたくさんいますが・・・。
このアポロドルチェの生まれ日は2005年4月10日、新月(月齢0)は前日の4月9日ですが、
この日は月齢1(正確には1.3) 最初・はじまりにピッタリと思いませんか?
さらに言えば4月9日は皆既日食の日でした。(日本では観測できませんでした)
日食はまさに太陽と月とが織りなす芸術的な自然現象です。
暗闇が明るさを取り戻す、つまり月に覆われた太陽が再び現れる瞬間を表わしているのがあのフラッシュではないでしょうか?
にしさんの「ヤタガラス」「日の神(太陽)のシンボル」「神武天皇」説からヒントを得たのですが、
「日の神(太陽)のシンボル」=天照大神(あまてらすおおみかみ)と考えた場合、唯一の女性(牝馬)である4枠8番フォーチュンワードも気になりますね。
天照大神の天岩戸(あまのいわと)の話=日食説もあるようですから軽視できないと考えています。
かなりの人気になりそうで馬券的妙味は少ないですが7枠14番アポロドルチェと4枠の両頭を中心に予想していきたいと思います。

投稿: トシ | 2007年12月 8日 (土) 10時16分

 ドラゴンさん、皆さんおはようございます。
朝日は結果待ちだけにしようと思ったんですが、私と同じで皆さんもやはり有馬のサイン読みと資金繰りを考えて『取りに?!』来てますね!!夜間に合えば書きますが、飲んでしまったら腑抜けになるので、ここで私的洞察1本だけ。
『⑯サブジェクト・安藤勝巳』ここの枠(馬番)月齢1才の新月と15才の満月に囲まれていませんか?もっと出たい馬が居たのに、なぜ18頭ではない朝日?そう思うのは私だけ?ドラゴンさんの推理と合わせると、私の答えはRさんと半分同じです。でもこれじゃー馬連も3連複も安そうですね。少しだけ遊ぶ事にします。それではまた。

投稿: kinmaru | 2007年12月 8日 (土) 10時30分

 追伸
ドラゴンさんの言う通り、朝日の翌日10日が新月(1.2)ですね。そこで満月は25日クリスマス。新月と満月に挟まれた今年の有馬。さてどんなプレゼントが待っているのかな?J様は先に安勝にプレゼントするかなー?多分ここで有馬も決まりですね。16か18頭立て①サムソン⑤ウオッカ⑪メジャー⑫スカーレット⑮ロック⑱…期待したいですね!

投稿: kinmaru | 2007年12月 8日 (土) 10時42分

kinmaruさんこんにちは
ラストとか言いながらまた来てますが^^;
ロックはどっちですか?ポップじゃない方ですか?
マイナーという意味じゃないですが^^;
酒(ワイン)の方ですかね?
騎手がキネーンらしいですね・・・
有馬キネーンというオチでしょうか?・・・^^;
酒あり、ポップだのメジャーだのあり・・・
とにかく盛り沢山の話題尽きない例年には珍しいほどの超豪華メンバーが揃いそうだということは確かですね!^^
特にこんなにも3歳に話題が集中する年も異例ですね・・・
何度も失礼しました

投稿: R | 2007年12月 8日 (土) 11時42分

おっといい忘れです^^;
朝日杯FSですが・・・
時事ネタからサッカー関連でACミラン→5枠のエーシンの勝負服と酷似していませんか?!
名前も・・・(エーシー)ミラン⇔(エーシ)ン
しかも・・・ポジション名フォワードまで・・・
自身か同枠示唆でしょうか?

以上です

投稿: R | 2007年12月 8日 (土) 11時49分

有馬記念のポスターを見ながら
土曜中山8レース
マチカネフクノカミの単勝は勝負。平場だってサインは教えている。朝日杯は勝負とはいけないのですがヤマニンキングリーかなと。

投稿: アキ | 2007年12月 8日 (土) 12時46分

皆さん、こんばんは。

今週は野球といいサッカーといいスポーツが多く話題に上がった週でありました。
そういうこともあり、『朝日杯フューチュリティS』という字を見ていると【リティ】という字が気になり・・・。

第56回
6番メジ【ロス】ナイパー
7番マイネルレコルト
8番ストーミーカ【フェ】

第57回
11番レソナル
12番フサイチリシャール
13番タニオブ【ゴール】ド

第58回
2番【ゴール】ドアグリ
3番ドリームジャーニー
4番マイネルレー【ニア】

…といった特徴を見つけました。ちょっと強引な感じもありますが。。
 今年はどうなるでしょうか。。。

投稿: ツナまぐろ | 2007年12月 8日 (土) 18時09分

私見ですが朝日杯はただ一頭だけの牝馬の出走がポイントになりそうな気がします。特に両隣に注意かと。朝日は単勝でスズジュピターとサッカーを意識させるエーシンの二点で勝負します。

投稿: smaa | 2007年12月 9日 (日) 05時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212819/17300574

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日杯フューチュリティSサイン攻略4:

» 【勝馬総本部】無料資料請求募集 [働きマンナオトの不労所得日記,朝日杯フューチュリティSサイン攻略4]
「無料の資料請求」で「同業他社が少ない」ので、新規会員の大量獲得が可能だ。年中開催されている競馬だからこそいつでも会員を獲得するチャンスがある。無料競馬予想は勝馬総本部にお任せ下さい。... [続きを読む]

受信: 2007年12月 8日 (土) 03時17分

« 朝日杯フューチュリティSサイン攻略3 | トップページ | 朝日杯フューチュリティSサイン攻略5 »