« JC&JCDサイン攻略16 | トップページ | 阪神ジュベナイルFサイン攻略1 »

2007年11月27日 (火)

JC&JCDサイン結果

2007JC&JCダート サイン結果

JCダート本命ヴァーミリアン優勝!
JC本命メイショウサムソン3着!

2007 第8回 JCダート 結果
着順 枠番 馬番 馬名 人気 単オッズ
優勝 ヴァーミリアン 2.3
2着 11 フィールドルージュ 16.4 -
3着 サンライズバッカス 17.8
枠連 380円 馬連 1,350円 馬単 1,800円
3連複 4,400円 3連単 16,310円

2007 第27回 JC 結果
着順 枠番 馬番 馬名 人気 単オッズ
優勝 アドマイヤムーン 10.9
2着 ポップロック 10.5
3着 10 メイショウサムソン 1.8
枠連 3,530円 馬連 3,660円 馬単 8,100円
3連複 1,450円 3連単 15,980円

本日は私の考える競馬サインについてお話ししたいと思います。

馬券(買い目)的にはJCダートはかろうじて的中(単勝のみ的中)。
JCは馬券すべて外れ(サムソン3着の馬券は買っていませんでした)。
収支という点では、両レースともお話しになりませんでした。

しかし、多少なりともリターンのあったJCダート。
まったくリターン無しのJC。
普通なら、 JCダート>JC と考えるところでしょうが、私の考えではまったく逆です。

JCダート<JC

なぜなら私はこのように考えているからです。
『JRAは馬券になる
可能性の高い馬すべてにサインを出している』
『レース結果はあらかじめ決められている(騎手が決められたとおりに入線する)のではなく、展開や天候、不利等によって変わる
流動的なもの』
『JRAはあらゆる分析により、
可能性の高い結果をサインとして発信している』

異論のある方は大勢いらっしゃると思います。
ただ単に私がそう思っているというだけのことなので聞き流してください。
他の方のサイン理論を否定するつもりは毛頭ございません。
競馬サイン解読は数学などとは異なり検証不可能である以上、すべての理論が同等に正しく、同等に間違っていると思っております。
したがって、私は絶対に他の方を否定することはありません。

『2着馬へのサインは必ず出ていた』というのが私の考え方なので、それをキャッチできなかったJCダートよりも、アドマイヤムーンへのサイン(+ポップロック・サムソンへのサイン)を確実に捉えたJCの解読の方が価値があると考えます。

もちろん、予想(買い目)という立場では違いますよ。
このスタンスならば『どんな経路を辿ろうと、当てた者勝ち』ですから。

ちょっとややこしいですね。
つまり、サイン解読とサイン予想を私は分けて考えているのです。

サイン解読
『JRAは馬券になる可能性のある馬すべてにサインを出している』のだから、複数の馬へのサインが存在する。
それをひとつづつ拾って解き明かしてゆくのが『サイン解読』。

サイン予想
サイン解読によって得られたものを、買い目(馬券)という形に組み立てたものが『サイン予想』。

もちろん、私の中での分類です。
一般論を言っているのではありません。
私の考え方について今までハッキリと語ったことはかったのですが、ちょうどよいレース結果が出たのでお話ししてみました。

では、JC&JCDのサインについて簡単にふり返ります。

LJS2007サイン

最後まできっちりと連動しました。
『馬券になる3つの枠のうち2つを教えるサイン』というのは、とても貴重です。
JRAさん、ぜひ来年もこの美しい連動を続けてください。

黒船・ダーレーのサイン1黒船・ダーレーのサイン2

日本では不吉とされる『4番=死』を背負っても、『13でなければOK』とばかりに優勝をさらった現代の黒船・ダーレージャパン。
日本競馬の未来を象徴する光景を目撃したように思います。

この結果を受けて、私が想像するのは有馬記念です。
勝ち逃げするアドマイヤムーンに対して、来期も現役を続けるサムソンとウオッカ。
2頭とも有馬記念優勝を狙わざるをえなくなったと思います。

サムソンはアドマイヤムーンとのG1直接対決において1勝2敗になってしまいました。
しかもその1勝である天皇賞(秋)も、ムーンには大きな不利がありました。
今回のJCでサムソンがムーンの後塵を拝してしまったため、不利がなければどうなっていたか分からないという評価になってしまいました。
(同じく不利を受けたダイワメジャーが次走マイルCSを快勝したことも大きいですね)
もし仮に、今回サムソンが勝っていれば2勝1敗。
そうなれば、天皇賞(秋)は不利の有り無しに関係なくムーンは勝てなかったのでは?という論調が高まったことでしょう。
この時点で、国内の古馬G1最高峰である天皇賞(春)+天皇賞(秋)+JCを勝ったサムソンの年度代表馬はほぼ確定です。
しかしそうはなりませんでした。
サムソンが有馬を敗ければ、年度代表馬は絶望的です。
陣営としては是が非でも有馬記念を狙いに来るでしょう。

ウオッカも同じです。
ダイワスカーレットとのG1直接対決では0勝2敗。
しかしスカーレットのG1・3勝はすべて3歳限定戦、しかも牝馬限定です。
対してウオッカは、牡馬混合G1のダービー制覇を果たしています。
国内最高峰のG1・JCを制覇していれば、スカーレットとは互角以上。
有馬記念ではスカーレットに先着することだけ考えてレースをすればOKだったのです。
レースを勝ちに行くのと、特定の相手への先着を狙うのとでは騎乗がまったく変わってきますし、馬への負荷もまったく異なります。

有馬記念というレースは、ファンの盛り上がりとは裏腹に、有力馬陣営がまったく勝ちにこないケースが頻繁に見られます。
これはレースが寒厳期に芝の荒れた中山で行われるためです。
勝つ必要のない馬は無理をしないのです。
しかし、JRAにとっては年度末最後のドル箱レース。
ファンの多い馬は、売り上げ確保のために出走を強いられるのが通例です。

ところが今年は1・2番人気になるであろう馬たちが、ともに万全の仕上げで狙いに来る確率が高くなりました。

有馬記念は、サインが出てさえいれば、恐れずに1・2番人気を買えるレースになったことを(自分自身が)忘れないようにしたいと思います。

にほんブログ村 競馬ブログへ

阪神ジュベナイルFサイン攻略1

JRAサイン競馬暗号完全攻略トップページはこちら

|

« JC&JCDサイン攻略16 | トップページ | 阪神ジュベナイルFサイン攻略1 »

G1-2007後期」カテゴリの記事

ギャンブル」カテゴリの記事

コメント

携帯閲覧用記事
JC&JCDサイン結果-1

JCダート本命ヴァーミリアン優勝!
JC本命メイショウサムソン3着!

2007第8回JCダート結果
優勝4枠7番ヴァーミリアン◎
2着6枠11番フィールドルージュ無印
3着1枠1番サンライズバッカス△

2007第27回JC結果
優勝2枠4番アドマイヤムーン○
2着1枠2番ポップロック△
3着5枠10番メイショウサムソン◎

本日は私の考える競馬サインについてお話ししたいと思います。

馬券(買い目)的にはJCダートはかろうじて的中(単勝のみ的中)。
JCは馬券すべて外れ(サムソン3着の馬券は買っていませんでした)。
収支という点では、両レースともお話しになりませんでした。

しかし、多少なりともリターンのあったJCダート。
まったくリターン無しのJC。
普通なら、【JCダート>JC】と考えるところでしょうが、私の考えではまったく逆です。
【JCダート<JC】と考えます。

なぜなら私は次ように考えているからです。
『JRAは馬券になる可能性の高い馬すべてにサインを出している』
『レース結果はあらかじめ決められている(騎手が決められたとおりに入線する)のではなく、展開や天候、不利等によって変わる流動的なもの』
『JRAはあらゆる分析により、可能性の高い結果をサインとして発信している』

異論のある方は大勢いらっしゃると思います。
ただ単に私がそう思っているというだけのことなので聞き流してください。
他の方のサイン理論を否定するつもりは毛頭ございません。
競馬サイン解読は数学などとは異なり検証不可能である以上、すべての理論が同等に正しく、同等に間違っていると思っております。
したがって、私は絶対に他の方を否定することはありません。

『2着馬へのサインは必ず出ていた』というのが私の考え方なので、それをキャッチできなかったJCダートよりも、アドマイヤムーンへのサイン(+ポップロック・サムソンへのサイン)を確実に捉えたJCの解読の方が価値があると考えます。

もちろん、予想(買い目)という立場では違いますよ。
このスタンスならば『どんな経路を辿ろうと、当てた者勝ち』ですから。

ちょっとややこしいですね。
つまり、サイン解読とサイン予想を私は分けて考えているのです。

サイン解読=『JRAは馬券になる可能性のある馬すべてにサインを出している』のだから、複数の馬へのサインが存在する。
それをひとつづつ拾って解き明かしてゆくのが『サイン解読』。

サイン予想=サイン解読によって得られたものを、買い目(馬券)という形に組み立てたものが『サイン予想』。

もちろん、私の中での分類です。
一般論を言っているのではありません。
私の考え方について今までハッキリと語ったことはかったのですが、ちょうどよいレース結果が出たのでお話ししてみました。

JC&JCDサイン結果-2へ続く

投稿: ドラゴン | 2007年11月27日 (火) 21時44分

携帯閲覧用記事
JC&JCDサイン結果-2

では、JC&JCDのサインについて簡単にふり返ります。

【LJS2007サイン】
最後まできっちりと連動しました。
『馬券になる3つの枠のうち2つを教えるサイン』というのは、とても貴重です。
JRAさん、ぜひ来年もこの美しい連動を続けてください。

【黒船・ダーレーのサイン】
日本では不吉とされる『4番=死』を背負っても、『13でなければOK』とばかりに優勝をさらった現代の黒船・ダーレージャパン。
日本競馬の未来を象徴する光景を目撃したように思います。

この結果を受けて、私が想像するのは有馬記念です。
勝ち逃げするアドマイヤムーンに対して、来期も現役を続けるサムソンとウオッカ。
2頭とも有馬記念優勝を狙わざるをえなくなったと思います。

サムソンはアドマイヤムーンとのG1直接対決において1勝2敗になってしまいました。
しかもその1勝である天皇賞(秋)も、ムーンには大きな不利がありました。
今回のJCでサムソンがムーンの後塵を拝してしまったため、不利がなければどうなっていたか分からないという評価になってしまいました。
(同じく不利を受けたダイワメジャーが次走マイルCSを快勝したことも大きいですね)
もし仮に、今回サムソンが勝っていれば2勝1敗。
そうなれば、天皇賞(秋)は不利の有り無しに関係なくムーンは勝てなかったのでは?という論調が高まったことでしょう。
この時点で、国内の古馬G1最高峰である天皇賞(春)+天皇賞(秋)+JCを勝ったサムソンの年度代表馬はほぼ確定です。
しかしそうはなりませんでした。
サムソンが有馬を敗ければ、年度代表馬は絶望的です。
陣営としては是が非でも有馬記念を狙いに来るでしょう。

ウオッカも同じです。
ダイワスカーレットとのG1直接対決では0勝2敗。
しかしスカーレットのG1・3勝はすべて3歳限定戦、しかも牝馬限定です。
対してウオッカは、牡馬混合G1のダービー制覇を果たしています。
国内最高峰のG1・JCを制覇していれば、スカーレットとは互角以上。
有馬記念ではスカーレットに先着することだけ考えてレースをすればOKだったのです。
レースを勝ちに行くのと、特定の相手への先着を狙うのとでは騎乗がまったく変わってきますし、馬への負荷もまったく異なります。

有馬記念というレースは、ファンの盛り上がりとは裏腹に、有力馬陣営がまったく勝ちにこないケースが頻繁に見られます。
これはレースが寒厳期に芝の荒れた中山で行われるためです。
勝つ必要のない馬は無理をしないのです。
しかし、JRAにとっては年度末最後のドル箱レース。
ファンの多い馬は、売り上げ確保のために出走を強いられるのが通例です。

ところが今年は1・2番人気になるであろう馬たちが、ともに万全の仕上げで狙いに来る確率が高くなりました。

有馬記念は、サインが出てさえいれば、恐れずに1・2番人気を買えるレースになったことを(自分自身)忘れないようにしたいと思います。

記事おわり

投稿: ドラゴン | 2007年11月27日 (火) 21時45分

こんばんわ~阪神JFも楽しみです!

投稿: 小野 | 2007年11月27日 (火) 22時46分

ドラゴンさんみなさんこんにちは。
もうご存知の方もいると思いますが次週からのG1のサインをJRAのホームページにて見つけました。『2007阪神JF~有馬記念フェア』
各G1ウィークにはトークショーがあります。
阪神JFトークショー
ゲストは原良馬、山本博之
司会は宮嶋千佳子
あと12/2阪神のイベントに『第4・7回ワールドスーパージョッキーシリーズ総合優勝 世界の岡部 による解説』があります。ここもサインがありそうです。

投稿: 寅 | 2007年11月28日 (水) 00時11分

こんばんは。
いつも楽しく拝見しております。
できればエクウスのクイズネタはこれ以上、公にして欲しくないのですが・・・

投稿: エクウス小林 | 2007年11月28日 (水) 01時49分

ドラゴンさん、皆さん、おはようございます。

私もドラゴンさんが述べているように「勝つ可能性のある全ての馬にはサインが出ている」という考え方を支持します。
某巨大掲示板には「勝つ馬と勝つ番号は事前に決められている」というような書き込みがあり、それを読んで腹が立ってしまいました。
レース中の故障やアクシデントだってあるはずなのに…。
さて、阪神JFは全く予想する気になれない私です。それでは、また。。

投稿: ツナまぐろ | 2007年11月28日 (水) 01時51分

龍様、JCD&JCのサイン解読、お疲れ様でした!
そしてブログへのコメントをありがとうございました!
「さっ!ゲートが開いた!おおっとドラゴンが好スタート!離す離す、ぐいぐい離すっっっ!持ったまま楽々先頭に踊り出た・・・」
観たかったなぁ~そのロケットスタート(笑

ちなみに、私もTCKの馬場を走ったことがあります
前日の酒がワザワイし、向こう正面で「うっ!」と・・
「うっううっ!」と・・・競争中止しました(笑
砂の上なんか走るもんじゃありませんね(TCKの砂はケッコー深かったですよ!馬はエライ・笑)

私の平平凡凡としたブログとは違って、龍様のブログは真剣さと緊張感に満ち溢れています

ブログのテーマがどんなものであろうとも

ブログの書き手が自分の好きなことを書く・・・
それがブログ

ブログを一つの‘コミュニティー’とさえも捉えていない私なので、頭の中は常に自分の書きたいことが中心です(ジコチュー?笑)
ブログを読んで‘面白い’と思ったらまた観て下さい
‘つまんない’と思ったら右上の×を押して下さい
そんな感じです(笑

誰が何を書き込んだとしても、このブログは龍様のブログ
そのブログを面白いから観ている・・・シンプルなことですよね?
何も気になさらず、そのままで。
そのままで充分、楽しいブログですから!(笑


投稿: カッツ | 2007年11月28日 (水) 02時42分

みなさん、こんにちは。
JCという山場を越え、有馬記念までは小粒なレースが続きますね。
有馬記念まで競馬をお休みされる方も、たまには遊びにきてくださいね^^

エクウス小林さん
さしつかえなければ、理由をお聞かせください。
だいたいの予想はつくのですが、私の早とちりだと困るので^^;

投稿: ドラゴン | 2007年11月28日 (水) 10時01分

ドラゴンさん、こんにちは。

私はもちろん地方競馬にもサインは存在すると思っています。

某競馬場にてハイセイコー記念のレース発走を待っているところです。

第40回ハイセイコー記念

【フル】
【フル】
 ☆
【キン】
【ゴールド】

番に入ったジェイドファスト号がよく見えるので、番中心に馬券を買いました。
当たってくれ〜!
儲けさせてくれ〜!

投稿: ツナまぐろ | 2007年11月28日 (水) 15時36分

ツナまぐろさん
私も某競馬場にいました^^

ジェイドファスト4着!
惜しかったですね><
展開が向きませんでしたね。もう少し前につけられれば馬券圏内だったかもしれません。

私はJCダートに出走したボンネビルレコードがサインだと思っていました。
ボンネビルが大井にいたころの所属きゅう舎=庄子きゅう舎の馬が本日2頭出走していました。

1R5枠7番(右側)
2R5枠7番(右側)

2頭ともに同じ場所に配置されたので、ほぼ100%間違いないと思い、ハイセイコー記念の7番or5枠右側=9番のうちどちらかを軸に買おうと決めていました。
パドックで見るとどちらもいい馬なんですよね~これが。
最終的に選択した馬券がこれです。

http://jra-sign.air-nifty.com/about.html

レース結果は11-16-9
庄子きゅう舎サインは5枠右側の方が来ました。
ボンネビルがJCダートで配置された16番そのものも使ってます。
でも・・・2・3着というのが、ビミョーですね。

まぁ私の場合は、二者択一で7番を選択してしまいOUTですけど・・・。
完全な負け惜しみになりますが、7番ラパンテは絶対走ってくる馬だと思います。
被せられたり、砂をかぶると終わりみたいですけど・・・。
スンナリなら絶対走る馬だと思うので、そのうちお金は返してもらうことにします^^

ではまた。

投稿: ドラゴン | 2007年11月28日 (水) 18時11分

ドラゴンさん、こんばんは。

私も11番のヴァイタルシーズはノーマークで的中は3連複の百円だけという結果に終わってしまいました。
もうひとつサインとして、ハイセイコーがデビューした日『7月12日』に同じくデビューした馬が2頭(15番と6番)いたので、その馬が配置された枠に注目していたのですが、馬券に絡んだのは8枠だけでした。

私のサイン読みはケースバイケースというか、直感に頼ることが大井wですね。今日の12Rのようなレースを当てる為にもサイン読みの上級者になりたいのですがね…。難しいです。
(特に大井は)

投稿: ツナまぐろ | 2007年11月28日 (水) 22時19分

ドラゴンさん、今日もこんにちは。

っていうか、昨日の大井12Rは降着があったのですね。11Rが終わったら直ぐに帰ったので知りませんでした。

日曜の中京9Rも降着があり、運よく千円分の単勝を当てることができました。実はその馬券をゴミ箱に捨てた自分でありまして、なんとか見つけることができました。こういった事も多い訳で、『サイン=可能性』だと私も思うのです。

投稿: ツナまぐろ | 2007年11月29日 (木) 13時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212819/17207439

この記事へのトラックバック一覧です: JC&JCDサイン結果:

» 【有馬記念出走馬予想】選出方法 [有馬記念出走馬予想・過去の実績]
・ファン投票は公式投票用紙(競馬場、ウインズ各会場で配布)、市販のはがき(官製・私製)、インターネットから可能だが、1名につき1媒体1通限り。1名での複数枚投票(複数媒体の使用含む)と、郵送の場合の印刷、ゴム印、ワープロ使用は無効となる。 ・ファン投票上位10頭が優先的に出走権利を獲得(中央にアラブのレースがあった時代にはアングロアラブの出走も可能であり、『アラブの怪物』の異名を持つセイユウがファン投票による権利を持っていたものの、ア... [続きを読む]

受信: 2007年11月27日 (火) 23時43分

« JC&JCDサイン攻略16 | トップページ | 阪神ジュベナイルFサイン攻略1 »