« エリザベス女王杯サイン攻略10 | トップページ | エリザベス女王杯サイン攻略12 »

2007年11月11日 (日)

エリザベス女王杯サイン攻略11

2007エリザベス女王杯 フラッシュムービーのサイン読み1

クイーンを選択したのは誰?

JRA公式ホームページのトップを飾るフラッシュムービー。
13枚のカード(トランプ)から3枚のQ(クイーン)が飛び出してきます。
Fm200711111

Fm200711112

様々な解釈があると思いますが、私の見解はこうです。

画面の向こう側にはJRAがいます。
を引いたのは私。

いいカードを引きました。
より強いカードはK(キング)A(エース)だけ。
JRAが私に勝つためにはこの2枚のうちどちらかを引き当てなければなりません。
確率的にほぼ私の勝ちです。
しかも女王決定戦での
縁起がいいですね。
勝利の女神は私に微笑んでいるようです。

しかし・・・
微笑んでいるのは本当に女神でしょうか?

優秀なギャンブラーは、相手に特定のカードを引かせることができるのもの。
プレイヤーに『自分で選んだ』と思わせたまま、強制的に特定のカードを引かせるテクニック・・・フォーシング。

思い出さなくては。
このは、本当に私が自分で選んだカードだったのか?

否。
これはJRAに渡されたカード。

そうであれば、微笑んでいるのはJRAの悪魔。
彼が出してくるのは、間違いなく私のより強いカード。

もしくは

エリザベス女王杯はK(キング)A(エース)で決着します。

の居場所はエリザベス女王杯サイン攻略10で発見済みですね。

残ったはここにいます。

フサイチパンドラ
母 Lotta Lace

ACE = エース

これで決まりでしょうか?
いえまだ安心はできません。
カードゲームには最後の切り札が存在します。
一瞬でゲームのすべてをひっくり返すことのできるカード。

ジョーカーです。

これを探さなければエリザベス女王杯を勝つことはできないでしょう。
どの馬でしょうか?
私には1頭、いえ、ひとりしか思い浮かびません。

クリストフ・ルメール

2005年12月25日。
日本競走馬界最強の王・ディープインパクトが勝つべき有馬記念。
絶対不可侵であるはずの王座を、マジシャンのような鮮やかさで奪っていった彼こそが最凶のジョーカー

7枠12番 フサイチパンドラ

エースであり同時にジョーカーであるこの馬をエリザベス女王杯の本命馬に指名します。

次回のサイン攻略は『最終結論』です。

競馬ブログランキング参加中です。
応援していただける方は下のバナーをクリックしてください。
よろしくお願いします^^

にほんブログ村 競馬ブログへ

エリザベス女王杯サイン攻略12

JRAサイン競馬暗号完全攻略トップページはこちら

|

« エリザベス女王杯サイン攻略10 | トップページ | エリザベス女王杯サイン攻略12 »

G1-2007後期」カテゴリの記事

ギャンブル」カテゴリの記事

コメント

携帯閲覧用記事
エリザベス女王杯サイン攻略11
【クイーンを選択したのは誰?】

JRA公式ホームページのトップを飾るフラッシュムービー。
13枚のカード(トランプ)から3枚のQ(クイーン)が飛び出してきます。

様々な解釈があると思いますが、私の見解はこうです。

画面の向こう側にはJRAがいます。
Qを引いたのは私。

いいカードを引きました。
Qより強いカードはK(キング)とA(エース)だけ。
JRAが私に勝つためにはこの2枚のうちどちらかを引き当てなければなりません。
確率的にほぼ私の勝ちです。
しかも女王決定戦でのQ。
縁起がいいですね。
勝利の女神は私に微笑んでいるようです。

しかし・・・
微笑んでいるのは本当に女神でしょうか?

優秀なギャンブラーは、相手に特定のカードを引かせることができるのもの。
プレイヤーに『自分で選んだ』と思わせたまま、強制的に特定のカードを引かせるテクニック・・・フォーシング。

思い出さなくては。
このQは、本当に私が自分で選んだカードだったのか?

否。
これはJRAに渡されたカード。

そうであれば、微笑んでいるのはJRAの悪魔。
彼が出してくるのは、間違いなく私のQより強いカード。

KもしくはA。

エリザベス女王杯はK(キング)とA(エース)で決着します。

Kの居場所はエリザベス女王杯サイン攻略10で発見済みですね。

残ったAはここにいます。

フサイチパンドラ
母 Lotta Lace

ACE=エース

これで決まりでしょうか?
いえまだ安心はできません。
カードゲームには最後の切り札が存在します。
一瞬でゲームのすべてをひっくり返すことのできるカード。

ジョーカーです。

これを探さなければエリザベス女王杯を勝つことはできないでしょう。
どの馬でしょうか?
私には1頭、いえ、ひとりしか思い浮かびません。

クリストフ・ルメール

2005年12月25日。
日本競走馬界最強の王・ディープインパクトが勝つべき有馬記念。
絶対不可侵であるはずの王座を、マジシャンのような鮮やかさで奪っていった彼こそが最凶のジョーカー。

7枠12番フサイチパンドラ

エースであり同時にジョーカーであるこの馬をエリザベス女王杯の本命馬に指名します。

次回のサイン攻略は『最終結論』です。

投稿: ドラゴン | 2007年11月11日 (日) 11時30分

ドラゴンさんみなさんこんにちわ。
私の本命もフサイチパンドラです。
これから私用で直ぐ出掛けますので予想を載せる時間がありませんがドラゴンさんや皆さんと的中できる事を信じています。
それではみなさん自分の信じる予想で頑張ってください!

投稿: にし | 2007年11月11日 (日) 12時17分

ハートのエースが気になってます。デアリングには距離が長い気もしますが、2、3着付けで・・・

投稿: ナイス | 2007年11月11日 (日) 14時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212819/17036762

この記事へのトラックバック一覧です: エリザベス女王杯サイン攻略11:

» エリザベス女王杯予想 [競馬ASサイン]
ただいま会社から帰宅しました。 ウォッカが出走取り消しとなりました。 軸にしようと思ってたので、ショックです。 それでも同じ3枠のスイープトウショウを軸にします。 フラッシュのトランプの順番もあるし、 レープロ名勝負には三冠牝馬というのも出てくるし、 現役ではない秋華賞馬なんで、 レープロ、フラッシュにはやたら華という字が出てきます。 勝負服はダイヤですね。 その名勝負ではアドマイヤグルーブVSスティルインラブ で『三冠牝馬には譲れぬ勝利』となっています。 アドマイヤ=4枠7番、騎手は武豊です。... [続きを読む]

受信: 2007年11月11日 (日) 11時58分

« エリザベス女王杯サイン攻略10 | トップページ | エリザベス女王杯サイン攻略12 »