« 秋華賞サイン攻略12 | トップページ | 秋華賞結果 »

2007年10月14日 (日)

秋華賞サイン攻略13

2007秋華賞 サイン読み最終結論

本命馬には6枠11番ベッラレイアを指名します。

馬券の相手は、これまでの解読で登場した馬をある法則で絞り込みます。

TVコマーシャルに登場した馬のゼッケン
1・2・3・5・11

ポスターの馬のゼッケン
17

この数字には(1を除く)ある共通点があります。
すべて『素数』なのです。
(素数=1と自分自身以外では割り切れない自然数)

なぜ素数なのか?
秋華賞解読キーである深津絵里さんの公式プロフィールページの最新ニュースにこうあります。
2007年 日本映画評論家大賞 主演女優賞を受賞しました。
(『博士の愛した数式』)

詳しくはこちら→アミューズOFFICIAL WEB SITE(深津絵里)

この『博士の愛した数式』の中で、素数は重要な意味を持つものとして登場するのです。
詳細はこちら→『博士の愛した数式』公式サイト

秋華賞サイン攻略6において、当ブログでは『レインボーブリッジ』を封鎖しています。
したがって、9番アルコセニョーラよりも左(ベッラレイアの方向)にある素数が対象となります。
3つしかありませんね。

11・13・17

これに『博士の愛したもうちとつの存在』=『完全数28』を加えます。
(完全数=自分自身を除く約数の和が、自分自身と等しい自然数)

28⇒18頭立てでは枠順をひと回りして(19番を1番とする)、10。

最終結論

◎11 ベッラレイア
○13 ダイワスカーレット
▲17 レインダンス
☆10 ハロースピード
△18 ローブデコルテ 
△ 9 アルコセニョーラ
△14 タガノプルミエール
△12 ホクレレ
△15 クィーンスプマンテ

買い目
単勝11
馬連11流し⇒9、10、12、13、14、15、17、18
3連単10⇔11流しマルチ⇒9、12、13、14、15、17、18
3連単11⇔13流しマルチ⇒9、12、14、15、17、18
3連単11⇔17流しマルチ⇒9、12、14、15、18

(3連単は全部で108点です)

絞り込むと言いながら、ウオッカ以外は全部買ってますね^^;
資金配分を『素数11・13・17』と『完全数18=10』の組み合わに大量投下するという意味にご理解ください。
ハロースピードが来れば高配当必至です!
がんばれハロースピード・松岡正海!!

みなさんも悔いのないように自分自身の馬券で勝負してくださいね!

競馬ブログランキング参加中です。
下のバナーをクリックしていただけると、とても嬉しいです^^

にほんブログ村 競馬ブログへ

追記
映画『(ハル)』の劇中で、深津絵里の部屋の本棚には、村上春樹著『ダンス・ダンス・ダンス』が置かれており、何度もクローズアップされていました。
JRAにはかつて『ダンスダンスダンス』という馬が在籍していました。
1991年のクラシック戦線を
『ある出来事』で賑わせた馬です。
興味のある方は戦績を調べてみてください。
それでも私は買い目を変えませんが・・・。
(隣のダンスを示していると強引に解釈しています)

秋華賞結果

JRAサイン競馬暗号完全攻略トップページはこちら

|

« 秋華賞サイン攻略12 | トップページ | 秋華賞結果 »

G1-2007後期」カテゴリの記事

ギャンブル」カテゴリの記事

コメント

携帯閲覧用記事
秋華賞サイン攻略13最終結論

本命馬には6枠11番ベッラレイアを指名します。

馬券の相手は、これまでの解読で登場した馬をある法則で絞り込みます。

TVコマーシャルに登場した馬のゼッケン
【1・2・3・5・11】
ポスターの馬のゼッケン
【17】

この数字には(1を除く)ある共通点があります。
すべて『素数』なのです。
(素数=1と自分自身以外では割り切れない自然数)

なぜ素数なのか?
秋華賞解読キーである深津絵里さんの公式プロフィールページの最新ニュースにこうあります。
2007年 日本映画評論家大賞 主演女優賞を受賞しました。
(『博士の愛した数式』)

この『博士の愛した数式』の中で、素数は重要な意味を持つものとして登場するのです。

秋華賞サイン攻略6において、当ブログでは『レインボーブリッジ』を封鎖しています。
したがって、9番アルコセニョーラよりも左(ベッラレイアの方向)にある素数が対象となります。
3つしかありませんね。

【11・13・17】

これに『博士の愛したもうちとつの存在』=『完全数28』を加えます。
(完全数=自分自身を除く約数の和が、自分自身と等しい自然数)
28⇒18頭立てでは枠順をひと回りして(19番を1番とする)、【10】。

最終結論
◎11ベッラレイア
○13ダイワスカーレット
▲17レインダンス
☆10ハロースピード
△18ローブデコルテ 
△9アルコセニョーラ
△14タガノプルミエール
△12ホクレレ
△15クィーンスプマンテ

買い目
単勝11
馬連11流し⇒9、10、12、13、14、15、17、18
3連単10⇔11流しマルチ⇒9、12、13、14、15、17、18
3連単11⇔13流しマルチ⇒9、12、14、15、17、18
3連単11⇔17流しマルチ⇒9、12、14、15、18
(3連単は全部で108点です)

絞り込むと言いながら、ウオッカ以外は全部買ってますね^^;
資金配分を『素数11・13・17』と『完全数18=10』の組み合わに大量投下するという意味にご理解ください。
ハロースピードが来れば高配当必至です!
がんばれハロースピード・松岡正海!!

みなさんも悔いのないように自分自身の馬券で勝負してくださいね!

追記
映画『(ハル)』の劇中で、深津絵里の部屋の本棚には、村上春樹著『ダンス・ダンス・ダンス』が置かれており、何度もクローズアップされていました。
JRAにはかつて『ダンスダンスダンス』という馬が在籍していました。
1991年のクラシック戦線を『ある出来事』で賑わせた馬です。
興味のある方は戦績を調べてみてください。
それでも私は買い目を変えませんが・・・。
(隣のダンスを示していると強引に解釈しています)

投稿: ドラゴン | 2007年10月14日 (日) 11時02分

ドラゴンさんみなさんこんにちわ。

私の最終結論です。
◎11ベッラレイア
○13ダイワスカーレット
▲4 ザレマ
△17レインダンス
△2 ミンティーエアー

○13番ダイワスカーレットの理由については東京メインの府中牝馬Sの13番に兄(安藤光)がいること。
その名も『プライムナンバー』なので非常に怪しいです。土曜東京12Rの6番が『レインボー』ロマンスで逆から数えると13番と合致します。
隣りの14番の騎手『橋』本と合わせると『レインボーブリッジ』を形成します。
京都の美女3人が写っているポスターにも『指の数』とか『デでハート』(ポスター中央上部参照)とかいろいろヒントがあります。
その中で菊花賞に『エール』と書かれている箇所があります。
隣りの14番がタガノプルミ『エール』なのもプラス材料だと思います。

単勝11番ベッラレイア

馬連 11-13、11-17、4-11
ワイド 4-11 
3連単 1着11番 2着13番固定
相手2、4、17 

以上です。
ドラゴンさんやみなさんと共に的中できる事を信じています。


投稿: にし | 2007年10月14日 (日) 11時41分

こんにちは
一週間いろいろ考えすぎてわけ分からなくなってきてしまいましたが、今回のレーシングダイアリーは宝塚記念のウオッカを指してる気がしてなりません。『…勇者に想いを伝える。…夢となる声援。』このときの勇者はウオッカ。私は「夢となる」を夢で終わると解いたんです。そして今回の『…再演(才媛)の夢に染まる…』ドラゴンさんのグリーンチャンネルのGI馬のクイズからも宝塚記念が気になるのです。ポイントは「夢に染まる…」これは叶うということでは?ポスターとCMの服の逆から、宝塚記念の3枠→8枠を逆にして、8枠→3枠。スティルインラブの関連でもある8枠。これを本線にいきたいと思います。どうでしょうか…

投稿: ぷりん | 2007年10月14日 (日) 12時01分

ドラゴンさん、みなさんこんにちは。
只今、ウインズから戻りました。レープロは漫画を載せてきました。
読んだ感じでは、ウォッカではないかと思います。
又、レープロの表紙の写真の武豊の帽子には土が付いています。ダート連勝のヒシアスペン
表の7番と裏の7番と対角の位置にいる金子、その他色々考えました。

馬連・ワイド
16ー1・11・7

複勝1番

3連複
1・16ー7・11・137・16ー1・5・11・13・16

という馬券を買ってきました(汗)

投稿: シゲオ | 2007年10月14日 (日) 14時19分

みなさんこんにちは
直前になってブリトニースピアーズの新曲がネットで公開!なんてネタも目に入ってきて
やはりブリトマルティス?・・・
なんて迷路に入りかけてますが^^;

私も結論は今回の真犯人(ほし)は
金子(真人)氏の同枠で星を勝負服に持つベッラレイアとします!

通常ならボックス勝負といくところですが・・・
今回は諸事情により軸流し三連複勝負でいきたいと思います

相手はトリガミ覚悟で少々手広くいきたいと思います^^;
武の美貌のパートナーと心中覚悟です苦笑^^;

投稿: R | 2007年10月14日 (日) 14時45分

みなさん、こんにちは、出先から失礼します。
予想です。
◎ラブカーナ
○ベッラレイア
▲レインダンス
△ダイワスカーレット
注ヒシアスペン
穴タガノプルミエール

勝負です。

投稿: トシ | 2007年10月14日 (日) 14時56分

皆さまの貴重なご意見を参考にさせて頂きます。
◎ベッラレイア
○ザレマ
▲ダイワスカーレットです。
ザレマの川田騎手がなんか大仕事しそうな気がします。1Rから穴だしてるし。
皆さまの幸運祈っております。

投稿: かじやん | 2007年10月14日 (日) 15時14分

みなさんおつかれさまでした
やはり・・・
強い2強の牙城は揺るぎませんでしたね^^;

まあ・・・ベッラはあの位置取りからよく4着まで追い上げたと思いますが・・・^^;
おそらくは上がり最速だったんではないでしょうかね?^^

そしてドラゴンさんの読みである踊る説・・・は見事に的を得ていたと思います!^^

しかし・・・またしても一頭はポスターまんまの17番でしたねー・・・

スプリンターに引き続き・・・J様はサービス精神旺盛?笑

だと勝手に仮定すれば・・・

ニヤリ--☆

菊花賞は使われなかった枠であり

ポスター中心の5枠まんまが来る!?!?!?

記念の10番はここで使用か?^^?

ダンスの次は


ロックで決まりでしょ!!^0^

混戦と言われる菊花賞ですが・・・

私の中では一強です!^^

どうかロック5枠に入りますように・・・
いぜれにせよ笑・・・5枠は要注意かと?

J様同じ仕掛けは三度まではしそうですから笑

そして5枠には菊科のゴールデンダリアの同居なんかだと最高なんですが^^

投稿: R | 2007年10月14日 (日) 16時17分

回顧です。

◎ ⑤ラブカーナ  ・・・5着
○ ⑪ベッラレイア ・・・4着
▲ ⑰レインダンス ・・・2着
△ ⑬ダイワスカーレット ・・・1着
注 ①ヒシアスペン   ・・・着外
穴 ⑭タガノプルミエール ・・・着外

押さえで馬連を少額購入していましたが素直に喜べません。
ベッラが3着ならば3連単GETだったんですが・・・。

今日の武は皐月賞同様位置取りのミスでしたね。前が止まると読んだんでしょうか読みを間違えた感がします。
勝ち負けは別にしてJRAが馬券対象になる(3着以内を確保する)と組んでいたのに差し届かなかったのでしょう。上がり3Fはメンバー最速、なんと32.9S。
今回のサイン読みは間違っていなかったと思います。ウオッカが3着に粘ったことがJRAにとって想定外だったことでしょう。
武も以前の勢いが感じられないようになっちゃいましたね、今後JRAも彼の騎乗馬にはサインを出し辛くなるでしょうね。

投稿: トシ | 2007年10月14日 (日) 16時22分

すみません、忘れていました。

連動 
    スプリングS枠     秋華賞枠
2007  [1]-[8]  →  [7]-【8】

非連動
     京都JS枠      秋華賞枠
2007  [5]-[6]  →  [7]-[8]

今年も発動しました。

投稿: トシ | 2007年10月14日 (日) 17時06分

結果から言えば オッズどおりというところですね サインにウォッカはなかったのでしょうか?あまり ウォッカの名前をここでは見ませんでした。 まさか 17がそのままくるなんて … 幸四郎はとりあえず買っておきましたが 今日のような配当では… あぁ 最近ワクワクしなくなりました。

投稿: 藤沢和子 | 2007年10月14日 (日) 17時54分

ドラゴンさん今回の推理も大変参考になりました。
改めて御礼申し上げます。踊る・・・が出なければ
今回の秋華賞並びに東京12R私は取れていないでしょう。
それから藤沢さんそんなことないですよ私はいつもワクワク
しますよ。がんばりましょう。夢に・・・

投稿: kei | 2007年10月14日 (日) 20時28分

みなさんこんばんわ。今回は確かに踊るでしたね、ウォッカはすみれさんがキャビアにウォッカとか映画の中で言ってませんでした?来週も楽しみです♪

投稿: 小野 | 2007年10月14日 (日) 20時51分

kiさんありがとう。 また 頑張りましょうね(^o^)

投稿: 藤沢和子 | 2007年10月14日 (日) 22時17分

みんさん、こんばんわ。
秋華賞おつかれさまでした。

ウオッカ来ちゃいましたね。
しかも私の本命馬の馬券圏内入りを阻止する形で。
3・4着が入れ替わっていれば3連単的中だったのですが…。最悪のパターンです。
レインボーブリッジは封鎖されましたし、掲示板入り5頭のうちウオッカを除く4頭は素数でもあり、的中までもうちょいだったんですが…。
スティルインラブの秋華賞から枠の連動があったのは救いですね(枠が発表になった時点で、ほぼ確定していましたが)
気を取り直して、菊花賞がんばります。

藤沢さんへ
ウオッカへのサインは出ていたと思います。
JRAは3着以内の馬には必ずサインを出していますから。
私のアンテナに引っかからなかった(正確にいうと重視しなかった。ですが)だけです。
ただ、トシさんもおっしゃっていますが、レースを見る限り、今回の3・4着は場合によってはひっくり返っていた可能性があります。
こういう場合には、ウオッカにもベッラレイアにもサインが出ているものです。
強がり(言い訳)に聞こえるかもしれませんが、私は『結果として馬券が外れただけ』だと思っています。
ベッラレイアが3着に来る未来もあったというのが、私のサイン観です。
(『着順はすべて走る前から100%決まっている』という理論の方には容認できないサイン観かもしれませんが)

それにしても、馬券GETしたのに配当が低くてワクワクできないなんて・・・贅沢な・・・羨ましいです・・・。
菊花賞荒れることを期待しましょう^^

菊花賞といえば、無敗馬『ロック』の取捨が鍵を握りそうですね。
馬の力量や適性以上に、私は騎手が気になります。
柴山が3000MのG1を勝つイメージが湧いてきません。
ただし『踊る…』の青島がサインを出すとするならば、この馬は外せませんね。
根拠は…たぶんRさんの考えられている理由と同じだと思います^^
ヒントは『職業』
そうですよね?Rさん^^


投稿: ドラゴン | 2007年10月14日 (日) 22時26分

ドラゴンさんいつもありがとうございます。 毎回 情報を惜しみなく提供していただいて有難く思ってます。 家がご近所なら 今日子供が釣ってきた イカとタチ魚おすそわけしたいところです。 最近 ワクワクできないのは 複勝やワイド 枠連で 固くいくので 3連複当たった時のような 感覚がなくて… あと 今日は 織田裕二のCMの『あの馬見違えったね』をずっとどの馬かと考えていたので 宝くじのつもりで スッゴい穴馬を買っていたのになぁ がっかり…。 しかし 一つ確信したことは… 馬番1の名前にアとイがあったら 買うべきだということです。 長々ごめんなさい。ちょっとした情報です 来週ののど自慢はゲスト 前川清さんですよ。 また 明日から レーダイを解いていきましたょうね お願いします。

投稿: 藤沢和子 | 2007年10月14日 (日) 23時31分

はじめまして。最近ブログを拝見させていただいている新参者です。

新参者で大変恐縮なのですが、ひとことコメントをさせていただきます。気を悪くされないで下さいね。

いつもながら、ドラゴンさんの着眼点と情報収集にはハッとさせられております。ただ、率直な感想として、特に攻略の後半で、機をテラッたように(他のサイン読みとの差別化のように)独自の難解な理論を展開されることで、最終的に結果に結びついていかないような気がしております。

今回の例で言うと、最後の素数の解釈はドラゴンさん以外の一般人は到底気付きもしない点ではないでしょうか。凄いの一言ではあるのですが、一般人が気付かないサインが、果たしてサインと言えるかというのが問題だと考えております。

今回のドラゴンさんの攻略の着眼点で一番の鋭さを感じたのは、グリーンチャンネルのクイズで、花・宙・星の組み合わせの妙を指摘され、宝塚歌劇団を引っ張り出した点だと感じております。

ご存じのとおり、宝塚歌劇団は、専科・花組・月組・雪組・星組・宙組の6つに分かれております。今回のグリーンチャンネルの組み分けは3つでしたが、通常であれば、秋華賞であることもあわせ、雪月花の3組を使うはずでした。これを花組しか用いなかった。ここをどう考えるか。

結果論で大変恐縮ですが、花組の2頭が正解でした。ちなみに、ドラゴンさんが捜されていた恩田すみれは花組にいました。花組トップスターの春野寿美礼さんが犯人です。じゃあ、花組の2頭のどちらが勝つのか?これは、ドラゴンさんご指摘の通り、スカーレット・オハラで明確でした。

ちなみに、花組は俗に『ダンスの花組』とも言われているようです。これがレインダンスを示したのかは不明ではありますが。

もう少しだけ続けますと、ダミーであった空組のトップスターは大和悠河で、星組のトップスターは安蘭けいです。ダイワと安藤と考えてもよさそうではないでしょうか。

結果論が長くて大変申し訳ございません。

とにかく私が申し上げたかったのは、ドラゴンさんの鋭い考察に、サインは、ある程度複数に理解させることができてこそサインだということです。

ドラゴンさんのお力をもってすれば、連戦連勝も難しくはないと思っております。独自すぎる理論に感嘆するファンより、当たるサイン読みで感嘆するファンの方が大勢おります。

生意気を言って申し訳ございませんでした。

今後もいちファンとして応援しております。

投稿: ますかけ | 2007年10月15日 (月) 00時47分

みなさんおはようございます
昨日はあらためてお疲れ様でしたぁ!^^
ドラゴンさん!その通りですよ!^-
ここから少し長くなってしまうかもしれませんが何卒ご理解ご了承下さい。。。

☆R的検証☆

秋G1における現時点での私の解釈です

*春G1と比較して明らかに低配当な傾向が濃い
*春G1と違い完全に1番人気が馬券になっている
*春G1と比較して明らかにポスターサインが単純でストレートな傾向が強い
*春G1と比較して各方面からのサインそのものが少ないと感じられる
*そして・・・春(1レースを除いて)天才武が見事に馬券になっていない

上記の点について簡単に幾つか実例回顧したいと思います

まず、第一弾スプリンターズS→1番人気サンアディユ馬券圏内
ポスターからは先頭赤の帽子、二番手青の帽子の3、4枠が馬券圏内(しかも馬番はそのまま)
そして、第二弾秋華賞→1番人気ウオッカ馬券圏内
ポスターからは唯一の17番がそのまま馬券圏内

この上記2レースを比較するだけでも何点かの共通点を発見できますね!
・1番人気は馬券圏内を確保する
・ポスターの印象は捻らずにそのままストレートに読むべし
・ポスターの中心にいる馬が2着候補(厳密に言うと連対候補と解釈すべきかもしれませんが)

上記の点を踏まえて今一度秋華賞を検証すると
☆1番人気ウオッカから馬券を組みたてるべし
☆ポスターの17番は買い目に入れるべし
☆ポスターの背景のオレンジから7枠に注意すべし
☆ポスターの大きな輪?はそのまま大輪(ダイワ)で縁は赤(スカーレット)で中の花はブーケ(スカーレットブーケ)と解釈すべし
☆織田と有村の服の色がCMと反転していた現象を桜花賞のウオッカ、ダイワの枠順の反転と素直にとるべし

如何でしょう?
・・・こんなにもストレートに読めば簡単に絞れてしまうんですよねー・・・
勿論結果論と言ってしまえばそれまでですが・・・

そこで・・・このことを踏まえた上で
あくまでも私個人の独断と偏見で次回菊花賞を推察してみたいと思います

・・・ひとまずつつ゛く

投稿: R | 2007年10月15日 (月) 09時11分

それは以下の通りです↓
・ポスターの中心であろうど真ん中の馬は5枠を示唆
・菊の大輪をやけに強調
・5頭(掲示板)の馬の中に8枠が二頭
・背景が青空と雲
・織田のポーズに注目(ガッツポーズ?)
・タイトルの菊の文字が紋章風?
キャッチコピー「すべての馬に華がある。咲き誇るのは誰だ。」

上記からの推察はこうです
☆5枠が連対候補
☆8枠が馬券圏内
☆菊の大輪から菊科のゴールデンダリア
☆背景より解釈は3点
①青雲と読めば、セイウンスカイから横山のホクトスルタン
②青雲をそのまま読んで、マンハッタンスカイ
③青雲と織田の位置関係から地上ではないと読めば、気球示唆でサンツェッぺリン
あと・・・強いて挙げるならば、翼を持つフサイチホウオー目線
☆織田のポーズからは第一印象でロックを感じます笑
☆菊の紋章?風からはクランエンブレム
コピーからは、花ではなく敢えて華としている点に意図を感じます
ズバリ秋華賞の決まり目注意と読んでいます
つまり7枠か8枠しかないということですね!
ズバリ!ポスター中わざわざ二頭もいる8枠だと読んでいます!^^

続いて、レーダイの「屈強なる覇者の志を継げ。信念のもとに誕生する英雄。」から
第一印象で、ディープの示唆と読みました
つまり彼の後継者は誰だ?と
最後の英雄の一文字雄を持つ柴山雄一ではないか?と
誕生からもG1ホースではないと読みました
ちなみにロックドゥカンブの馬名の由来は
フランス語でロック(岩)、フランスの地方名、ワインの名ともされています

上記すべてをまとめると
おそらく1番人気になるであろうロックから
5枠、8枠
ゴールデンダリア、ホクトスルタン、マンハッタンスカイ、サンツェッぺリン、フサイチホウオー、クランエンブレム
上記馬及び同枠注意とします
それではまた

投稿: R | 2007年10月15日 (月) 09時56分

おはようございます。Rさん。楽しみにしてますね。予想 教えて下さいね。Rさんの 予想のコメント 読んで一人で頷いてました。 私は いろんな人の予想を見てしまうので最後は皇室サインや厩舎 暦サインと重なるものを買ってます。今回は愛子さまと雅子さまが学習院初等科の運動会へ13日行ってました。だから13日はメインか最終にくるな…って Rさんの菊花賞予想 楽しみに待ってます。みなさん!レーダイについて 今日から意見交換しましょう。

投稿: 藤沢和子 | 2007年10月15日 (月) 09時59分

追記です
あれからフラッシュとCMを見ての印象ですが
フラッシュからは「そら」を強く感じますね!
しかも空よりも宙です!^^
ここからは連対率100%の横山の北斗スルタンを強く感じます
そして8枠18番の馬(ソングオブウインド)この去年の菊花賞馬から
やはり8枠示唆と、音関連の示唆を感じます!
つまりソングに対して
・・・ズバリ、ロックです!^^
奇しくも丁度タイミング的にも織田裕二の曲が出来上がったあとですしね!^^
CMからは内容よりも・・・むしろ同じCMを起用したという点でおそらく秋華賞と何らかの共通点があると感じます
私は枠であると思っています
踊る・・・からも、いかりや長介さんの役名は「枠い」ですから笑

あと、若干の訂正があります
先ほど菊花賞登録メンバーを見たところ・・・
どうもゴールデンダリア、クランエンブレムがないみたいです
そして気になる馬に一頭追記があります
アルナスライン(二羽の鷲という意味を持つ馬)です

最後になりますが
ベッラレイアは父親譲りでなかなか勝てそうで勝てないところが酷似しているように感じます笑
あのナリタトップロードもやっとの思いで執念で菊花賞を勝てましたから^^;

おそらく・・・ベッラレイアが戴冠するのは
ズバリ、「エリザベス女王杯」だと感じます!
ここで古馬を蹴散らして一気にトップに踊り出る!!
・・・と読んでいます^^;
無敗の菊花賞馬の誕生を心待ちにしているRでした
それではまた

投稿: R | 2007年10月15日 (月) 16時47分

TV CMが同じ時って枠の出目が同じか?勝つ騎手が同じか?ポスターが春天と桜花賞と共通する箇所が有るから、そこんとこも考慮して考え中です。

投稿: ジェベル | 2007年10月15日 (月) 21時22分

ドラゴンさん、みなさんこんばんは。
ますかけさん、冷静沈着な分析・考察お見事ですね。
今回のドラゴンさんの「素数」の理論、一般的な人にはわからないかどうかなんですが、正直それはなんともいえません。
しかし、結果から見ると3着は外したものの十分及第点は上げられるし、解釈も正しかったと(私は)思っています。
人それぞれ、各分野の得手不得手もありますので「素数」と聞いてもピンとこない人もいらっしゃるでしょう。
また中には(本当は習っているのに)「そんなの聞いたこともないよ」と言われる方もいるかもしれません。今は中学校くらいで習うのでしょうか?
内容的にはさほど難しいものではないんですが、世の中には数学アレルギーの方も多く、「一般的ではない」といわれるとそれもまた間違いではないとも思います。
私事ですが、学生時代は化学を専攻し、今も高分子化学・素材系のメーカーに勤務しており根っからの理系人間の私ですが、数学(算数含む)は今でも決して得意とはいえません。

自分の専門分野からの引用で恐縮ですが、有機化学を多少かじった方には、いたって常識的な言葉で、『エラストマー』という言葉を聞かれたことはあるでしょうか?
高分子物質(ポリマー)のうち弾性体をもつ物質を示す言葉なんですが決して一般的とはいえませんよね。
ポリマーという言葉も日常的ではないかもしれませんが「ポリエチレン」など、前述のエラストマーと比較的すると(意味は解らなくとも)少しは身近な言葉といえるかもしれません。
しかし、「ゴム」という物質は幼稚園の子供でも知ってる。実はゴムはエラストマーの代表的な物質なのです。
ある意味、これと同じで普段身の回りにあるのに直接接する事がないために(または言葉を使わないために)疎遠になっているだけのことかもしれません。
素数の知識の有無はともかく勝馬投票券を購入できる年齢であれば当然、義務教育で内容は履修済なわけですから、その点では一般的であるといえば言える気がします。
反面、日常的に頻繁にメディアに登場する言葉でもないので一般的ではないと言えなくもありません。
一般的か否かは私には判断することは困難です。JRAはどう判断したんでしょうか?知りたいところでもあります。
しかしながら、今回のドラゴンさんの「博士の愛した数式」から素数を導き出したところは素晴らしいと思います。

この後は、私のウダ言ですので、聞きたくないと思われる方は以下を読まないようにお願いします。
今回の秋華賞を振り返って私見で書かせていただきたいことがあります。あくまでも個人的な見解ですのでみなさんお怒りにならないようにお願いいたします。
また、前回投稿させていただいた内容と一部重複する面もありますがご了承ください。
今回の秋華賞の主演女優賞はダイワスカーレットですが、助演女優賞は⑰レインダンスと⑪ベッラレイアにほかなりません。
レインダンスは2着に甘んじたもののダービー馬、ウオッカの追撃をかわし連対を阻止しました。
ベッラレイアは上がり32.9秒という驚異の末脚を使いながら最後の馬券圏内(3着)をウオッカに献上しました。
個人的には、JRAは11-13-17での組み合わせの馬券を想定していたと思います。
しかしながら武騎手のヘグリ(武さんごめんなさい)により想定馬券の一角が崩れ11の代わりに16が入ってしまったと今でも思っています。
(武騎手への恨みつらみは一切ありません、今後、彼の取捨が予想を行ううえでのキーポイントとなりそうです)
JRAは武ベッラへの保険としてウオッカにサインを出していたとしたら何んだったんでしょうね?
皆を納得させる、はっきりとしたサインが見出せないところから想像するに、ベッラは最悪でも複勝圏内は外さないだろうと高をくくっていたのでしょうか?

競馬にタラレバは禁物ですが私が本命視し5着に敗れたラブカーナとベッラレイアの位置取りが逆なら、「あわや」の場面もあったと思っています。
今回はGIでの京都内回りの意識をしすぎた吉田隼人騎手と武騎手の楽観・慢心(といっては失礼ですが)がすべてだったような気がします。
今日の新聞では「掛かって前に行きたがっていたので抑えたらあの位置まで下がってしまった」旨の発言をしていましたね。
これも結果論で申し訳ないのですが、武騎手の騎乗技術をもってすれば馬の気のまま行かせて馬込みに入れるという手もあったのではとも思います。
未練がましく、ダラダラ、長々と書きまして申し訳ありません。
来週の菊花賞に気持ちを切り替えましょう。

投稿: トシ | 2007年10月15日 (月) 22時36分

みなさん秋華賞お疲れ様でした。
ザレマの件では私はJRAの意図を読めていませんでした。
確かにスティルインラブにザレマは挟まれていましたが結果として馬主の『吉田照哉』を指していたのだと思います。
3番騎手 『幸』と『4』番ザレマが武『幸四』郎へのサインだったのかも知れません。

それとベッラレイアについてですがサイン的には悪くなかったと思っています。
3着ならいいのですが4着だった理由が良く解らないのでトシさんと同じく菊花賞に気持ちを切り替えることにします。
ドラゴンさんは誰よりも凄いサイン読みをしていたのに今回の結果についてはとても残念だったとお察しします。
しかしブログランキングが一時9位まで上がっていたのでそれについては、おめでとうございます!!と言いたいです。

話は変わり菊花賞の注目馬についてですがレーダイの『誕生する』からホクトスルタン⇒ホクト『する誕』です。
『志』から馬主 庄野靖『志』
何らかの形で必ず機能すると思います。

以前ローズSのレーダイ『譲れない』からサプラ『イズユ』ーがサイン馬だと書きましたがローズSでは機能しませんでした。
ですがこれについてはスプリンターズSでちゃんと使っていました。
           
11R          12R
6番サンアデ『ユ』
7番アストンマーチャン  7番『レ』ザムルー『ズ』
8番エムオーウ『イナ』ー 池添
※ローズS サプライズユーの左隣りも池添でした。

アストンマーチャンが11Rの6、8番と12Rの7番で『ユ』『ズレ』『ナイ』に挟まれていたのです。

ですからもしホクトスルタンの隣りかそれ自身が馬券圏内を確保しなかった場合、天皇賞などでこの『誕生する』の言葉をサインとして使ってくる可能性はあります。

Rさんがポスターの解読から8枠が馬券圏内と書いていますが私もそんな気がしています。
Rさんの解読はすばらしいと思います。
ひと夏越えて成長したのは競走馬よりもRさんではないかと思う程です。
それと菊花賞についてはドラゴンさんのブログをほとんど見ないで予想してみます。自分を試して見たいのです。
ただし『心にのこる名勝負・名場面』の確認はします。
例え『心にのこる名勝負・名場面』を見て的中出来なくても後で結果と照らし合わせると参考になることが沢山あります。
次回は土曜日か日曜日にまた書き込みする予定です。
それではまた。


投稿: にし | 2007年10月16日 (火) 00時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212819/16754451

この記事へのトラックバック一覧です: 秋華賞サイン攻略13:

» 秋華賞予想〜やっぱりウォッカは強かった!? [競馬ASサイン]
秋華賞の最終予想です。昨日のデイリー杯は予想だけでしたが、 完敗でした。やはりG?週の他重賞はやらぬがましですね。 レーダイは【古都が才媛の夢に染まる。母となる日に誇れる栄誉。】 ブックタイトルは土曜【ダイワスカーレット2冠へ勇躍】         日曜【ダイワ3歳牝馬の頂点へ】 ウォッカ 昨日まではダイワスカーレットだと思ってたのですが、 突然に閃きが・・・ レーダイ後半部分の文章全体を考えると 母となる日に誇れる栄誉って やはり、お母さんはダービー馬だったんだよ ではないでしょうか。 しかも... [続きを読む]

受信: 2007年10月14日 (日) 12時11分

» 菊花賞は100万円の馬で勝負! [ギャンブル依存症で何が悪い?!]
ただ、主戦の松岡騎手は、牧場でこの馬を見たときに「間違いなく走る!」と断言したそうです。そして、その松岡騎手が3冠レースの中で一番自信があるというのが今回の菊花賞。こういう馬を買わずして何が「競馬はロマン」だ!てなわけで本命にしました(爆)... [続きを読む]

受信: 2007年10月21日 (日) 14時47分

« 秋華賞サイン攻略12 | トップページ | 秋華賞結果 »