« 毎日王冠・京都大賞典サイン攻略10 | トップページ | 秋華賞サイン攻略1 »

2007年10月 9日 (火)

毎日王冠・京都大賞典サイン回顧

2007 毎日王冠 京都大賞典 サイン回顧

毎日王冠惨敗も、京都大賞典は的中!

2007 第58回 毎日王冠 結果
着順 枠番 馬番 馬名 人気 単オッズ
優勝 チョウサン 44. -
2着 アグネスアーク 14.7
3着 ダイワメジャー 1.8 -
枠連 13,090円 馬連 14,680円 馬単 40,110円
3連複 11,150円 3連単 158,160円

2007 第42回 京都大賞典 結果
着順 枠番 馬番 馬名 人気 単オッズ
優勝 インティライミ 2.4
2着 ポップロック 2.1
3着 アルナスライン 25.9
枠連 210円 馬連 210円 馬単 400円
3連複 1,070円 3連単 2,870円

毎日王冠は無印チョウサンが優勝。見るも無残な結果となりました。
京都大賞典は馬連・3連単ともサイン馬券的中!
しかし配当が低く、収支という点では、やや不満の残る結果となりました。

ただし今回の結果は、秋のG1戦線を戦うにあたり重要な意味を持つのではないかと、個人的には考えています。
本日はその点についてお話しします。

毎日王冠・京都大賞典サイン攻略6において、ミホノブルボンの戦歴から7枠を使ってくると予想しました。
しかし結果は東西とも7枠は出現せず、まったくの空振りに終わりました。
ブルボンの戦歴は使われなかったのでしょうか?
いえ、JRAは分かりやすい形で彼の戦歴を使っていたのです。

1992年 第53回 菊花賞 結果
着順 枠番 馬番 馬名
優勝 ライスシャワー
2着 ミホノブルボン

ミホノブルボンのクラシック3冠目・菊花賞。
馬番7-8のゾロ目決着をそのまま使っています。

とても分かりやすい出目連動ですね。

ここまでストレートな結果を示すのには、今回のレースのためだけではない何かの理由があるのではないか?
私はそう考えました。

ミホノブルボンは皐月賞・ダービーを勝ち、菊花賞を2着した馬。
出目をサインに使うのなら、優勝した皐月賞・ダービーを使う方が自然です。

しかしJRAは、あえて敗けた菊花賞を使ってきました。

菊花賞の行われた京都競馬場(京都大賞典)で使ったのであれば理解できます。
ところがJRAは、ダービーの行われた東京(毎日王冠)で使ってきたのです。

ここには必ず理由があるはず。

私の出した結論を説明するために、スプリンターズSサイン回顧で封印した『日本歴代三冠馬サイン』を、今一度持ち出さなければなりません。

『日本歴代三冠馬サイン』
このサインは『歴代三冠馬の3冠目の出目を使うサイン』であるというところからスタートしたことをサイン回顧記事でお話ししましたね。

ミホノブルボンは二冠馬。
つまり『準三冠馬』ともいうべき馬です。
『三冠馬がG1に対してサインを出す』と仮定した場合、準三冠という彼の属性は、G1の谷間の重賞で使うのに相応しいといえるのではないでしょうか。
三冠馬はG1に取っておく。
谷間は準三冠馬で繋ぐ。
そういうことなのではないかと思うのです。

繰り返しますが、JRAが使ったのは二冠馬の皐月・ダービーではなく、敗けた菊花賞の出目でした。

私の結論はこうです。

JRAは、3冠目に特別な意味を持たせている!

しかし、それだけで一旦封印した『歴代三冠馬サイン』を『3冠目の出目連動』として復活させるわけにはいきませんね。
それならば、なぜ私がこの話しをしなければならないのか?

それは今週行われる秋華賞に『牝馬三冠馬であるスティルインラブの3冠目・秋華賞』がサインとして使われる可能性を感じさせるサインを発見したからです。

もしも私の読みどおりスティルインラブの秋華賞の出目を使ってきたら・・・。
それはJRAが『3冠目の出目をサインに使っている』証左に他なりません。

その時は・・・改めて『歴代三冠馬サイン』の復活を宣言したいと思います。

死地に追いやられたサインが復活できるかどうか?
秋華賞は私にとって勝負となるレースになりました。

スティルインラブの秋華賞を使うと考える理由は『秋華賞サイン攻略2』で公開します。

にほんブログ村 競馬ブログへ

秋華賞サイン攻略1

JRAサイン競馬暗号完全攻略トップページはこちら

|

« 毎日王冠・京都大賞典サイン攻略10 | トップページ | 秋華賞サイン攻略1 »

G2・G3-2007」カテゴリの記事

ギャンブル」カテゴリの記事

コメント

携帯閲覧用記事
毎日王冠・京都大賞典サイン回顧

毎日王冠惨敗も、京都大賞典は的中!

毎日王冠
優勝5枠7番 チョウサン無印
2着5枠8番 アグネスアーク▲
3着1枠1番 ダイワメジャー無印

京都大賞典
優勝6枠6番インティライミ△
2着3枠3番ポップロック◎
3着5枠5番アルナスライン▲

毎日王冠は無印チョウサンが優勝。見るも無残な結果となりました。
京都大賞典は馬連・3連単ともサイン馬券的中!
しかし配当が低く、収支という点では、やや不満の残る結果となりました。

ただし今回の結果は、秋のG1戦線を戦うにあたり重要な意味を持つのではないかと、個人的には考えています。
本日はその点についてお話しします。

サイン攻略6において、ミホノブルボンの戦歴から7枠を使ってくると予想しました。
しかし結果は東西とも7枠は出現せず、まったくの空振りに終わりました。
ブルボンの戦歴は使われなかったのでしょうか?
いえ、JRAは分かりやすい形で彼の戦歴を使っていたのです。

ミホノブルボンのクラシック3冠目・菊花賞。
【馬番7-8】のゾロ目決着をそのまま使っています。
1992年菊花賞
優勝4枠8番ライスシャワー
2着4枠7番ミホノブルボン

とても分かりやすい出目連動ですね。

ここまでストレートな結果を示すのには、今回のレースのためだけではない何かの理由があるのではないか?
私はそう考えました。

ミホノブルボンは皐月賞・ダービーを勝ち、菊花賞を2着した馬。
出目をサインに使うのなら、優勝した皐月賞・ダービーを使う方が自然です。

しかしJRAは、あえて敗けた菊花賞を使ってきました。

菊花賞の行われた京都競馬場(京都大賞典)で使ったのであれば理解できます。
ところがJRAは、ダービーの行われた東京(毎日王冠)で使ってきたのです。

ここには必ず理由があるはず。

私の出した結論を説明するために、スプリンターズSサイン回顧で封印した『日本歴代三冠馬サイン』を、今一度持ち出さなければなりません。

『日本歴代三冠馬サイン』
このサインは『歴代三冠馬の3冠目の出目を使うサイン』であるというところからスタートしたことをサイン回顧記事でお話ししましたね。

ミホノブルボンは二冠馬。
つまり『準三冠馬』ともいうべき馬です。
『三冠馬がG1に対してサインを出す』と仮定した場合、準三冠という彼の属性は、G1の谷間の重賞で使うのに相応しいといえるのではないでしょうか。
三冠馬はG1に取っておく。
谷間は準三冠馬で繋ぐ。
そういうことなのではないかと思うのです。

繰り返しますが、JRAが使ったのは二冠馬の皐月・ダービーではなく、敗けた菊花賞の出目でした。

私の結論はこうです。

JRAは、3冠目に特別な意味を持たせている!

しかし、それだけで一旦封印した『歴代三冠馬サイン』を『3冠目の出目連動』として復活させるわけにはいきませんね。
それならば、なぜ私がこの話しを今しなければならないのか?

それは今週行われる秋華賞に『牝馬三冠馬であるスティルインラブの3冠目・秋華賞』がサインとして使われる可能性を感じさせるサインを発見したからです。

もしも私の読みどおりスティルインラブの秋華賞の出目を使ってきたら・・・。
それはJRAが『3冠目の出目をサインに使っている』証左に他なりません。

その時は・・・改めて『歴代三冠馬サイン』の復活を宣言したいと思います。

死地に追いやられたサインが復活できるかどうか?
秋華賞は私にとって勝負となるレースになりました。

スティルインラブの秋華賞を使うと考える理由は『秋華賞サイン攻略2』で公開します。

投稿: ドラゴン | 2007年10月 9日 (火) 23時50分

みなさん、こんばんわ~。

回顧記事の掲載が遅くなってしまい申し訳ありませんでした。
今週からはG1が続きますから、ガンガン投稿してくださいね。
みなさんのサイン解読お待ちしてます^^

ぷりんさんへ
かっこ悪いのですが、封印したばかりのサインを半分引っ張り出してしまいました^^;
現在の私が考えていることは記事に書いたとおりですので、ご質問への回答に代えさせていただきたいと思います。

メジロラモーヌの3冠目は、当時3歳限定の3冠目であったエリザベス女王杯。
対してスティルインラブは秋華賞。
ならば
2007秋華賞→スティルインラブの出目。
2007エリザベス女王杯→ラモーヌの出目。
この線のほうがありそうだと今は思っています。

今週スティルインラブの出目が使われなければ、すべて意味のないものになってしまいますが…。

楽しみであるとともに、ちょっと恐いですね。
恐がるくらいなら記事にしなければよかったのですが、書いちゃいました。
もう腹を括るしかありません。
さてどうなりますか^^

投稿: ドラゴン | 2007年10月10日 (水) 00時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212819/16715414

この記事へのトラックバック一覧です: 毎日王冠・京都大賞典サイン回顧:

« 毎日王冠・京都大賞典サイン攻略10 | トップページ | 秋華賞サイン攻略1 »