« 秋華賞サイン攻略1 | トップページ | 秋華賞サイン攻略3 »

2007年10月10日 (水)

秋華賞サイン攻略2

2007秋華賞 ポスターのサイン読み1

優勝ゼッケン17番

今回のポスターには今年発表された他のものと明らかに異なる点があります。

『ゼッケンがはっきりと分かる馬が1頭だけで写っている』という点です。

馬が1頭だけのポスターは今までもありました。
東京競馬場グランドオープン・オークス・安田記念・宝塚記念・サマーシリーズ
以上の5枚です。
しかし、そのどれもがゼッケンを写していません。

ゼッケンがはっきりと分かるポスターもありました。
高松宮記念・皐月賞・ヴィクトリアマイル・スプリンターズS
以上4枚。
そのどれもが複数頭の馬を写しています。

今回のように『1頭だけをはっきりと明確に写したポスター』は初めてなのです。
明快なサインをこの馬は伝えているに違いありません。

ただ1頭だけの17番ゼッケン馬。

これが今回のポスターのメッセージだと判断しました。

秋華賞の長い歴史(その前身であるエリザベス女王杯を含む)には、41頭の優勝馬が名を連ねています。
しかし、その中にゼッケン17番を付けた馬は、ただ1頭だけしか存在しません。

2003年度 秋華賞馬スティルインラブ

秋華賞史上唯一の17番ゼッケン優勝馬。
この馬がサインを出すことになるでしょう。

では彼女は具体的にどのようなサインを出しているのか?

最も可能性の高いのは出目です。
JRAが『三冠馬の3冠目(菊花賞・秋華賞)』の出目を使っている可能性について毎日王冠・京都大賞典サイン回顧でお話ししましたね。
私の解読が間違っていなければ、牝馬三冠馬であるスティルインラブの秋華賞出目が使われるはずです。

枠8-5-7

上記枠のうち最低でもひとつは連動するでしょう。

次に考えられるのは『血統』そして『関係者』です。
今回の秋華賞にエントリーしている馬の中に、スティルインラブと血統的な繋がりを持つ馬が1頭います。

ローブデコルテ

スティルインラブとローブデコルテは祖母を同じくする関係、つまり『いとこ同士』なのです。
さらに馬主にも繋がりがあります。

馬名 馬主
スティルインラブ ノースヒルズマネジメント
ローブデコルテ 前田幸治

前田幸治氏は有限会社ノースヒルズマネジメントの代表です。
このような関係は今回エントリーの馬の中には他にありませんから、ローブデコルテ自身もしくは同枠馬による馬券圏内確保の可能性は高いと思われます。

最後に馬名の一致。

ラブカーナ

『ラブ』を馬名に共有しているこの馬(同枠含む)も候補として挙げておきます。

にほんブログ村 競馬ブログへ

秋華賞サイン攻略3

JRAサイン競馬暗号完全攻略トップページはこちら

|

« 秋華賞サイン攻略1 | トップページ | 秋華賞サイン攻略3 »

G1-2007後期」カテゴリの記事

ギャンブル」カテゴリの記事

コメント

携帯閲覧用記事
秋華賞サイン攻略2

今回のポスターには今年発表された他のものと明らかに異なる点があります。

『ゼッケンがはっきりと分かる馬が1頭だけで写っている』という点です。

馬が1頭だけのポスターは今までもありました。
東京競馬場グランドオープン・オークス・安田記念・宝塚記念・サマーシリーズ
以上の5枚です。
しかし、そのどれもがゼッケンを写していません。

ゼッケンがはっきりと分かるポスターもありました。
高松宮記念・皐月賞・ヴィクトリアマイル・スプリンターズS
以上4枚。
そのどれもが複数頭の馬を写しています。

今回のように『1頭だけをはっきりと明確に写したポスター』は初めてなのです。
明快なサインをこの馬は伝えているに違いありません。

【ただ1頭だけの17番ゼッケン馬】

これが今回のポスターのメッセージだと判断しました。

秋華賞の長い歴史(その前身であるエリザベス女王杯を含む)には、41頭の優勝馬が名を連ねています。
しかし、その中にゼッケン17番を付けた馬は、ただ1頭だけしか存在しません。

【2003年度秋華賞馬スティルインラブ】

秋華賞史上唯一の17番ゼッケン優勝馬。
この馬がサインを出すことになるでしょう。

では彼女は具体的にどのようなサインを出しているのか?

最も可能性の高いのは出目です。
JRAが『三冠馬の3冠目(菊花賞・秋華賞)』の出目を使っている可能性について毎日王冠・京都大賞典サイン回顧でお話ししましたね。
私の解読が間違っていなければ、牝馬三冠馬であるスティルインラブの秋華賞出目が使われるはずです。

【枠8-5-7】

上記枠のうち最低でもひとつは連動するでしょう。

次に考えられるのは『血統』そして『関係者』です。
今回の秋華賞にエントリーしている馬の中に、スティルインラブと血統的な繋がりを持つ馬が1頭います。

ローブデコルテ

スティルインラブとローブデコルテは祖母を同じくする関係、つまり『いとこ同士』なのです。
さらに馬主にも繋がりがあります。


スティルインラブ→ノースヒルズマネジメント
ローブデコルテ→前田幸治

前田幸治氏は有限会社ノースヒルズマネジメントの代表です。
このような関係は今回エントリーの馬の中には他にありませんから、ローブデコルテ自身もしくは同枠馬による馬券圏内確保の可能性は高いと思われます。

最後に馬名の一致。

ラブカーナ

『ラブ』を馬名に共有しているこの馬(同枠含む)も候補として挙げておきます。

投稿: ドラゴン | 2007年10月10日 (水) 21時30分

ドラゴンさんみなさんこんばんわ。スポーツ新聞の秋華賞ポスター下部分に織田祐二さんのコンサートツアー3920と宣伝がありました!馬番3-9-2遊びで3連単ボックス。

投稿: 小野 | 2007年10月10日 (水) 22時24分

みなさんこんばんは。

反則ですが、ちょっとサインから離れて考えてみました。

今度の秋華賞、ウオッカvsダイワスカーレットの2強対決の構図は変わりませんが、
それに続く第2集団グループも侮れません。
ベッラレイア、レインダンス、ローブデコルテ、ラブカーナ、ピンクカメオとどれが来てもおかしくない状況です。
ダイワスカーレットは今回かなりの人気を背負うかと思いますが、彼女は全5戦ともスローペースの競馬しか経験していません。
もし前が競り合うようなハイペースになれば、掛って直線失速の可能性も無きにしも非ずです。
もし私が(有力候補の1頭である)レインダンスのオーナーだったらもう一方の所有馬であるザレマを玉砕覚悟で逃げさせますね。
これにダイワが食いついてくれればしめたものです。中段で脚をためて直線勝負に賭ける。
ただしそうなればウオッカが恩恵を受けることも考えられますが・・・。
道悪になればピンクカメオか?

いろいろ展開を予想するのは楽しいものですね。
サイン競馬でも勝負勘が欠かせません、ただ勝負勘と私情とは全く別物でこれがまた厄介なのです。
先週も私情に限りなく近い勝負勘でポップロックをバッサリと切り捨ててしまいました。
今回は客観的に判断し私情を挟まぬ勝負勘で予想したいと思います。
みなさん、よろしくお願いいたします。

投稿: トシ | 2007年10月10日 (水) 22時28分

こんばんわ~。

トシさん、なかなか鋭い予想ですね!
私も同じ可能性を感じています。
ただしハイペースになった時には、ウオッカはますます不利になると読んでいますが。
ハイペースで面白いのは紫苑S組や第3勢力なんじゃないかと予想します。
そうなったら大荒れですね^^
あ~、でも私の予想は外れるのが常ですから、ウオッカ・スカーレットですんなり決まるような気もしてきました…。
とりあえず今のところは、強気で攻めようと思っています。

投稿: ドラゴン | 2007年10月11日 (木) 00時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212819/16720800

この記事へのトラックバック一覧です: 秋華賞サイン攻略2:

« 秋華賞サイン攻略1 | トップページ | 秋華賞サイン攻略3 »