« 秋華賞結果 | トップページ | 菊花賞サイン攻略2 »

2007年10月15日 (月)

菊花賞サイン攻略1

2007菊花賞 ポスター

『すべての馬に華がある。咲き誇るのは誰だ。』

Rp200710143

にほんブログ村 競馬ブログへ

菊花賞サイン攻略2

JRAサイン競馬暗号完全攻略トップページはこちら

|

« 秋華賞結果 | トップページ | 菊花賞サイン攻略2 »

G1-2007後期」カテゴリの記事

ギャンブル」カテゴリの記事

コメント

携帯閲覧用記事
菊花賞サイン攻略1
2007菊花賞ポスター
『すべての馬に華がある。咲き誇るのは誰だ。』
【画像は本記事(菊花賞サイン攻略1)の1ページ目でご覧いただけます】

投稿: ドラゴン | 2007年10月15日 (月) 22時34分

10月21日(日)の京都競馬場ゲストは魔裟斗さんですで
『迫力』をキーワードにしてますが誰かサイン解説してくれませんか?

投稿: かじやん | 2007年10月15日 (月) 23時42分

みなさん、こんばんは。

秋華賞回顧は省略させてもらいました。
読者の皆様は回顧など必要としていないだろうことを自分自身に納得させることが、やっとできたからです。
アクセス解析の結果で、ほとんど読まれていないことは以前から分かっていたことなのですが、今まで続けていたのは単なる自己満足のためです。
(というか、ブログを公開していること自体が自己満足なのですが)
今後どうするかは、少し考えさせてください。

ますかけさん、
投稿ありがとうございます。
こちらを気遣っていただいていることがよく分かる文章でしたし、真面目に考えていただいたご意見でしたので、有難く受け止めさせて頂きました。

じつは少し前から、このブログの存在意義について考えていました。
私は【当たり外れではなく、面白い記事が提供できればよい】と思っています。
なぜなら、【今これを読んでいるアナタの馬券・予想がいちばん大事】なのであって、【私の公開する馬券・予想】が当たるか外れるかは、読者にとってはどうでもよいと考えるからです。
私の公開する記事の、どの部分を【正】とし、どの部分を【誤】とするのかは読者の選択次第。
いえ、そこまでの重要度はありませんね。
私の予想自体には正も誤もなく、読者自身の予想のための【刺激・栄養・踏み台】にすぎないと思っています。
誤解を恐れずにいうと【世の中の競馬予想家(どんなに有名な人であってもです)の言うことすべて、その程度のものでしかない】と思っています。

だから、できるだけ刺激的な解釈が重要。
他のブログでは絶対に読めない記事の提供こそが使命。
突拍子もない解釈も、深読みしすぎの解読も何でもあり。
楽しんでもらえればいい。
そういうスタンスでこのブログを書いてきました。

しかし私は間違っているのかもしれません。
記事を読者は【面白い】と思ってくれているのか?
ただの自己満足なんじゃないのか?
こんなにひねくれたサイン読みよりも、シンプルな記事を望んでいるのでは?
内容なんてどうでもいいから、当たる買い目を求めているのでは?
【私の馬券の当たり外れなどどうでもよい】と言いながら毎週買い目を公開しているのは自己顕示欲の発露であり、読者には迷惑なだけではないのか?
そもそもブログを公開していること自体が恥ずかしい行為なのでは?

実はこのブログを書くために、結構な時間を割いています。
(キーボードを打つのが遅いのと、あれやこれや考えてしまう性格のせいなのですが)
もっと単純に書けば、ものの数分で終わるような記事を延々1時間以上かけて書いています。
本当にそこまでする意味があるのか?
今、そう思っています。
もしも【まわりくどい、深読みしすぎの解読】が望まれていないのならば、私のしていることはまるで意味がないということになるからです。

たとえば今週の解読はこんなふうに書くこともできます。
『踊る大捜査線がTVでやってますね。秋華賞は女の戦いですから、女性キャストがサインかも?
沖田管理官は土曜に使われましたね。
(どこに使ったかは探してみてくださいね)
ここはやっぱり恩田すみれでしょう。
すみれ=すみれSかな?
だとすると、あの馬しかいませんね。
深津絵里からいくと面白いサインが出てるかも?
興味のある人は彼女の出演作品をチェックしてみてくださいね。
ちなみに私はそこから買います。
ヒントは【一生一度・栄誉】【深津絵里・公式サイト】です。
踊る2のサブタイトルは【レインボーブリッジを封鎖せよ】ですから、アルコ(虹)セニョーラから右側は封鎖しちゃうというのもアリかも。
最後に私の解読の結果をお知らせします。
10・11・13・17・18。
念のためアルコから左は全部買いますけど、資金投下は、素数の11・13・17の組み合わせと、完全数28=10も加えたところにドカンといきます。
素数って何?
ヒントは【公式サイト】です。
ではでは^^』

こんなカンジでどうでしょうか?
今週の攻略記事とまったく同じことを書きましたが、まるでサイン馬券が当たったように読めますね。
馬連13-17で5,880円ですから。
おおー、このやり方ならスプリンターズSも当たりだ!
過去のレースのかなりの数が的中あつかいにできますね。

ただ、私としてはこんなブログは読む気になれませんし、書く気にもなれません。
しかし、現在のものと比べて【こちらのほうが良い】【こちらのほうがマシ】とおっしゃるのなら考慮する必要があると考えています。

私のやっていることに意味があるのか無いのか?
繰り返しになりますが【刺激・栄養・踏み台】であってよいのです。
ただ、そのために長々と書くことに意味があるかどうかが問題なのです。

少し考えたいと思います。

投稿: ドラゴン | 2007年10月16日 (火) 01時54分

皆さん お早う御座います。
ポスターのキャチコピーからはア〔(サク)サ〕キングス狙ってます。

投稿: ジェベル | 2007年10月16日 (火) 06時36分

はじめまして。
毎週楽しみに拝見させて頂いています!!
どうか今のままの素晴らしい記事を書いて欲しいと思っています♪

投稿: おたか | 2007年10月16日 (火) 08時16分

おはようございます。
ドラゴンさん心中お察しします。
読者様並びに私も含めドラゴンさんの推理で馬券が当たるということは1番重要なことではないとおもいます。
只単に馬券が当たる予想をされているなら私はこのサイトへは一度きりで次はこないです。
ばかな奴と思って聞いて下さい。
私は毎週競馬予想サイトで予想を見ては鵜呑みに馬券
を買う始末でその月の開催分だけでも莫大な金額になりました。次は又次こそはの繰り返し・・・でも当たりません。当たっても(私はあたりませんが)ドラゴンさんが書かれていた通りの本命視された馬がこなくても数字だけうまく入っていれば大当たりなどどこもこの手のやり取りでいっぱいです。自分の予想はせず人のサイトの予想を見て買ってはずれたら頭にきて自分自身はずかしいやらくやしいやらの思いでした。
肩入れする気もひいきする気もありませんがこのサイトへ遊びにきだしてからは自身も考え悩み何よりもお金の
使い方賭け方が小遣い程度で終わるようになり改めて私が思う(夢)が膨らみました。
なんかだらだらへたくそな文章並べましたが一言
ドラゴンさんが思う程捨てたものものではないです。
ここのサイトは では。

投稿: kei | 2007年10月16日 (火) 10時40分

あっ!それとドラゴンさん時間が取れればサイン回顧はお願いします。ご無理言います。

投稿: kei | 2007年10月16日 (火) 11時03分

ドラゴンさん皆さんこんばんは

まず、今回私が投稿させて頂いた内容が、ドラゴンさんはもちろんのこと、皆さんに少なからず影響を与えてしまいましたことを深くお詫び申し上げます。

あさはかと言われてしまえばそれまでですが、正直ここまでのことになるとは考えておりませんでした。申し訳ございませんでした。

弁解というわけではないのですが、誤解のないよう、私の真意を少々説明させて下さい。

まず、私はドラゴンさんの考察が大好きです。毎回膨大な情報の中から独自の考察をされ進めて行かれている様は、大変痛快で、先週の「踊る」ではないですが、推理小説を読み進めているような感覚も覚え、正直、他のブログ(他のブログを書かれている方すみません。)の追随を許さぬ完成度だと感嘆している次第です。

さらに申し上げますと、外れてしまった週であっても、回顧はいつUPされるのだろうと、心待ちにしている人間でもあります。ですので回顧へのアクセスが少ないという事実は、私にとっても、正直悲しさを覚えることです。

今回アンケート(私のせいで貴重なお時間をアンケートの用意等に割かせることとなってしまい、申し訳ございません。)のために、通例の内容と比較できるようなブログ内容とされてますが、正直、私も「いつもの方がいい」に一票を投じる側であります。(無責任に聞こえてしまうかもしれませんが。)

では何故ああいった投稿をしてしまったのか?

これは純粋にドラゴンさんに馬券を当てて欲しかったからに尽きます。

実際にドラゴンさんがどの程度の金額をブログ内容通りに購入されているかは存じ上げませんが、やはり当てて欲しいという思いが強くあります。

巷には有料でのみ買い目を発表している輩が溢れています。しかし、その回収率はさておき、買い目に至る過程の陳腐な様(サイン読み如何を問わず)はあえて私が説明するまでも無いことでしょう。

先に申し上げた通り、ドラゴンさんのサイン読みには痛快さがあります。推理(予想)する楽しさを同時に読者に与えていると感じております。もちろん、私もその楽しさを享受されているうちの一人です。

ですから、その痛快さに「当たる」という最高の付加価値を加え、ドラゴンさんも読者も推理を行った後の最高の結末を得ることが増えて欲しい。そうすれば名実共にNo.1のサイン読みブログになるのでは!そう考えての投稿でありました。(オッズを動かす程になると困りますが。。。そんな心配は動かしてから考えましょう。)

長々と書き連ねてしまいましたが、最高の推理・展開の結果、的中というハッピーエンドの確率を上げる要素として、『少々難解な要素はサイン読みに沿わないのでは?』という持論(私自身の名誉のために申し上げますと、例の映画は見ておりませんが、「素数」や「6」とか「28」の完全数位は理解している人間です。。。)を展開させていただき、ドラゴンさんの参考の一端になれば。。。という単純な思いであった次第です。

ドラゴンさん、皆さん、この度は誠に申し訳ございませんでした。重ね重ねお詫び申し上げます。

ご多忙の折、大変貴重な時間を読者のために割かれているドラゴンさんを心から応援しております。是非ともまた痛快な推理を展開していただけますよう、切に願っております。

ますかけ 拝

投稿: ますかけ | 2007年10月17日 (水) 00時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212819/16771594

この記事へのトラックバック一覧です: 菊花賞サイン攻略1:

« 秋華賞結果 | トップページ | 菊花賞サイン攻略2 »