« 秋華賞サイン攻略11 | トップページ | 秋華賞サイン攻略13 »

2007年10月14日 (日)

秋華賞サイン攻略12

2007秋華賞 レーシングダイアリーのサイン読み1

ホシ(犯人)は別のところにいる!

『古都が才媛の夢に染まる。母となる日に誇れる栄誉。』

Fm200710141_2

秋華賞を読み解く最大のキー
恩田すみれ = 深津絵里

彼女を考える時、レーシングダイアリーとJRAフラッシュの融合に答えが隠されていることが見えてきます。

『一生一度の栄誉』

女優にとって栄誉とは、最優秀主演女優賞の受賞でしょう。
彼女は過去に複数回それを受賞しています。
しかし、『一生一度』となると話が変わってきます。

『新人女優賞』

女優としてのキャリアの最初にしか獲れない賞です。

深津絵里 新人賞受賞歴
『満月のくちづけ』
第13回日本アカデミー賞 新人俳優賞
『(ハル)』
第20回山路ふみ子賞 新人女優賞

残念ながら『踊る・・・』の時点では、彼女は新人ではありません。
最後に来て、本命馬=深津絵里による真のサインは『踊る・・・』以外というトラップが待ち受けていたのです。
刑事ドラマに相応しく、視聴者を裏切るどんでん返しですね。

新人賞受賞作のうち、どちらかがサインに使われます。
どちらでしょうか?

答えはやはり、レーシングダイアリーに隠されていました。

『~母(は)とな~』⇒『(ハル)』

サインの在り処は判明しました。
あとは具体的に何がサインとして使われるか特定するだけですね。

『(ハル)』
1996年 東宝配給
監督・脚本 森田芳光
キャスト
深津絵里 = 藤間美津江 (ほし)
内野聖陽 = 速見昇 (ハル)
戸田菜穂 = 藤間由花 (ローズ)

ストーリー
まだインターネットが普及する前。パソコン通信という特殊なコミュニケーションを介して知り合った、ハンドルネーム(ほし)(ハル)の恋物語。
盛岡に住む(ほし)と東京に住む(ハル)。
ふたりはお互いの顔も本名も知らないまま、互いにとって欠かせない存在となってゆく。
そして、ふたりは初めてお互いをその目で見ることになる。
それは時間にしてほんの数秒のことだった。
時速250キロで通過する新幹線の窓越しに白いハンカチを振る(ハル)。
畑の真ん中に立ち、真っ赤な服で真っ赤なハンカチを振る(ほし)。
お互いの姿を収めたビデオテープを、ふたりは大事な宝物にすると約束した。
しかし、そんなふたりの仲は(ローズ)の登場によってギクシャクしたものになってしまう。
そして・・・。

面白い作品でした。
深津絵里もとても綺麗です^^
時間があったら、一度観ておいてもいいかもしれませんよ。

サイン解読に戻りましょう。
私には、この馬しか考えられません。

2007 第12回 秋華賞 G1 京都
馬名 馬名意味 服色 前走
コセニョーラ
10 ロースピード ハロー+ ローズS
11 ベッラレイア 、白散、 ローズS
12 ホクレレ

6枠11番 ベッラレイア

この馬が、恩田すみれ=深津絵里=(ほし)の正体であると断定します。

次回『サイン攻略13』では最終結論を公開します。

競馬に臨む前に、ポチっとクリックお願いします^^

にほんブログ村 競馬ブログへ

秋華賞サイン攻略13

JRAサイン競馬暗号完全攻略トップページはこちら

|

« 秋華賞サイン攻略11 | トップページ | 秋華賞サイン攻略13 »

G1-2007後期」カテゴリの記事

ギャンブル」カテゴリの記事

コメント

携帯閲覧用記事
秋華賞サイン攻略12
レーシングダイアリー
『古都が才媛の夢に染まる。母となる日に誇れる栄誉。』
JRAフラッシュ
『一生一度の栄誉』

秋華賞を読み解く最大のキー
【恩田すみれ=深津絵里】

彼女を考える時、レーシングダイアリーとJRAフラッシュの融合に答えが隠されていることが見えてきます。

女優にとって栄誉とは、最優秀主演女優賞の受賞でしょう。
彼女は過去に複数回それを受賞しています。
しかし、『一生一度』となると話が変わってきます。

『新人女優賞』

女優としてのキャリアの最初にしか獲れない賞です。

深津絵里 新人賞受賞歴
『満月のくちづけ』
第13回日本アカデミー賞 新人俳優賞
『(ハル)』
第20回山路ふみ子賞 新人女優賞

残念ながら『踊る・・・』の時点では、彼女は新人ではありません。
最後に来て、本命馬=深津絵里による真のサインは『踊る・・・』以外というトラップが待ち受けていたのです。
刑事ドラマに相応しく、視聴者を裏切るどんでん返しですね。

新人賞受賞作のうち、どちらかがサインに使われます。
どちらでしょうか?

答えはやはり、レーシングダイアリーに隠されていました。

『~母(はは)となる~』⇒『(ハル)』

サインの在り処は判明しました。
あとは具体的に何がサインとして使われるか特定するだけですね。

『(ハル)』
1996年 東宝配給
監督・脚本 森田芳光
キャスト
深津絵里=藤間美津江(ほし)
内野聖陽=速見昇(ハル)
戸田菜穂=藤間由花(ローズ)

ストーリー
まだインターネットが普及する前。パソコン通信という特殊なコミュニケーションを介して知り合った、ハンドルネーム(ほし)と(ハル)の恋物語。
盛岡に住む(ほし)と東京に住む(ハル)。
ふたりはお互いの顔も本名も知らないまま、互いにとって欠かせない存在となってゆく。
そして、ふたりは初めてお互いをその目で見ることになる。
それは時間にしてほんの数秒のことだった。
時速250キロで通過する新幹線の窓越しに白いハンカチを振る(ハル)。
畑の真ん中に立ち、真っ赤な服で真っ赤なハンカチを振る(ほし)。
お互いの姿を収めたビデオテープを、ふたりは大事な宝物にすると約束した。
しかし、そんなふたりの仲は(ローズ)の登場によってギクシャクしたものになってしまう。
そして・・・。

面白い作品でした。
深津絵里もとても綺麗です^^
時間があったら、一度観ておいてもいいかもしれませんよ。

サイン解読に戻りましょう。
私には、この馬しか考えられません。

秋華賞
5枠9番ア【ル】コセニョーラ
5枠10番【ハ】ロースピード・馬名意味=ハロー+【速さ】・前走【ローズ】S
6枠11番ベッラレイア ・服色【赤】、白【星】散、赤袖・前走【ローズ】
6枠12番ホクレレ・馬名意味=流【星】

ローズSを経由した馬の中で、(ハル)に隣接している(ほし)。
【6枠11番ベッラレイア】
この馬が、恩田すみれ=深津絵里=(ほし)の正体であると断定します。

次回『サイン攻略13』では最終結論を公開します。

投稿: ドラゴン | 2007年10月14日 (日) 09時13分

みなさん、おはようございます。

唐突ですが、みなさん「虹」と聞かれて何を想像されますか?
私は「ハワイ」が頭の中に浮かび上がりました。行ったことはありませんがハワイの虹は美しく、しかも日本と比べると比較的容易に見られると知人から聞いたことがありました。
ハワイアンレインボーとも呼ばれ月明かりの強い日には夜でも見えることがあるらしいです。
「虹」そのままの馬名である5枠9番(ア)ルコセニョーラ、と10番(ハロ)ースピードで「アロハ」。
6枠12番ホクレレはハワイ語で流星。
それに挟まれた6枠11番ベッラレイアはとても怪しいと思います。しかも父がナリタ(成田)トップロードですから・・・。
名前だけで言えば(ダンス)インザダーク産駒2頭、特に虹に欠かせない(レイン)(ダンス)も注目してます。
最終結論はもう少し考えてからになります。

投稿: トシ | 2007年10月14日 (日) 09時37分

ドラゴンさんおはようございます。
私の本命もゼッケン11番ベッラレイアです。
この馬でヴィクトリーを手中に入れたいと思います。

投稿: にし | 2007年10月14日 (日) 09時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212819/16752012

この記事へのトラックバック一覧です: 秋華賞サイン攻略12:

« 秋華賞サイン攻略11 | トップページ | 秋華賞サイン攻略13 »