« 七夕賞プロキオンSサイン攻略6 | トップページ | 七夕賞プロキオンSサイン攻略8 »

2007年7月 8日 (日)

七夕賞プロキオンSサイン攻略7

2007 七夕賞 プロキオンS レーシングダイアリーのサイン読み6

七夕賞の出馬表に隠された航空機の正体は、3枠6番アップドラフトの騎手『吉田 隼人』でした。

この記事は、『サイン攻略5』を先に読まないと意味が分からない構成となっております。
未読の方は先にこちらをお読みください。→
七夕賞プロキオンSサイン攻略5

『隼(はやぶさ)』
旧日本陸軍一式戦闘機の愛称です。
『ゼロ戦』という戦闘機をご存知の方は多いと思います。
零式艦上戦闘機というのが正式名称なのですが、この名前は機体が正式採用された年の年号下二桁から付けられたものです。
ここでいう年号は皇紀です。(注1)
零式→皇紀2600年(1940年)
一式→皇紀2601年(1941年)

プロキオンSのブルーフランカーに続き、また戦闘機ですね。
日本中央競馬会は戦闘機が好きなのでしょうか?

では『光輪』を探しましょう。
太陽が2枠に二頭同居しているわけですから、七夕賞では『枠』単位で考えるというのが正解だと思います。
2枠(太陽)

3枠(戦闘機)

4枠(光輪)

七夕賞の『光輪』は4枠二頭のうちどちらかでしょう。
7番トリリオンカット
8番ヴィータローザ

これで東西両レースの『光輪』が発見されたことになります。

私は、当初この中に勝ち馬がいると考えていましたが、どうも違うようです。
これらの馬たちは馬券圏内候補であり、勝ち馬ではないということが分かりました。
JRAから本日(土曜日)、勝ち馬を確定する決定的なサインが発表されたのです。

その強力なサインは、他の馬を示しています。

単純かつ明快なサインなので、間違いようがありません。

そのサインを公開する前に『心に残る名勝負・名場面』のサイン読みをしなければなりませんね。
次回『七夕賞プロキオンSサイン攻略8』にて解読を行います。

注1 皇紀とは日本独自の歴であり、神武天皇即位紀元といいます。
その名のとおり、日本国初代神武天皇の即位を紀元としています。

にほんブログ村 競馬ブログへ

JRAサイン競馬暗号完全攻略トップページはこちら

|

« 七夕賞プロキオンSサイン攻略6 | トップページ | 七夕賞プロキオンSサイン攻略8 »

G2・G3-2007」カテゴリの記事

ギャンブル」カテゴリの記事

コメント

『サイン攻略7要約』

この記事は、『サイン攻略5』を先に読まないと意味が分からない構成となっております。未読の方は順番にお読みください。

七夕賞の出馬表に隠された航空機の正体は、3枠6番アップドラフトの騎手『吉田 隼人』でした。
『隼(はやぶさ)』
旧日本陸軍一式戦闘機の愛称です。
プロキオンSのブルーフランカーに続き、また戦闘機ですね。
日本中央競馬会は戦闘機が好きなのでしょうか?

では『光輪』を探しましょう。
太陽が2枠に二頭同居しているわけですから、七夕賞では『枠』単位で考えるというのが正解だと思います。
2枠(太陽)→3枠(戦闘機)→4枠(光輪)
七夕賞の『光輪』は4枠二頭のうちどちらかでしょう。
7番トリリオンカット
8番ヴィータローザ

私は、当初この中に勝ち馬がいると考えていましたが、どうも違うようです。
これらの馬たちは馬券圏内候補であり、勝ち馬ではないということが分かりました。
JRAから本日(土曜日)、勝ち馬を確定する決定的なサインが発表されたのです。

その強力なサインは、他の馬を示しています。

そのサインを公開する前に『心に残る名勝負・名場面』のサイン読みをしなければなりませんね。
次回『七夕賞プロキオンSサイン攻略8』にて解読を行います。

投稿: ドラゴン | 2007年7月 8日 (日) 00時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212819/15686246

この記事へのトラックバック一覧です: 七夕賞プロキオンSサイン攻略7:

« 七夕賞プロキオンSサイン攻略6 | トップページ | 七夕賞プロキオンSサイン攻略8 »