« エプソムカップ CBC賞サイン回顧 | トップページ | 競馬ブログクリックのお礼とお知らせ »

2007年6月12日 (火)

万馬券的中ならず

2007皐月賞はずれ馬券記

Bk20070415pat 2007年春のG1は、NHKマイルカップの973万馬券を頂点に、大万馬券が乱れ飛びましたね。
今回は、その第一弾である皐月賞の『はずれ馬券記』です。
過去の失敗をふり返り、明日の馬券に生かす!そんなコーナーです。

『毎週失敗してるから、わざわざふり返る必要ないよ』という声が聞こえてきそうですね。
まあ、そう言わず読んでください。今週は、レーシングダイアリーが金曜日に発表される関係で、サイン読みらしいサイン読みができないための苦肉の策でもあるのです。
宝塚記念のポスターや、JRAホームページなどからサイン解読するという手もあるとは思うのですが、どうも私のレーダーは反応しません(笑)。
夏競馬開幕の告知『みんなでイケバ?夏ケイバ!』くらいですかね。
単純に考えれば、アナグラムを使ったサインが出る予告と取れますね。
レーシングプログラムの『馬名紹介』では頻繁にアナグラムを取り上げていますから、サイン競馬に使ってきても不思議ではありませんね。
今のところ、これくらいです。

ということで、『はずれ馬券記』のはじまりです。

2007皐月賞レーシングダイアリー
ひたむきな決心が夢をつかむ。時代を先導する若き英雄。』
優勝8枠17番 ヴィクトリー
2着 5枠 9番 サンツェッペリン
3着 1枠 1番 フサイチホウオー

2005年以降、レーシングダイアリーに『ひたむき』が登場したことはありません。
しかし、『ひたむき』を漢字で書くと『直向き』
これに通じるサインワードなら1度だけありました。

2005 フェアリーステークス
『明日にまっすぐ向かえ、何も恐れず挑む若さは強い。』
優勝2枠3番 ダイワパッション → 前走逃げ切り勝ち

そしてサインワード『先導
こちらは2005年以降2度出現しています。

2005 共同通信杯
『ダービーの夢を描け、実力が世代を先導する。』
優勝2枠2番 ストーミーカフェ → 逃げ切り勝ち

2006 京成杯オータムハンデ
『マイラーの誇りが興奮を先導。幕開けは熱気に満ちた秋風。』
優勝4枠8番 ステキシンスケクン → 逃げ切り勝ち

「なるほど、『まっすぐ先導』とは逃げ馬サインなのだな!
とすると、12番アサクサキングスか17番ヴィクトリーだな。
9番サンツェッペリンも行く気らしいが、父テンビーが2000MのG1で粘ったら天地がひっくり返るわい!牝馬がダービーを勝つほうがまだありそうな話だ。
・・・などど思ってしまったのが地獄への第一歩でした。

「なになに、表彰式のプレゼンター岡部 幸雄さんか。
岡部さんの皐月賞といえば、やっぱりシンボリルドルフだな。
生で見たわけではないけども、あの年は騎手岡部幸雄にとって重要なターニングポイントになった年なんだよな~。」

ルドルフにはもちろんデビューから乗っていて、無敗で皐月賞に向かってきたのですが、この年、彼にはもう一頭デビューから手綱を取った強い馬がいました。
ビゼンニシキ。
4戦4勝、無敗で共同通信杯を制した栗毛馬。
このビゼンニシキとルドルフは弥生賞で激突したのでした。

「いかにルドルフが無敗とはいえ、新馬・いちょう特別・オープンを勝っただけ。対してビゼンニシキは堂々の重賞ウィナー。当然1番人気はビゼンニシキだったわけで、世間の人はビゼンニシキが上という評価をくだしていたのだな~。当時は。
その後の歴史を見ればルドルフのほうが百倍強いのは明らかなのだが、山ピーではあるまいし『ハレルヤチャーンス!』というわけにはいかず、ルドルフのほうが強いと思っていたのは岡部さんと関係者のみだったらしい。
らしいと書いたのは、その頃の私はまだ競馬など知らない汚れなき青少年だったからなのだ。
当時の雰囲気が違ってたらゴメン。許してね。」

弥生賞は岡部騎手の乗ったルドルフが、蛯沢騎手のビゼンニシキを打ち負かし、敗れたビゼンニシキは、本番までにもう一戦することになりました。
彼は、重賞スプリングSを見事に勝ち、本番の皐月賞でふたたびルドルフと相まみえることになったのですが・・・結果はみなさんご存知のとおりです。

「おー!この2頭の関係はフサイチホウオーとアサクサキングスの関係に似てるぞ!
アサクサは2連勝で挑んだラジオNIKKEIでホウオーに敗れ、次走きさらぎ賞を勝って今回のレースに来ているではないか!
まてよ、無敗という意味ならヴィクトリーもそうだぞ。デビュー勝ちの後、ラジオNIKKEIで敗けて、次走の若葉Sを勝って来てる!
しかも、どっちも逃げ馬じゃないかーーーーーーーーーーー!

「力量的にホウオーの軸は堅いから、2頭に流せば100%獲れるな(ニヤリ)。」

という推理で購入したのが上の写真です。

資金配分がアサクサ1番、ヴィクトリー2番なのが分かりますよね。
それはそれでいいのですが、馬連がくれば、それだけで充分な儲けが出ます。
1-12なら34倍 →136万円
1-17なら39倍 →117万円
 だったら、ホウオーとアサクサの3連単総流しを買うより、念には念を入れて、ホウオーVSアサクサ、ヴィクトリーの3連複総流しを買うべきでした。
これなら購入額は1円も増えずに万一に備えられましたから・・・。

1点1,000円流しですから配当は、
1,000円×2,050倍=2,050,000円でしたね。

サイン読み上手の馬券下手・・・。

そんなわけで、私の『皐月賞はずれ馬券記』は終了です。
こんなことにならないよう、みなさんは馬券を買うときには、充分頭を働かせてくださいね。

馬鹿な奴だと思ったらポチっとクリックお願いします。
ブログランキング参加中です。
ひとりでも多くの人に、このブログを知ってもらうために、1日1回クリックしていただけるとうれしいです!

にほんブログ村 競馬ブログへ

JRAサイン 競馬暗号完全攻略トップページはこちら

|

« エプソムカップ CBC賞サイン回顧 | トップページ | 競馬ブログクリックのお礼とお知らせ »

サイン競馬番外」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212819/15403413

この記事へのトラックバック一覧です: 万馬券的中ならず:

» 競馬なんて全く知らないど素人でも、機械的な単純作業だけで簡単に儲かる【朝の15分競馬】 投資金額1日わずか7,200円で確実に獲り続け、7ヶ月で家が建ちました [競馬必勝法を使って馬券生活できるかどうかを検証するブログ]
⇒競馬なんて全く知らないど素人でも、機械的な単純作業だけで簡単に儲かる【朝の15分競馬】 投資金額1日わずか7,200円で確実に獲り続け、7ヶ月で家が建ちました→商材の特徴・3連単狙いの馬券術である・3連単狙いだが買い目が少ない・1レースあたり1200円・1日あたり7200円から・均等買い・前日予想可能・競馬新聞があれば予想できる・競馬新聞のオッズを使う・競馬新聞のオッズを見て、二つの方式から投資方法を選ぶ・買い目を出すのが少し面倒・3連単発売レースが対象・回収率は4629%...... [続きを読む]

受信: 2007年6月17日 (日) 22時12分

» 馬券購入法で危険性の高い「追い上げ」手法に変わる全く新しい投資手法 「八式投資法」 → http://toushikeibaka.jugem.jp/ [投資競馬界に革命を捲き起こす!全く新しい投資手法が遂に誕生した! ■八式投資法■【上原 博樹】で稼ぐのはあなた?]
初めまして、いつも楽しく拝見しています。この度「投資競馬界に革命を捲き起こす!全く新しい投資手法が遂に誕生した! ■八式投資法■【上原 博樹】で稼ぐのはあなた?」というサイトを作りましたのでトラックバックさせていただきました。貴ブログ訪問者である競馬でローリスク&最終的に大きく稼げる方法をを知りたいあなたや、オッズに振り回されない全てに通ずる投資法を知りたいあなたには、非常に有益な情報だと思っております。ぜひご訪問いただければ幸いです。なお、本気で稼ぎたい方以外のご訪問はお断りします。万が...... [続きを読む]

受信: 2007年6月19日 (火) 12時33分

» チャンスはあと4日!? 新90日で1億儲ける奇跡の馬券術 [競馬攻略情報]
今、世に出ている馬券術で間違いなく最強のひとつだといえるあの馬券術があと4日で 終了してしまうかもしれません。 競馬の人気と配当は、最終的には専門紙やスポーツ紙の印の過多で決まりますが、その印の過多と朝のオッズを比べることで馬券対象になる馬を見つけ出すのがこの馬券術の最大のポイントです。 だからこそ、普通の予想では当てることのできない超高額配当のレースをいともたやすく的中させることがで...... [続きを読む]

受信: 2007年6月28日 (木) 01時21分

» 利益が出る事を前提とした投資会社の為に開発された競馬投資術!!権利問題等をクリアして完全限定販売決定!!絶対黒字の競馬投資術・・・KOS競馬投資術 [インフォトップ(いんふぉとっぷ)情報]
利益が出る事を前提とした投資会社の為に開発された競馬投資術!!権利問題等をクリアして完全限定販売決定!!絶対黒字の競馬投資術・・・KOS競馬投資術 ① 正真正銘4点買い 全 [続きを読む]

受信: 2007年6月28日 (木) 23時06分

« エプソムカップ CBC賞サイン回顧 | トップページ | 競馬ブログクリックのお礼とお知らせ »